*

Sponsored Links

沖縄の桜の名所や穴場でおすすめなのは?海と花見が楽しめるスポットも!

一年を通じ温暖な沖縄では、本土に先駆けてが開花し

日本で一番早いお花見が楽しめる名所や穴場が揃っています。

 

濃いピンク色をした沖縄の桜はカンヒザクラと呼ばれる品種で

本土の桜とは一味違う艶やかな南の島の桜を愛でつつ

いつもとは一味違う南国の花見を楽しむのも大変おすすめですよ」。

 

という事で今回は、沖縄にあるおすすめの桜の名所や穴場について

海と桜が同時に楽しめるスポット等も含め詳しくご案内しますので

桜の開花時期に沖縄を訪れる際の参考にして下さいね。

Sponsored Links

 

 


沖縄の桜の名所は?

では先ず、沖縄を代表するおすすめの桜の名所について

各スポットの詳細情報も含め詳しくご案内していきますので

お花見の場所をチョイスする際の参考にお役立てくださいね。

 

沖縄の桜は今帰仁城跡が名所!


参照元URL:https:// www.nakijinson.jp/

見頃:1月下旬~2月上旬

  ※今帰仁グスク桜祭りは2018年1月27日~2月12日

見所:世界遺産の城跡に咲く桜と城壁のライトアップ。

時間:8:00~21:00 ※ライトアップ18:30~21:00

料金:大人400円、小中高生300円、小学生未満無料

場所:沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101

 

沖縄を代表する観光スポットでもある世界遺産の今帰仁城跡

桜の名所としても知られるスポットで、例年、桜の見頃に合わせて

『今帰仁グスク桜まつり』が盛大に開催され人気を博しています。

 

標高約100mの小高い城跡へと続く石段の両側に咲き誇る

濃いピンク色をしたカンヒザクラは見頃を迎えると大変艶やかで

特に夕方からのライトアップは幻想的な雰囲気が漂い必見なんです。

 

また、桜まつりの期間中は沖縄の古典音楽や琉球舞踊を始め

北山王、王妃の認定セレモニーなどのステージイベントがある他、

ふれあい手作り市、物産展などイベントも盛り沢山なので

沖縄の桜の名所の中でも特に見所たっぷりのスポットですよ。

 

 

沖縄の桜は名護中央公園が名所!


参照元URL:https:// standup-okinawa.jp/

見頃:1月中旬~2月上旬

  ※名護さくら祭りは2018年1月27日~28日

見所:日本の桜100選にも名を連ねる沖縄を代表する桜の名所。

時間:終日

料金:無料

場所:沖縄県名護市城2丁目4周辺

 

沖縄の桜の名所の中でも随一の規模を誇る名護中央公園

名護市内を臨む名護岳にある公園で、園内の遊歩道沿いに

約2㎞に渡って艶やかなカンヒザクラの並木が続き

見頃には毎年多くの花見客でにぎわう桜の名所なんです。

 

例年1月下旬の土日には『日本のはるはここからはじまる』と題し

恒例の名護桜祭りが名護中央公園や名護十字路を舞台に開催され

エイサーや琉球舞踊などの沖縄の伝統芸能も

特設ステージで披露され、大いに盛り上がるイベントですよ。

 

また、名護城主の住居跡が整備された名護中央公園は

小高い丘の頂上にある展望台から美しい東シナ海の眺望も楽しめ

沖縄の美しい海と桜が一度に満喫したいという欲張りな方には

特におすすめのお花見のスポットとなっています。

 

 

沖縄の桜は八重岳桜の森公園が名所!


参照元URL:http://okinawashares.com/

見頃:1月中旬~2月上旬

  ※本部八重岳桜まつりは2018年1月20日~2月4日

見所:八重岳の道路沿いに続く7000本の日本一早咲きの桜並木。

時間:終日

料金:無料

場所:沖縄県本部町並里921

 

本部町にある八重岳は、沖縄の早咲きの桜の名所として知られ

例年1月中旬ごろから他の沖縄のカンヒザクラの名所に先駆けて

いち早く艶やかな花が咲き誇る人気のスポットなんです。

 

山頂までの道沿いに約7000本の桜並木が続く八重岳では、

道の両脇から枝を広げた桜が濃いピンクの花のトンネルを作り

大変艶やかで一見の価値アリの桜の名所となっています。

 

また例年1月後半から約2週間、桜の森公園で桜まつりが開かれ

土日にはミス桜コンテストや地元民謡の石くびり大会などの

ステージイベントや屋台もあり見物客でにぎわう名所ですよ。

 

尚、八重岳は山頂まで整備された舗装道路が続いていますので

ドライブを兼ね気軽に花見が楽しめるスポットとしても人気があり

土日を中心に県内外から多くの花見客が訪れて賑わう

沖縄を代表する桜の名所となっています。

 

Sponsored Links

 

沖縄の桜は八重瀬公園が名所!


