*

しだれ桜の関東の名所をご紹介!開花時期や見どころとは?

桜の木の下でお弁当を広げ賑やかに楽しむお花見もいいですが

見応えたっぷりの艶やかなしだれ桜の名所を訪ねる桜狩りも

小旅行気分で楽しめる情緒たっぷりの春のレジャーですよね。

 

全国各地に存在するしだれ桜の名所ですが

特に関東には様々な人気のスポットが揃っていますので

ご家族やカップル、お友達同士で見頃に合わせて足を運べば

きっと印象深い季節のレジャーが楽しめますよ。

 

という事で今回は、関東にあるしだれ桜の名所について

各スポットの開花時期や見所なども含めて詳しくご案内しますので

ぜひ、この春のお出かけ計画にお役立てくださいね。

Sponsored Link

 


関東のしだれ桜の名所1

●東京都―六義園


参照元URL:http://www.tachikawaonline.jp/

見頃:3月下旬~4月上旬

見所:樹齢70年の見事なしだれ桜のライトアップ。

花見の時間:9:00~17:00

   ※平成29年3月16日~4月2日は21時まで

料金:一般300円、65歳以上150円

   ※小学生及び都内在住、在学の中学生は無料

場所:東京都文京区本駒込6-16-3

 

国の特別名勝に指定されている六義園

江戸時代を代表する回遊式築山泉水庭園の名園として有名ですが

春には樹齢70年の高さ15m幅20mのしだれ桜が艶やかに咲く

関東でも屈指のしだれ桜の名所なんです。

 

例年、六義園ではしだれ桜の見頃に合わせ約半月間に渡り

ライトアップも行われ、昼間とは違う妖艶な桜を一目見ようと

多くの花見客でにぎわいをみせる都内の名所となっております。

 

尚、六義園の園内では桜の時期に合わせて

臨時で軽飲食や土産物、抹茶と和菓子等の販売所等も設けられ

都内の花見スポットの中でも特に人気の高い

春の日本庭園の風情が楽しめる関東のしだれ桜の名所です。

 

また、六義園は、都心からのアクセスも抜群のロケーションで

先に触れた通り、期間限定で夜間開園も行われますので

お仕事帰りに立ち寄って、見事なしだれ桜のお花見も可能な

都内のしだれ桜の名所ですよ。

 

 


関東のしだれ桜の名所2

●東京都―小石川後楽園


参照元URL:http://www.watarigraphic.com/

見頃:3月下旬~4月上旬

見所:日本庭園を華やかに彩るしだれ桜の名木。

花見の時間:9:00~17:00

  ※平成29年3月18日~4月5日は18時まで

料金:一般300円、65歳以上150円

  ※小学生及び都内在住、在学の中学生は無料

場所:東京都文京区後楽1-6-6

 

かの水戸光圀公ゆかりの庭園として知られる小石川後楽園

国の特別史跡、特別名勝にも指令されている回遊式泉水庭園で

春はソメイヨシノより1週間程早く見頃となるしだれ桜が

特に美しい関東の名所の一つなんです。

 

尚、園内に咲き誇る5本のしだれ桜の中でも

入口正面の樹齢60年の『馬場桜』は特に見応えのある名木で

歴史ある庭園の春の風情が堪能して頂ける関東を代表する

都内のしだれ桜の名所となっております。

 

また、園内にはしだれ桜、ソメイヨシノを含め約50本の桜があり

手入れの行き届いた回遊式泉水庭園をゆったりと散策しながら

水面に映るしだれ桜等の趣ある景観がお楽しみになれますよ。

 

尚、小石川後楽園では夜間のライトアップは行われていませんが

しだれ桜の見頃に合わせて開園時間を1時間繰り下げていますので

よりフレキシブルにお花見の予定が立てられるスポットです。

 

 


関東のしだれ桜の名所3

●神奈川県―長興山紹太寺


参照元URL:http://hakone-hiking.sakura.ne.jp/

見頃:3月下旬~4月上旬

見所:神奈川の名木100選にも選ばれる樹齢340年のしだれ桜。

花見の時間:終日解放

料金:無料

場所:神奈川県小田原市入生田470

 

江戸時代の小田原城主で春日局の孫、

稲葉正則公お手植えと伝わる長興山紹太寺のしだれ桜は、

市の天然記念物にも指定されている名木で

例年、関東の各地から多くの見物客が訪れる名所なんです。

 

稲葉氏の菩提寺である紹太寺は、火災で焼失後にふもとに移され

現在は、しだれ桜のみが山腹に残るスポットですが

樹齢340年、高さ14m、幹の周囲4.7mという風格ある名木は

坂道を汗を流して見に行く価値のある関東でも屈指のしだれ桜ですよ。

 

また、長興山のしだれ桜はライトアップ等のイベントはないものの

見頃には流れ落ちる滝のごとくピンク色の花がさきほこり

大変見ごたえのあるお花見が楽しめる事間違いなしの名所です。

 

