*

7月は京都府へ旅行!気温や服装、観光におすすめなスポットは?

梅雨明け後は本格的な夏を迎える7月の京都府

盆地のため暑さが厳しいことでも知られるエリアですが

昔ながらの納涼スポットや季節のイベントなど盛り沢山で

旅行で訪れるにも大変おすすめなんです。

 

また、京都府を代表する伝統の祭りや夏の風物詩が楽しめる7月

後半には夏休みも始まり観光客で混み合うシーズンになるものの

イベントも目白押しで、きっと思い出深い旅行が満喫できますよ。

 

そこで今回は、7月の京都府の旅行について

気温や旅行の服装、人気の観光スポットやおすすめのイベント

まとめてご案内致しますので、参考になさって下さいね。

Sponsored Links

 


7月の京都府の気温や天気は?


参照元URL:http://www.hoshinoresort.com/

7月の京都府の気温や天気は梅雨真っ只中の上~中旬と

梅雨明け後の下旬では大きく異なりますので

旅行の時期により気温や天気はかなり違ってくる事になります。

 

京都府の梅雨明けは7月20日前後が平年並みですが

早い年は7月上旬、遅いと月の終わりまで長引く事もあるため

梅雨の明けの時期次第で気候もかなり違ってくるのが7月の特徴です。

 

尚、梅雨の間も7月の気温は平均で25℃前後とかなり高く

中旬には最高気温は30℃を超え高温多湿の天気が多くなるため

ひと月を通して暑さ対策は欠かせなくなる月でもあります。

 

因みに、梅雨明け後の京都府は晴れの日が増えて天気も安定し、

連日30℃を優に超える猛暑が始まりますので

月後半の旅行では熱中症や紫外線の対策も欠かせなくなりますよ。

 

 


7月の京都府の旅行の服装は?


参照元URL:http://image.rakuten.co.jp/

7月の京都府の旅行の服装では暑さ対策が非常に重要で

通気性、吸湿性に優れた素材の涼しい服装をチョイスする事が

京都の熱い夏を快適に過ごすには欠かせないポイントになります

 

また、梅雨明け前の京都府に旅行をする場合でも

気温は梅雨明け後に比べると低いものの高温多湿の気候なので

特に風通しが良くて夏に快適な服装を心がけるようにしましょう。

 

尚、旅行では公共の交通機関を利用する方も多いでしょうが

使い勝手も良くお得な市バスなどは、

クーラーがガンガン効いていて肌寒さを感じる事もあるため、

薄手の上着を持ち歩いているといざという時に役に立ちますよ。

 

因みに、梅雨明け後の7月の京都は猛烈な暑さが連日続き

盆地のため風がなく蒸し暑さも助長される傾向がありますので

熱中症対策として旅行ではペットボトル等を携帯して

こまめに水分補給をする事もお忘れなく!

 

Sponsored Links

 


7月の京都府の旅行でおすすめなスポットは?

では先ず、7月の京都府の旅行で訪れるのにぴったりの

季節感溢れるスポットからご案内して参りましょう。

 

暑さが厳しくなる7月の京都府では

厳しい暑さを和らげ夏の風情が楽しめるスポットも盛り沢山なので

ぜひ旅行のプランに取り入れてみて下さいね。

 

●7月の京都府の旅行では鴨川の川床がおすすめ!


参照元URL:http://www.andeandesign.com/

京都府の夏の風物詩として人気の鴨川納涼床

例年5月~9月の間、鴨川沿いに設置された川床で

涼しい川風を感じながら美味しい食事が楽しめるイベントで

7月の京都の旅行でもぜひ訪れて頂きたいスポットです。

 

市内の中心部でアクセス抜群の鴨川沿いの川床では

季節感たっぷりの京料理は勿論、イタリアンやフレンチ、中華等

100軒を超えるバラエティ豊かなグルメを楽しむ事ができ

気軽に足を運べる夏の京都ならではのスポットなんです。

 

江戸時代から続く歴史ある京都府の夏の名物である川床は

鴨川沿いの他に貴船や高雄でも楽しむ事ができますが

華やいだ夏の夜の雰囲気を堪能するなら鴨川がイチオシですよ。

 

因みに、川床料理=高そうというイメージを持つ方も多いですが

リーズナブルなランチメニューを展開する店舗も多いので

7月の京都の旅行で川床初体験をしてみたいという方なら

とりあえず鴨川沿いに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

●7月の京都府の旅行では嵐山の鵜飼がおすすめ!


