*

蛍(ホタル)は関東へ!鑑賞できるスポットや穴場、時期『2017』!

夜の闇に舞う薄黄緑の蛍(ホタル)の光は

美しくもはかなげな瞬きが蒸し暑い夜の一服の清涼剤となり

何とも素晴らしい日本の初夏の風物詩ですよね。

 

ひと昔前までは急速な都市化に伴う自然環境の悪化で

多くの地域で危機に瀕していた関東の蛍(ホタル)の生息地ですが

近年の官民による様々な取り組みにより再び多くのスポットで

優美な蛍(ホタル)の光が鑑賞できるようになってきています。

 

そんな身近なレジャーになりつつある蛍狩りについて

今回は、関東で蛍(ホタル)が楽しめるスポットや穴場をまとめ

詳細をご案内して参りますので、

ぜひ今年の初夏の夜のレジャーとして取り入れてみて下さいね。

Sponsored Links

 


関東で蛍(ホタル)が鑑賞できる時期は?


参照元URL:http://www.worldfolksong.com/

関東で蛍(ホタル)が鑑賞できる時期

地域によってもかなりの違いがあり

早い所では5月中旬頃からシーズンを迎えますが

多くのスポットでは6月中に見頃となり

標高の高い所や北部では7月に最盛期を迎える所もあります。

 

ところで、一口に蛍(ホタル)と言っても

鑑賞の最盛期は種類によっても数週間程のずれがあり

メジャーな蛍(ホタル)の種類では

ゲンジボタルは早い所では5月下旬から6月頃に発生しますが

ヘイケボタルは6月中旬頃から7月頃が鑑賞の時期になります。

 

因みに、蛍(ホタル)が光を放ちながら飛ぶのは求愛行動で

時期的要素だけでなく、気温や湿度などの気象条件も重要

例えば、気温が20度以上にならないと蛍狩りを楽しむ事は

かなり難しいと言われています。

 

尚、風が強い日、雨の日も蛍(ホタル)が草陰に隠れてしまい

飛ぶ数は少なくなるほか、月夜より闇夜の方が好条件とも

言われていますので、その日のお天気を気にかけ予定を組むと

より楽しい蛍(ホタル)の鑑賞が楽しめおすすめですよ。

 

 


関東の蛍(ホタル)の鑑賞は、よみうりランド(東京都)のスポットへ!


参照元URL:http://seakayak.cocolog-nifty.com/

住所:東京都稲城市矢野口4015-1

蛍(ホタル)の種類:ゲンジボタル、ヘイケボタル

蛍(ホタル)の見頃:6月上旬~7月上旬の金、土、日、19:30~21:00

料金:高校生以上300円

 

四季折々のイベントが満載の遊園地よみうりランド

広大な敷地を生かした緑豊かな環境の関東でも人気のスポットで

6月上旬から7月上旬までの約1か月間、

園内の聖地公園において『ほたるの宵』のイベントが行われます。

 

遊園地と蛍(ホタル)の鑑賞が楽しめるよみうりランドは

人工飼育したものの他、近年では環境に対する取り組みが実を結び

聖地公園の沢では自然発生の蛍(ホタル)も鑑賞できる名所なんです。

 

また、蛍(ホタル)の鑑賞イベントの開催中には

自由に願い事を書く短冊七夕の笹のディスプレイ

灯篭を使った謎解きゲーム等、

例年、趣向を凝らした演出もありますので

子供さん連れの家族でのお出かけにも最適ですよ。

 

尚、よみうりランドの蛍(ホタル)の鑑賞イベントの詳細は

よみうりランドの公式HPで確認して頂けますので

ぜひ日程その他のスケジュールをチェックしてみて下さいね。

 

 


関東の蛍(ホタル)の鑑賞は昭和の森車屋(東京都)のスポットへ!


