*

春のイベント、行事や記念日って?それぞれの意味や楽しみ方とは?

一雨ごとに暖かくなっていくは新生活をスタートする方も多く

出会いと別れ、不安と期待が入り混じる新しい始まりの季節ですね。

 

また春には、ひな祭りや花見、

端午の節句等の日本古来の行事があり

学校や会社では年度が改まって歓送迎会等のイベントも多く

祝日が続くゴールデンウィークには様々な記念日もありますよね。

 

そこで今回は、気候も良くなり気分も華やぐについて

3月~5月の代表的なイベントや行事、記念日などをピックアップし

春が旬のグルメなども併せてご紹介して参りたいと思います。

Sponsored Links

 


春のイベント、行事や記念日とは?


参照元URL:https://azukichi.net/

ひな祭りやホワイトデーといった早春のイベントに始まり

寒さが和らぎ始める時期の卒業、

入学等の人生の節目となる記念日、

そして絶好の行楽シーズンGWの大きな観光イベントや伝統行事等々、

実に盛り沢山なのが春という季節です。

 

また、私達日本人が愛してやまない桜の花が咲き始める春は

お花見の宴会に興じる方や桜狩りを楽しむ人々で盛り上がりをみせ

春の終わりにあるGWでは連休を使って旅行やアウトドア等の行楽を

楽しまれる方も多いですよね。

 

という事で、まずは代表的な春のイベントや行事、記念日を

簡単にまとめて以下にあげておきたいと思います。

 

●春のイベント、行事

3月

3日      ひな祭り

14日     ホワイトデー

20日頃    春分の日

上旬~下旬 卒業式

 

4月

1日      エイプリルフール

8日    灌仏会

上旬    入園、入学、入社式

下旬    ゴールデンウィーク

上旬~下旬 お花見

 

5月

1日      メーデー

上旬    ゴールデンウィーク

第2日曜  母の日

3 ~4日  博多どんたく

 

 

●春の記念日

3月

2日  遠山の金さんの日

13日  サンドイッチの日

27日  さくらの日

 

4月

4日   アンパンの日

14日  タイタニックの日

29日  昭和の日

 

5月

3日  憲法記念日

4日  みどりの日

5日  子供の日

 

Sponsored Links

 


春の代表的なイベントや行事とは?

さて春のイベントや行事、記念日が一応、把握できたところで

先ずは春のイベントや行事から代表的なものをピックアップして

それぞれの意味や一般的な楽しみ方等をご紹介して参りましょう。

 

それぞれの行事やイベントの意外と知らない起源や由来、

そしてうんちく話なども併せご紹介しますので

お花見や歓送迎会等での会話の繋ぎにでもご活用くださいね。

 

●春のイベントや行事1:ホワイトデー(3月14日)


参照元URL:http://www.ponparemall.com/

バレンタインデーの丁度1か月後に来るホワイトデーは

現在ではすっかり春の代表的なイベントとして定着していますが

『バレンタインのお返しを』という1970年代のお菓子会社による

キャンペーンがその起源というのは結構良く知られていますよね。

 

そんな日本から始まった春のイベントであるホワイトデーは

日本だけの行事と思われがちですが、実は日本文化の影響を受けて

台湾や韓国、中国の一部でもお祝いされるようになっているのだとか。

 

因みに、中国語でホワイトデーは『白色情人節』というのだそうで

それぞれの漢字の意味を考えると何となく納得はできますが、

何だか演歌のタイトルみたいなネーミングでちょっと面白いですよね。

 

尚、韓国ではホワイトデーの一か月後の4月14日に

バレンタインデーとホワイトデーに何も貰えなかった寂しい人達が集まり

黒い服で黒い食べ物を食べるというブラックデーなるものもあり、

記念日が好きな韓国のお国柄を表すイベントではないでしょうか。

<関連記事>

ホワイトデーは彼女にプレゼントを!予算や人気ランキングをご紹介!

ホワイトデーは大阪へデート!おすすめなスポット、ホテル、ディナーは?

ホワイトデーは東京へデート!イベントをしているのは?東京タワーがおすすめ?

 

 

●春のイベントや行事2:卒園、卒業式(3月上旬~下旬)


参照元URL:http://www.girls.kosei.ac.jp/

保育園、幼稚園から始まり、高校、大学まで人生の内で

何度か経験する卒業というイベントは人生の一つの節目でもあり

本人は勿論ですが親御さんにとっても大きな春のイベントですよね。

 

地方によっては、春また浅い時期に行われる卒園、卒業式の行事は

父兄の方も多く出席されるでしょうが、卒業式にはブラックフォーマル

という風潮を疑問に思った事がある方もいらっしゃるのでは?

