*

産後のお腹のたるみを引き締める方法は?体操やマッサージなどをご紹介!

産後に気になる事と言えば、

やはり赤ちゃんですが、

女性の方ならも気になりますよね。

 

そこでどうしても気になるのが、

お腹のたるみ

 

このお腹のたるみは、なかなか取れにくいため

悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、

産後のお腹のたるみを、

引き締める時期や方法、グッズについて、

詳しくご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

 


産後のお腹のたるみを引き締めるのはいつから?

産後 お腹 たるみ 引き締める
参照元URL:http://bihada-mania.jp/

産後のお腹のたるみは、

いつから引き締めていけばいいのか悩んでしましますよね。

 

基本的には産後1ヵ月は、

しっかり体を休め1ヵ月たってから、

本格的にお腹のたるみを引き締めるのがいいです。

 

というのも、

1ヵ月~6ヵ月がお腹のたるみを引き締めるのに、

一番適した時期だからです。

 

ただし急激に体を動かしたり、

無理をして体調を崩しては、

意味がないのでママの体調を一番に考えて下さい。

 

出産は本当に大仕事なので、

ゆっくりと元の状態に戻していけばいいので、

焦りは禁物です。

 

 


産後のお腹のたるみ引き締める方法をご紹介!

産後のお腹のたるみは、

出産の時に骨盤が開いたこと。

 

そして皮膚がたるんだことが原因なんです。

 

そこで下記では、

産後のお腹のたるみを引き締める方法

ご紹介したいと思います。

 

●産後のお腹のたるみには骨盤体操を!

産後 お腹 たるみ 引き締める、1
参照元URL:http://www.powwow-ginza.com/

上記でも述べたように産後は、

骨盤が開いている状況です。

 

ですので、

お腹のたるみを引き締めるには、

まず骨盤を矯正していきましょう。

 

矯正方法としては、

いくつかの方法がありますが、

こちらでは代表的な2つの骨盤体操

動画を使い詳しくご紹介したいと思います。

 

・骨盤体操1



参照元URL:https://www.youtube.com/watch?v=u3Rxwo0Fquk

こちらの骨盤体操ですが、

①仰向けに寝て両腕を大きく広げ、

膝を軽く曲げた状態で両足をぴったりくっつけます

 

②この状態で下半身だけを右側にゆっくり倒します。

 

③次に左側にゆっくり倒します。(左右5回で1セット)

となっております。

 

やり方も簡単で時間は1分程になっております。

 

 

・骨盤体操2



参照元URL:https://www.youtube.com/watch?v=0f2ArjPBDgI

こちらの骨盤体操ですが、

①仰向けに寝て膝を曲げた状態で、

両足をぴったりくっつけます

 

②この状態からゆっくりとお尻を床から浮かせます。

 

③この上下をゆっくりと6セット繰り返します。

となっております。

 

育児の合間にちょっとした時間で出来るので、

すき間時間を見つけてぜひやってみてくださいね。

 

ちょっとした体操も、

お腹の引き締め交換だけでなく、

育児の気分転換になっていいですよ。

 

 

●産後のお腹のたるみにはヨガを!



参照元URL:https://youtu.be/SeGLDpN589o

こちらは産後のお腹のたるみを

ヨガで引き締めたい女性におすすめな方法。

 

若い女性にもヨガは大人気です。

 

芸能人の方は産後のヨガで、

お腹のたるみを引き締めたという話もよく聞きますよね。

 

ヨガにはリフレッシュ効果もあるので、

育児のストレス発散にも人気で、

体の中から心身ともにキレイになることができます

 

 

●産後のお腹のたるみには腹式呼吸を!



参照元URL:https://youtu.be/0u2XFJ0Y6b8

産後は忙しすぎて運動する時間がとれないとゆう方には、

こちらの腹式呼吸でお腹のたるみを引き締める方法がオススメです。

 

腹式呼吸は、

横隔膜を上下に動かす呼吸方法のことで、

便秘にも効果的なんです。

 

母乳育児のママさんは、

便秘になりがちなので腹式呼吸が

とてもオススメですよ。

 

 

●産後のお腹のたるみには食事制限を!