尚、長興山周辺には駐車スペースがないため、

公共の交通機関で訪れるのがおすすめのスポットですが

坂の途中には茶屋、木の正面には土産物屋やベンチもあるので

見事なしだれ桜を愛でながら一息つく事ができますよ。

 

Sponsored Link

 


関東のしだれ桜の名所4

●千葉県―東漸寺


参照元URL:http://times.grats.jp/

見頃:3月中旬~下旬

見所:関東ではいち早く花を咲かせる早咲きのしだれ桜の名木。

花見の時間:9:00~17:00

料金:無料

場所:千葉県松戸市小金359

 

他の関東の名所に先駆けて花を咲かせる東漸寺のしだれ桜

樹齢300年以上ともいわれる希少な実生苗の名木で

高さ11m、枝張は東西11.5m、南北16.5mにも及ぶ

非常に存在感のあるしだれ桜がご覧になれる名所なんです。

 

500年以上の歴史を持つ古刹である千葉県松戸市の東漸寺は

参道のソメイヨシノの桜並木や本堂裏手等、

約300本の桜があり本堂前のしだれ桜と共に、

訪れる人の目を楽しませてくれます。

 

参道を覆うように枝を垂れる江戸彼岸桜の一種であるしだれ桜は

旧小金井宿のシンボル的な存在の非常に見応えのある古木ですが

関東の桜の名所の中では結構、穴場的な名所でもあるので

見事なしだれ桜を見がてら訪れてみるのもおすすめですよ。

 

 


関東のしだれ桜の名所5

●栃木県―関場のしだれ桜


参照元URL:http://e-kabe.sakura.ne.jp/

見頃:4月上旬~中旬

見所:関東でも屈指のスケールの樹齢350年余りと言われるしだれ桜。

花見の時間:終日解放

料金:無料

場所:栃木県佐野市秋山町771付近

 

関東でも屈指の規模を誇る栃木県佐野市の関場のしだれ桜は、

樹齢350年余り、高さ20m、枝張東西20m、南北28mという古木で

旧葛生町の天然記念物にも指定された見事なしだれ桜の名所なんです。

 

栃木県の山間の郷に咲く堂々とした枝ぶりのしだれ桜は

一本でも見ごたえ十分の桜が楽しめる名所のスポットで

優美な薄紅色の花の滝が幾重にも重なり咲き誇る様は圧巻ですよ。

 

尚、関場のしだれ桜から目と鼻の先には古代生活体験村もあり

関東の他の地域から日帰り旅行などを兼ねて訪れるにもおすすめの

北関東のしだれ桜の名所となっております。

 

また、関場のしだれ桜では、

花の見頃に合わせて例年、桜祭りも行われ

アマチュアカメラマンや観光客でにぎわう名所となっておりますので

日程などの詳細を佐野市HPで事前にチェックしてみるといいですよ。

 

 


関東のしだれ桜の名所6

●茨城県―外大野のしだれ桜


参照元URL: http://www.daigo-kanko.jp

見頃:4月上旬~中旬

見所:水戸黄門お手植えの樹齢300年を超えるしだれ桜。

花見の時間:終日解放

料金:無料

場所:茨城県久慈郡大子町大字外大野1312

 

水戸光圀公お手植えと伝えられる茨城県大子町の外大野のしだれ桜

樹齢300余年、木の高さ20m、幹回り2.9mという堂々たる名木で

例年、花の見頃に合わせて桜祭りやライトアップも開催される

関東でも指折りのしだれ桜の名所となっております。

 

地元では『下大倉の桜』としても親しまれるしだれ桜の名木は

薄紅の一重の花を咲かせる糸桜とも呼ばれる江戸彼岸桜の一種で

光圀公が植樹された後、他に移されても根付くなとの意の歌を

詠まれたとの逸話も残る由緒あるしだれ桜なんです。

 

因みに、真偽のほどは確かではありませんが、

このしだれ桜の木からの挿し木は根付かないとの伝承もあり

威風堂々たるしだれ桜の名木も黄門様のご意向には逆らえない

といったところなのかもしれませんね。

 

東西18m、南北19mという見事な枝ぶりのしだれ桜は

茨城県の天然記念物にも指定されている関東でも随一の名木で

春のレジャーで足を運ばれるにもぴったりの名所となっております。

 

 


関東のしだれ桜の名所7

●茨城県―般若院


参照元URL:http://blogs.c.yimg.jp/

見頃:3月下旬~4月上旬

見所:樹齢400年以上の圧倒的存在感のあるしだれ桜。

花見の時間:終日解放

料金:無料

場所:茨城県龍ヶ崎市3341

 

関東でも最大級のスケールを誇る般若院のしだれ桜

樹齢400年以上の古木で、樹高こそ10mとそれ程ではないものの

枝張は東西約15m、南北約22mというボリュームたっぷりの桜で

県の天然記念物にも指定されている名所なんです。

 