 

因みに、卒業式に黒やダーク系の服を着るというマナーは

卒業に際し華やかな式典に格式と厳粛さを添えるとともに

子供がお世話になった先生方や学校に敬意を表すという理由で

現在のように定着していったのだそうです。

 

尚、中には卒業式の直後にある入学式に別々のスーツを着るのは

不経済なので一着で済ませたいという方もいらっしゃるでしょうが

そういった場合は、黒よりも紺色のスーツをチョイスして

コサージュやアクセサリーで変化を付けるのがベストとの事です。

<関連記事>

卒業式では先輩にプレゼントを!高校生や大学生からの人気は?

卒業の時は先生にプレゼントを!人気の贈り物をご紹介!

卒業の時は友達にプレゼントを!卒業する時の人気な贈り物をご紹介!

卒業式で告白するタイミングやメリットは?成功する確率を上げるには?

 

 

●春のイベントや行事3:お花見(3月~4月)


参照元URL:http://www.madameriri.com/

日本列島各地で桜の花が咲き始めお花見シーズンとなる春は

各地の桜の名所が花見客でにぎわい、

友達や家族でお花見イベントを

計画される方も多いのではないでしょうか?

 

国民的な春の行事であるお花見は、

楽天が行った市場調査によると昨年花見をしたという方、

今年花見をする予定だという方の数は

共に過半数を超えいかに一般的な春のイベントかが分かりますよね。

 

尚、花見の予算は1000~2000円が27.3%、2000~3000円が25.5%で

大体1000円~3000円位までが一般的な相場の模様です。

 

因みに、花見をする理由のアンケート結果としては

『春を感じるから』という理由が全体では最も多いとの事ですが

女性に限定すると『桜が好きだから』がトップの理由なのだそうです。

 

いずれにしろ、春が感じられる桜の花見は季節感も情緒もあって

これからも末永く続けていきたい日本の春のイベントですよね。

<関連記事>

京都の桜の名所や穴場は?2017年の花見ができるスポットをご紹介!

大阪の桜の名所や穴場は?2017年の花見ができるスポットをご紹介!

 

 

●春のイベントや行事4:入学式(4月上旬)


参照元URL:http://www.city.narita.chiba.jp/

卒業式とセットでやってくる春のイベントである入学式ですが

父兄も参加する卒業式、入学式といった公の学校の行事では

コサージュを胸元に付けているお母さん方をよく目にしますよね。

 

コサージュは入学式等の式典では必須アイテムではないものの

フォーマルな装いを華やかにするアクセントとして人気ですが、

黒は裳を表すため、おめでたいイベントの入学式、卒業式ではNG。

 

また、コサージュを付ける位置は、ジャケットなら襟の2段目辺り

襟がない場合は胸の上の鎖骨辺りがベストポジションとの事ですので

この春、入学式や卒業式にお出でになる際は参考になさって下さいね。

<関連記事>

入学式の父親はスーツを!入学式で人気なスーツの色やデザインをご紹介!

入学祝いのお返しのランキング!お返しの相場や人気な品物をご紹介!

入学して間もない時の友達の作り方をご紹介!

 

 

●イベントや行事5:ゴールデンウィーク(4月下旬~5月上旬)


参照元URL:http://blog-imgs-92.fc2.com/

春もたけなわの最高の季節にある連休のイベントとなれば

家族や友人と連れって海や山の行楽地へお出かけになる方も多い

ゴールデンウィークですが、連休につきものなのが渋滞

 

遅々として車が進まない交通渋滞は一度巻き込まれてしまうと

車内のイライラ度も急激にアップして楽しい気分も台無しなので

渋滞を上手く回避する事はゴールデンウィークのお出かけでは

非常に重要なポイントですよね。

 

ところで、某テレビ番組で、

高速で渋滞に巻き込まれた場合は

左車線をキープするのがベストと少し前に紹介された事がありますが

以来、渋滞時にそれを実践する方が増えたとか増えないとか…。

 

結果、高速の渋滞では左車線を走行するのがベストという定説は

成り立たなくなっているとの見方もあるようですので

この春のゴールデンウィークにイベント等にお出かけになる際は

渋滞対策の新しい打開策が必要かもしれませんね。

<関連記事>

GWではお土産を!国内の人気なお土産をご紹介!

GWにカップルから人気なデートをランキング形式でご紹介!

GWは大阪へ!イベントを開催している大阪駅周辺のスポットは?

 

 


春の代表的な記念日とは?

さてここまで、春の代表的なイベントや行事を詳しく見て参りましたが

引き続き春の代表的な記念日についてもご紹介しておきましょう。

 

国民の休日が多数ある春の季節ですが、それぞれの成立経緯などは

結構、記憶があやふやな方もいらっしゃるかも知れませんので

おさらいの意味もかねてご案内していきたいと思います。

 

●春の記念日1:憲法記念日


参照元URL:http://3.bp.blogspot.com/

現行の日本国憲法が1947年5月3日に施行された事を受け

1948年に制定された記念日である憲法記念日

ゴールデンウィークを形成する春の国民の祝日の一つですよね。

 

昨今は特に、憲法改正等の議論も激しくなっており

憲法をテーマにした様々なイベントや集会等も行われていますが

学生時代、社会の時間に覚えさせられた日本国憲法の3つの柱

皆さん、全て言う事がお出来になるでしょうか?