参照元URL:http://inkyoto-kanko.com/

平安時代きってのプレイボーイ在原業平の歌にも登場する

嵐山の鵜飼は雅な平安貴族の舟遊びを偲ばせる夏の風物詩で

7月の京都府への旅行でも大変おすすめのスポットです。

 

渡月橋で有名な京都府の嵐山を流れる大堰川で楽しめる鵜飼は

7月から9月の後半まで行われている嵐山の季節のイベントで

風折烏帽子に腰蓑という伝統的な装束を身に纏った鵜匠による

情緒あふれるパフォーマンスがご覧になれるんです。

 

因みに、嵐山の鵜飼は川岸から無料の見物も勿論可能ですが

乗合船や貸切船、食事付の見物船からの観覧楽しめますので

涼やかな川風を感じつつ川面を染める篝火や

古式ゆかしい漁法を間近で堪能でき大変おすすめですよ。

 

尚、嵐山の鵜飼の時間帯や屋形船の発着時間等の詳細は

京都府のオフィシャルサイトからご確認頂けますので

7月の旅行の夜のプランにぜひチェックしてみて下さいね。

 

 


7月の京都府の旅行でおすすめのイベントは?

では引き続き、7月の京都府への旅行でおすすめの

夏ならではのイベントもピックアップしご案内して参りましょう。

 

7月の京都府では季節感たっぷりの祭事が目白押しなので

旅行の予定にも雅な夏の古都のイベントを組み込んでみて下さいね。

 

●7月の京都府の旅行では祇園祭りのイベントがおすすめ!


参照元URL:https://clubfukakusa.com/w

日本三大祭りの一つに数えられる京都府の祇園祭

7月17日と24日の山鉾巡行がハイライトとして有名ですが

7月の1日~31日まで1か月間にわたって行われる

夏の京都を代表する一大イベントとなっています。

 

千年以上の歴史を持つ八坂神社の大祭である祇園祭は

平安時代の貞観年間に都に疫病が大流行した際に

疾病平癒を願って開かれた神事が起源の7月の京都府の伝統行事で、

日本の夏祭りの元祖ともいわれる重要なイベントなんです。

 

7月前半の前祭と後半の後祭に分けて行われる祇園祭では

長刀鉾を先頭に23基の山鉾による17日山鉾巡行が見所ですが

24日にはもう一つのハイライトである後祭の10基の山鉾巡行や

山鉾建てやお迎え提灯、神輿洗式等、様々な神事の連続ですよ。

 

7月の京都は祇園祭に始まり祇園祭に終わるといわれるように

コンチキチンのお囃子が途切れることなく続く夏の大イベントは

例年、大勢の観光客で賑わう京都府を代表する夏の祭礼なので

混雑をおしてもぜひ一度は体験して頂きたい伝統行事ですよ。

 

 

●7月の京都府の旅行では御手洗祭りのイベントがおすすめ!


参照元URL:http://pupa.cocolog-nifty.com/

京都府の縁結びのパワースポットとしても人気の下鴨神社

7月の土用の丑の日の前後5日間行われる御手洗祭り

境内にある神池の御手洗池に足を浸して汚れをはらう伝統行事で

暑い夏の旅行で観光と涼が一度に楽しめるおすすめイベントです。

 

清らかな湧水がわく夏も冷たい御手洗池に膝まで浸かり

献灯のろうそくを灯して無病息災を祈る『足つけ神事』

特に夕暮れ時からが水面に映るろうそくの光が大変幻想的で

7月の京都府の旅行で涼をとりに訪れるにはぴったりですよ。

 

尚、先に触れた通り、縁結びや恋愛成就のパワースポットとして

京都府でも人気の高い下鴨神社は夏でも涼しい糺の森等

御手洗祭りの他にも見所が沢山ありますので

カップルでの旅行で足を運んでみるのも大変おすすめです。

 

因みに、みたらし団子の発祥の地としても知られる下鴨神社では

昔は穢れを払う神事で人形として使われていたという

人間の五体を表す元祖みたらし団子も召し上がれますので

門前のお茶屋さんにも併せて立ち寄ってみるといいですよ。

 

 

●7月の京都府の旅行では風祭りのイベントがおすすめ!