本堂裏手に堂々と枝を広げる般若院のしだれ桜は

薄いピンク色の小ぶりで上品な花が風情ある江戸彼岸桜の一種

竜ケ崎のしだれ桜としても地元では親しまれている名木。

 

見事な枝ぶりで無数の可憐な花をつけるしだれ桜の古木は

圧倒的な存在感で見応えたっぷりのお花見がお楽しみいただける

関東でも随一の規模の名所となっております。

 

尚、周囲のソメイヨシノより一足早く花を咲かせる般若院のしだれ桜は

残念ながら開花時期が短く、見ごろは余り長く続かないとの事なので

お出でになる際には、事前に開花情報を龍ヶ崎の公式HPでチェックした上、

足を運ばれるのがおすすめですよ。

 

Sponsored Link

 


しだれ桜の名所に行く際におすすめな持ち物は?

という事で、関東にあるしだれ桜の名所をご案内致しましたが

しだれ桜見物においでになる際の持ち物もご紹介しておきましょう。

 

艶やかなしだれ桜のお花見をより快適に楽しめるアイテムを集め

ご案内して参りますので、ぜひ参考になさって下さいね。

 

しだれ桜の名所には花粉メガネがおすすめ!

関東の花粉の飛散時期は3~4月と、

丁度しだれ桜の見頃とも重なっていますので、

山間等にも多い名所のスポットにお出での際は

花粉症対策をしっかりされるのがおすすめです。

 

上記のスカッシースマート2の花粉メガネ

ファッションアイテムとしてもおすすめのおしゃれなメガネで

通常のメガネと比べ1.7倍の花粉防止作用がありますので

春先のアウトドアには重宝する持ち物ですよ。

 

花粉対策メガネの中でも定番の人気のアイテムは

スタイリッシュな柄付きのデザイン

大人2サイズに加えてキッズサイズも取り揃えていますので

ご家族でお求め頂くのも大変おすすめの逸品となっております。

<関連記事>

花粉症対策のグッズランキング!目や鼻が辛い方に人気なのは?

 

 

しだれ桜の名所には傘がおすすめ!

春先の天候は周期的に変わることが多いので

しだれ桜の見物では傘も準備しておくと何かと重宝しますが

折角の名所にお出かけになる訳なので、

桜に因んだアイテムを持っていくのもおすすめですよ。

 

上記の藤田屋のオリジナル長傘

ボネ組が16本のサクラ骨になった抜群の強度のアイテムで

傘を広げ内側を見ると骨が桜の形になっているのが特徴なんです。

 

全6カラー展開の老舗傘店が手掛ける拘りの傘は

強い雨にも耐えられるシームレス(一枚張り)のデザインで

65㎝サイズなので相合傘をでも余裕のある大きめサイズですよ。

 

ユニセックスのデザインのサクラ骨の傘は

しだれ桜の見物があいにくの雨でも風情あるお花見が楽しめる

おすすめの持ち物となっております。

<関連記事>

傘はおしゃれなブランドを!メンズの人気ランキングをご紹介!

傘は可愛いブランドを!レディースから人気なブランドのご紹介!

 

 

しだれ桜の名所にはセルカ棒がおすすめ!

名木揃いの関東のしだれ桜の名所なので、

素晴らしい桜をバッグに記念写真という方も多いでしょうが

樹齢数百年の大木と自分たちを上手く写真に収めるには

それなりの準備も必要ですよね。

 

その点、上記のミラー付きの最新セルカ棒があれば

背面の鏡を使うことによってより鮮明な写真を撮る事ができ

しだれ桜の名所でも役に立つ事間違いなしのアイテムですよ。

 

設定や充電も不要の有線式のセルカ棒

雑誌cancanでも紹介された2017年度版の最新アイテムで

カラフルな全7色から選べる人気の逸品です。

 

コンパクトにまとめられ持ち運びにも便利なセルカ棒は

お出かけの際にバッグに入れてぜひお持ちになっていただきたい

おすすめのアイテムとなっております。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

セルカ棒(自撮り棒)の使い方!人気なランキングやおすすめは?

花見の持ち物は?準備しておくと便利なおすすめの持ち物は?

花見のデートを成功させるおすすめ術は?ファッションや持ち物は?

菜の花畑は関東の名所へ!見頃や人気スポット、おすすめな持ち物は?

東京で桜の花見ができる人気なスポットをご紹介!

 

という事で、関東のしだれ桜の名所について見頃や見所も含め

詳しくご紹介致しましたがいかがだったでしょうか。

 

日本の春のレジャーには欠かせない存在の桜のお花見ですが

様々な逸話も残るしだれ桜の名所に足を運んで

この春はちょっと趣向を変えたお花見を楽しまれてはいかがでしょうか。

 

以上『しだれ桜の関東の名所をご紹介!開花時期や見どころとは?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