 

因みに『国民主権』『基本的人権の尊重』『平和主義』の3つが

正解なのですが、施行されて既に80年以上となる憲法という事もあり

近い将来、一部が改正される可能性があるのかもしれませんね。

 

とはいえ、大きな犠牲を払った第二次世界大戦の後に作られた

平和を希求した憲法の意義は、日本に生まれた者の一人として

やはりいつまでも忘れないようにしたいものですね。

 

 

●春の記念日2:こどもの日(5月5日)


参照元URL:http://eminews.jp/

端午の節句としても知られる5月5日の子供の日

曜日の巡りにもよりますがゴールデンウィークの最終日となる

春の国民の祝日の一つである記念日ですよね。

 

青空を悠々と泳ぐ鯉のぼりは、春の風物詩の一つでもあり

ゴールデンウィーク中には子供の日のイベント等が各地で行われ

家族連れで春のレジャーを楽しまれる方も多いのではないでしょうか?

 

そんな子供の日の起源は、お隣の中国の厄払いの行事との事で

端午の節句の武者人形と一緒によく飾られている菖蒲の花も

強い香りがある事から魔除けの意味があるといわれています。

 

因みに、子供の日には欠かせないアイテムである鯉のぼりは

将軍家に男の子が誕生した際に5月5日にお祝いをして

幟(のぼり)を立てた武家の風習が起源となっているのだそうですよ。

 

Sponsored Links

 


春に旬を迎えるグルメは?

さてここまで春のイベントや行事、記念日につい代表的な物を中心に

それぞれの意味や楽しみ方を見てきましたが本当に春は盛り沢山ですよね。

 

そんなわけで、そんなイベント尽くしの春に旬を迎えるグルメ

ご紹介しておきますので、皆さんで集まる季節の行事やイベントの際に

ぜひ食卓を飾る季節の一品として加えてみて下さいね。

<関連記事>

春の食べ物!旬な食べ物をランキングでご紹介! 筍や魚が人気?

 

春は山菜が旬!

春に旬を迎える食材といえば何といっても滋味あふれる山菜が

この時期ならではの季節のグルメですが、都会にお住まいの方は

春の山菜を自分で採りに行けるという方は少ないのではないでしょうか。

 

上記の会津地方産の天然の山菜天ぷらセット1㎏は、

スーパーでは絶対に手に入らない希少な旬の山菜を4~7種類

盛り合わせたおすすめのセットで、てんぷらにすると6~7人分

余裕でありますので春のパーティー等にも最適ですよ。

 

タラの芽、コシアブラ、山ウド、ぜんまい、フキノトウ等

朝摘みされた新鮮な山菜を即日発送する春の山菜尽くしのセットは

通販ならではの利点が生きる人気の産直グルメとなっておりますので

この季節にしか楽しめない旬の味わいを堪能してくださいね。

 

 

春はカツオが旬!

『目に青葉、山ホトトギス、初ガツオ』

というお馴染みの俳句でも詠われているように

汗ばむ陽気も珍しくない春の終わりの5月頃のグルメといえば

何といっても初ガツオが有名ですよね。

 

上記の本場土佐の『藁焼きカツオのたたき』中サイズ

高知県の伝統の一本釣りで釣り上げた新鮮なカツオを

香り豊かな藁焼きで焼き上げた絶品のカツオのたたきで

-50℃で一気に冷凍し最高の鮮度でお届けする季節のグルメです。

 

カツオに加え、専用のタレやニンニク、

生姜の薬味もセットになった絶品の海の幸は、

そのままでお召し上がりいただいても

様々な料理にアレンジしても美味しくお召し上がり頂ける

大変おすすめの旬のグルメですよ。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

3月のイベント、行事や記念日って?それぞれの意味や楽しみ方とは?

4月のイベント、行事や記念日って?それぞれの意味や楽しみ方とは?

2017年の春夏のトレンドファッション!メンズのおすすめアイテムも!

2017年の春夏のトレンドファッション!レディースのおすすめアイテムも!

 

という事で、春のイベントや行事、記念日について

今回は詳しくご紹介して参りましたがいかがだったでしょうか?

 

新しい生活をスタートさせる方も多い春の季節は

暖かいと思えばまた寒の戻りがあったりして体調を崩しがちなので

健康管理に注意をしつつ、季節のイベントや行事をお楽しみくださいね。

 

以上『春のイベント、行事や記念日って?それぞれの意味や楽しみ方とは?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