参照元URL:http://www.churatoku.net/

見頃:1月中旬~2月中旬

  ※桜祭りは2018年2月4日 11:00~21:00

見所:八重瀬城跡に咲く約500本の桜と夜のライトアップ。

時間:終日 ※ライトアップは1月26日~2月12日の18:00~21:00

料金:無料

場所:沖縄県島尻郡八重瀬町富盛1637 八重瀬公園

 

沖縄本島の南部を代表する桜の名所として知られる八重瀬公園

八重瀬町のほぼ中央に位置する八重瀬城跡にあるスポットで

見頃には約900本のカンヒザクラを提灯や行灯が艶やかに照らす

幻想的な夜桜が楽しめる沖縄でもおすすめの花見の名所ですよ。

 

また毎年、桜の見頃となる日曜日に行われる、やえせ桜まつりでは

地元の愛唱歌や沖縄の伝統芸能などが披露されるステージイベントや

地元産の農産物、加工品などの物産展なども賑やかに開催され

大変盛り上がるおすすめの花見のイベントとなっています。

 

因みに、高台にある八重瀬公園では頂上の展望台に登ると

沖縄本島の南部を一望する事ができ、視界が良ければ首里の街や

慶良間諸島、東シナ海までの大パノラマも楽しむ事ができるので

ハイキングを兼ねた桜の見物にはぴったりの名所ですよ。

 

 

沖縄の桜は与儀公園が名所!


参照元URL: http://rekioakiaki.blog.fc2.com/

見頃:2月中旬~下旬

  ※なは桜まつりは2018年2月21日~25日

見所:約400本の桜が園内に咲く沖縄では遅咲きの桜の名所。

時間:終日

料金:無料

場所:沖縄県那覇市与儀1-1

 

沖縄の県庁所在地那覇市内随一の桜の名所として知られる与儀公園

公園内のガーブ川沿いの遊歩道に見事なカンヒザクラの並木が続き

見頃となる2月の第2水曜~日曜には毎年、なは桜祭りも開かれて

多くの花見客でにぎわう人気の名所でおすすめですよ。

 

国際通りや壺屋やちむん通り、ゆいれーるの最寄り駅からも

徒歩圏内のアクセス良好の与儀公園では、約400本の桜の木があり

園内を散策しながら艶やかな沖縄の桜を堪能することができる

大変おすすめの桜の名所なんです。

 

また、桜の見頃に合わせて行われる、なは桜まつりでは

民謡大会、フラダンスなどのステージイベントや出店などもあり

観光の合間にお花見を楽しむにも最適の桜の名所となっています。

 

 


沖縄の桜の穴場は?

先ずは沖縄の桜の名所から詳しくご案内致しましたが

引き続き沖縄の桜の穴場のスポットもご紹介しておきますので

ぜひ南の島のお花見プランにお役立てくださいね。

 

沖縄の桜は末吉公園が穴場!


参照元URL:https://ameblo.jp/quox-umiyamagusuku/

見頃:1月下旬~2月上旬

見所:ヒカンザクラの標準木のある広大な公園での桜の花見。

時間:終日

料金:無料

場所:沖縄県那覇市首里末吉1-3-1

 

那覇市の首里地区にある広大な都市公園、末吉公園

琉球八社のひとつ末吉宮跡や宜野湾御殿などの墓所もある公園で

園内にはヒカンザクラの標準木を始め桜の木も沢山あるので

沖縄の桜の穴場としてもおすすめのスポットなんです。

 

初夏には那覇市内の蛍の名所としても知られる末吉公園は

亜熱帯の豊かな自然が広がるスポットで、ゆいれーるの最寄り駅である

市民病院前駅からは徒歩5分とアクセスも抜群でおすすめですよ。

 

尚、末吉公園では市民病院液から近いエリアに桜の木が

多く植えられていますので、ヒカンザクラの標準木をさがしながら

園内を散策し花見を楽しむには最適の桜の穴場となっています。

 

 

沖縄の桜は漫湖公園が穴場!


参照元URL:http://s.webry.info/sp/seseragijiro.at.webry.info/

見頃:2月上旬~中旬

  ※那覇美ら桜まつりは2018年2月10日~11日

見所:広大な干潟に咲き誇る約1000本のカンヒザクラ。

時間:終日

料金:無料

場所:沖縄県那覇市古波蔵3-23-1

 

ラムサール条約にも登録されている広大な干潟にある漫湖公園

約1000本のカンヒザクラが大変美しい沖縄でも人気の公園で

穴場としてご案内するには惜しいおすすめの桜のスポットなんです。

 

桜が見頃を迎える2月前半の土日には、漫湖さくら祭り改め

那覇美ら桜まつりと新しく命名された桜まつりイベントも開催され

保育園児の遊戯や地元有志によるハワイアンダンス、民謡大会など

様々な催しが行われる沖縄でも人気の花見のスポットとなっています。

 

尚、漫湖公園はマングローブの木や水鳥など湿地帯特有の

沖縄ならではの稀少な自然を間近で見る事ができるスポットなので

桜の花見とあわせて散策を楽しむにもぴったりの穴場ですよ。

 

Sponsored Links

 

沖縄の桜は六田原展望台が穴場!