産後 お腹 たるみ 引き締める、2
参照元URL:http://diet030.com/

産後のお腹のたるみを引き締めには、

普段の食生活を管理する食事制限もおすすめです。

 

しかし母乳育児のママは、

食事制限をしすぎると母乳が出なくなって

しまうので無理がない程度にしてくださいね。

 

産後の体は元の状態に戻ろうとしているので少し食事を

気をつけるだけでもやせやすいんです。

 

食事制限のコツとしては、

1.とにかく汁物を食べる。

朝、昼、晩の食事に必ず汁物をつけて、

汁物から食べるようにしてください。

 

お腹がふくれ食欲を抑えることができます。

 

 

2.水分をしっかり摂る。

お腹がすいたら、

とにかくお水やお茶を飲んでください。

 

それだけでも結構お腹は満たされます。

 

 

3.炭水化物をいつもの半分にする

夕飯だけお米の量を半分にしてください。

 

白米を玄米に変えてみるのもいいですね。

 

 

●産後のお腹のたるみにはリンパマッサージを!



参照元URL:https://youtu.be/RST9P2_87QM

産後のお腹のたるみを引き締めるには、

自分で行うリンパマッサージも人気です。

 

あいている時間に自分で簡単に出来るので、

忙しい女性にもオススメです。

 

こちらのコツは、

産後のお腹のたるみをとるようなイメージで、

少し力をこめてリンパにそってマッサージをしていきます。

 

リンパの流れをよくする事で、

体全体のめぐりもよくなり

お腹のたるみを引き締めるだけでなく、

美肌効果があったりもしますので、

女性にはとても嬉しいですよね。

 

Sponsored Link

 


産後のお腹のたるみを引き締めるグッズをご紹介!

産後のお腹のたるみを引き締めたいと思っていても、

なかなかやる気が出なかったり、

育児に追われ、それどころではなかったりしますよね。

 

そういう時はグッズに頼るのが一番です。

 

こちらでは産後のお腹のたるみを引き締めるグッズ

ご紹介していきたいと思います。

 

産後のお腹のたるみには骨盤ガードルのグッズを!

こちらは発売以来45万枚突破のロングセラーグッズです。

 

このガードルを毎日履いて過ごせばいいだけなので、

とても楽チンなのが嬉しいですよね。

 

生地が薄いのでスキニーパンツなど履いても、

全然気にならないし、

伸縮性があるので苦しい感じがなく履けるのが人気の理由です。

 

薄いのに破けにくいので、

リピ買いする人も多いようです。

 

 

産後のお腹のたるみには骨盤クッションのグッズを!

こちらの骨盤クッションは、

整形外科医が考案したもので、

長時間座っていても疲れないことが特徴です。

 

低反発なので、

その人のお尻の形に合わせれるのもいいですよね。

 

長時間子供を抱っこしたり、

授乳したりで産後は腰痛もひどくなります。

 

産後のお腹のたるみを引き締めると同時に、

腰痛も解消できるグッズとなっております。

 

 

産後のお腹のたるみには酵素のグッズを!

産後のお腹のたるみを引き締めるには、

酵素ダイエットが良いと

最近一気に注目を浴びていますよね。

 

1食置換えするだけでも、

効果が出るようなので、

まずは楽に朝食を置き替えることから、

始めてみてはいかがでしょうか。

 

炭酸で割ったりヨーグルトにかけたり、

いろんな食べ方が出来るので、

産後は楽しく続けられそうですよね。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

脚のダイエットでは筋トレを!脚を細くする筋トレ方法をご紹介!

ダイエットは筋トレを!女性が自宅で筋トレできるメニューは?2

 

いかがだったでしょうか?

 

お気に入りな引き締め方法は見つかりましたか?

 

産後のお腹のたるみを引き締める方法は、

いろいろあるので、

自分のライフスタイルにあったものを見つけてくださいね。

 

以上今回は『産後のお腹のたるみを引き締める方法は?体操やマッサージなどをご紹介!』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

高校生の卒業式の髪型!男の子の人気やおすすめなアイテムは?

一生に一度の高校生の卒業式 小学校や中学校までの卒業式は記憶が薄

4月の海外旅行におすすめな国や観光スポット、物価や気温、治安は?

学校や会社では年度初めとなる4月はイベントの多い月ですが 月末の

3月の国内旅行におすすめなスポットや周辺施設、特産品や持ち物は?

寒さが和らぎ、春の訪れが実感できるようになる3月は 日脚も長くな

3月の海外旅行におすすめな国や観光スポット、物価や気温、治安は?

日本では各地で春の訪れが感じられるようになる3月は 学生なら春休

不倫(浮気)相手へのプレゼント!誕生日や記念日のおすすめは?

善悪の基準で言えば間違いなく後者である不倫(浮気)ですが 時とし

→もっと見る

PAGE TOP ↑