参照元URL:http://journal4.net/

7月の前半に京都府へ旅行される方におすすめなのが

千本通りの焔魔堂で毎年7月の前半に行われる風祭り

趣深い風鈴の音とお香の香り等を五感で感じつつ

雰囲気たっぷりの夏の夜が楽しめる穴場的なスポットなんです。

 

夜は冥府の役人として閻魔様に遣えていたと伝わる

平安時代の異色の公卿である小野篁が開祖の千本焔魔堂では、

7月の風祭りの期間中、夕方からご本尊の閻魔様が開帳され

大変神秘的な雰囲気が漂う夏にイチオシのイベントですよ。

 

因みに、例年、焔魔堂の風祭りでは

浴衣でおいでになった方全員に特典がありますので、

夕涼みがてら夏の古都の風情が楽しむにもぴったりの

7月の京都府への旅行でもおすすめのスポットとなっています。

 

Sponsored Links

 


7月の京都府の旅行でおすすめな持ち物は?

という事で7月の京都府の旅行について、天候や服装から

おすすめのスポットやイベントまでまとめてご案内致しましたが

最後に旅行でおすすめな持ち物もご提案しておきましょう。

 

暑さも殊更厳しくなる7月の京都府への旅行では

快適に観光が楽しめる工夫を凝らした持ち物も重要なので

ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

7月の京都府の旅行ではサマースカーフがおすすめ!

7月の京都府の旅行ではいかに厳しい暑さを緩和して

快適に観光を楽しむかも大切なポイントになりますので

熱中症対策にもなる涼感グッズはぜひ積極的に取り入れたいもの。

 

上記の男女兼用のしろくまのきもちサマースカーフ

使いやすいシート状の高分子給水ポリマーを採用したアイテムで

水に浸すだけでひんやりした涼感が長時間持続しますので

7月の京都府の夏にも大変おすすめのアイテムなんです。

 

コットン100%で肌触りも抜群のサマースカーフは

子供さんが使う際の安全性にも拘った安心リング付のデザイン

付け心地にも定評のある旅行に最適の人気の涼感グッズですよ。

 

 

7月の京都府の旅行では虫よけリングがおすすめ!

7月の京都府の旅行では夕方から夜にかけて楽しめる

納涼スポットやイベントも数多くありますが

特に夜のお出かけでは虫よけ対策も大切なポイントですよね。

 

上記の虫よけ香リングブルー天然精油配合30個入り

12時間効果が持続する使い捨てタイプの人気の虫よけリングで

手首と足首両方に使用するとより効果的な対策ができる

大変おすすめのアイテムなんです。

 

伸縮性のあるシリコン製のカラフルな虫よけリングは

オットセイやタツノオトシゴ等5デザインが各6個ずつはいった

キュートなアイテムで、子供も大人も気軽につかえる

人気の虫よけ対策となっています。

 

 

7月の京都府の旅行では帽子がおすすめ!

7月の京都府の旅行でも欠かせない熱中症や紫外線対策ですが

どうせなら夏らしいファッションの要素も取り入れつつ

シッカリと対策も講じたいものですよね。

 

上記の男女兼用の中折れのストローハット

テンガロンハット風のおしゃれなデザインが人気のアイテムで

通気性が良く程よいこなれ感が7月の旅行のファッションにも

大変おすすめのアイテムなんです。

 

フリーサイズの大人用の他、キッズサイズも展開されている

全4カラーの人気の麦わら帽子は、

つば広のデザインなのでシッカリと紫外線を遮り

旅行でも重宝する事間違いなしのお役立ちアイテムですよ。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

雨の日でも京都を観光!おすすめスポットや人気なコース、持ち物は?

春の京都でおすすめなデートのスポットをランキングでご紹介!

夏の京都でおすすめなデートのスポットをランキングでご紹介!

京都の抹茶のスイーツ!通販のお取り寄せの人気ランキングは?

縁結びは京都の神社(パワースポット)へ!効果が期待できるスポットは?

京都に海外旅行で来た外国人の観光客に人気なスポットランキング!

京都の温泉へ!日帰りでいけるカップルにおすすめな温泉は?

7月のデート!カップルから人気なデートをランキングでご紹介!

7月のイベントや行事、記念日って?それぞれの意味や楽しみ方とは?

夏の旅行でおすすめな国内のスポット!カップルや家族からの人気は?

 

7月の京都府の旅行について天気や服装等の基本情報から

おすすめのスポットやイベントまでまとめてご案内致しましたが

いかがだったでしょうか。

 

ご案内したスポットやイベント以外にも

見所が盛り沢山の7月の京都なので、

ぜひ暑さに負けず様々な旅行のプランを練って

夏ならではの古都の風情をお楽しみになってくださいね。

 

以上『7月は京都府へ旅行!気温や服装、観光におすすめなスポットは?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