参照元URL:http://kiramekispa.travel.coocan.jp/

見頃:1月下旬~2月中旬

見所:塩屋湾や東シナ海の絶景を背景に咲くカンヒザクラ。

時間:終日

料金:無料

場所:沖縄県国頭郡大宜味村字田港100

 

沖縄本島の北部、大宜味村にある六田原展望台は塩屋湾を一望する

沖縄の中でも美しい海の眺望が人気の高いスポットで、

毎年1月下旬から2月中旬にかけて山の斜面に

カンヒザクラも楽しむ事ができるおすすめの穴場です。

 

道の両側に植えられた桜は、本数こそそれほど多くないものの、

見頃には濃いピンク色の花のアーチを眺めながらドライブも楽しめ

沖縄でも要チェックの桜の穴場のスポットとなっています。

 

桜祭りのイベント等は開催されていないスポットですが

塩屋湾や本部半島の東シナ海の大パノラマを背景に桜が楽しめ

ドライブを兼ね訪れれば爽快感満点のおすすめの穴場ですよ。

 

 

沖縄の桜は中城城が穴場!


参照元URL:http://ogurat.at.webry.info/

見頃:1月下旬~2月中旬

見所:世界遺産の名城に咲くカンヒザクラ。

時間:8:30~17:00(5月~9月は18時まで)

料金:大人400円、中高生300円、小学生200円、未就学児無料

場所:沖縄県中頭郡北中城村字大城503番地

 

世界遺産や日本の名城100選にも選ばれる中城城跡

桜の木の数はそれほど多くありませんが、

優美な石造りの城壁と桜のコラボが楽しめ

フォトジェニックなお花見にはもってこいの沖縄の桜の穴場です。

 

また、中城城跡の一部は実際に登る事が許可されていますので

みはらし抜群の城壁の上から、眼下に広がる美しい海

沖縄の国造りの神話に登場する久高島なども一望でき

散策を楽しみながら桜が楽しめるおすすめスポットとなっています。

 

尚、中城城跡は沖縄にあるグスクの中でも特に多くの遺構が残り

史跡としての見所も沢山ある雰囲気のあるスポットなので

琉球王朝時代の歴史に思いをはせつつ桜を愛でるには最適ですよ。

 

 

沖縄の桜は久米島のアーラ林道が穴場!


参照元URL:https://ameblo.jp/frequenttraveler/

見頃:1月下旬~2月上旬

見所:林道沿いに続く約1500本のカンヒザクラの桜並木。

時間:終日

料金:無料

場所:沖縄県島尻郡久米島町

 

沖縄諸島の最西端にある久米島は、真っ白な砂浜が続く絶景の名所

『はての浜』でも知られる沖縄の美しい離島のひとつですが

島内のアーラ林道や、だるま山園地にはカンヒザクラの群生があり

お花見のスポットの穴場としてもおすすめです。

 

久米島では、約4㎞の道沿いに1500本の桜並木が続くアーラ林道と

園内に約500本のカンヒザクラが咲くだるま山園地の2か所が

主なお花見のスポットで、年によってはさくら祭りのイベントや

ライトアップもあり美しい離島の桜が楽しめますよ。

 

この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

 

<関連記事>

1月は沖縄へ旅行!気温や服装、イベントなどをご紹介!

2月は沖縄へ旅行!気温や服装、イベントなどをご紹介!

石垣島へ2月に旅行する時の天気や服装、イベント、海には入れるの?

宮古島へ2月に旅行する時の天気や服装、イベント、海には入れるの?

沖縄県の温泉で日帰り入浴ができるおすすめなスポットは?

沖縄県のパワースポット!恋愛運や金運などが上がる人気のスポットは?

花見の持ち物は?準備しておくと便利なおすすめの持ち物は?

 

という事で、沖縄にある桜の名所や穴場を集めて

各スポットの詳細情報もあわせご案内しましたがいかがでしたか。

 

本土より一足早く、沖縄では艶やかなカンヒザクラのお花見が楽しめ

旅行でのレジャーにもぴったりなので、桜の時期に沖縄を訪れる際は

ぜひ旅程にお花見を組み込んで、お楽しみになってくださいね。

 

以上『沖縄の桜の名所や穴場でおすすめなのは?海と花見が楽しめるスポットも!』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