参照元URL:http://www.rurubu.com/

住所:東京都昭島市昭和の森フォレスト・イン昭和館1F

蛍(ホタル)の種類:ヘイケボタル

蛍(ホタル)の見頃:7月中旬~下旬 営業22時迄(L.O21:30)

料金:食事代のみ

 

緑豊かな武蔵野の風情が漂う日本料理の老舗、昭和の森車屋

敷地内の池を配した庭園で初夏には蛍(ホタル)を鑑賞する事ができ

美味しいお料理に舌鼓を打ちながら風情ある蛍狩りが満喫できる

関東でもおすすめのスポットなんです。

 

数寄屋造りの建物が大変趣のある昭和の森車屋には

人口飼育と庭園内で自然発生したヘイケボタルが生息しており

お料理を楽しんだ後、店内の特別鑑賞室から広々とした庭園を舞う

幻想的な蛍(ホタル)を鑑賞が楽しめ人気となっています。

 

店内の離れにある蛍(ホタル)の鑑賞エリアでは

灯りが落とされた縁側で庭を渡る涼風と宵闇に舞う蛍(ホタル)

という情緒たっぷりの演出で贅沢な蛍狩りが楽しめますので

記念日などのディナーにもぴったりの関東のスポットですよ。

 

尚、『蛍の夕べ』の開催期間等は

昭和の森車屋の公式HPで事前にご確認になれますが、

詳細は直接店舗に電話にてお問合せになってみるといいですね。

<関連記事>

蛍(ホタル)の鑑賞は東京へ!スポットや時期のご紹介『2017』!

 

 


関東の蛍(ホタル)の鑑賞は浄徳院菖蒲園(神奈川県)のスポットへ!


参照元URL:http://pds.exblog.jp/

住所:神奈川県秦野市菖蒲弁天沢1295

蛍(ホタル)の種類:ゲンジボタル、ヘイケボタル

蛍(ホタル)の見頃:6月上旬~7月上旬の金、土、日。19:30~21:00

料金:大人(中学生以上)500円、小人100円

 

130種類1万株にも及ぶ花菖蒲が楽しめる浄徳院菖蒲園

花菖蒲の見頃とほぼ時を同じくして蛍(ホタル)が鑑賞できる

関東でも人気の蛍狩りの名所となっています。

 

県外から足を延ばし蛍(ホタル)を楽しむ方も少なくない

浄徳院花菖蒲園は全国名水百選にも選ばれた清らかな湧き水、浄徳水があることから

初夏になると例年、蛍(ホタル)が自然発生するスポットなんです。

 

鬱蒼とした杉木立を抜けた所に広がる花菖蒲園には

ゲンジボタルとヘイケボタルが生息しており

気象条件が整えば美しい蛍(ホタル)の乱舞がご覧になれる

おすすめの関東の蛍(ホタル)の名所となっています。

 

Sponsored Links

 


関東の蛍(ホタル)の鑑賞は秩父ミューズパーク(埼玉県)のスポットへ!


参照元URL:http://www.chichibuji.gr.jp/

住所:埼玉県秩父郡小鹿野町長留2523

蛍(ホタル)の種類:ゲンジボタル

蛍(ホタル)の見頃:6月下旬~7月上旬。19:30~22:00

料金:無料

 

埼玉県の秩父市と小鹿野町にまたがる秩父ミューズパーク

季節の花や様々なイベントが楽しめる自然豊かな公園で

毎年、初夏には園内の沢で自然発生する蛍(ホタル)も鑑賞できる

関東でもおすすめのスポットとなっています。

 

音楽堂や野外ステージ、展望台等を始め、レストランやカフェ

アスレチック施設やテニスコートなどが揃う秩父ミューズパークは

家族やカップルで一日たっぷりとアウトドアが楽しめますので

蛍(ホタル)の鑑賞と併せてお出かけになるにも最適ですよ。

 

また、公園内には日帰りの入浴施設や宿泊施設もあり、

蛍(ホタル)の同時期には季節の花等も楽しむ事ができるので

関東の他の地域から足を延ばしてプチバカンス気分を楽しむ

というのも大変おすすめのプランです。

 

尚、秩父ミューズパークの蛍(ホタル)の時期や鑑賞会のイベント、

園内の施設等の詳細は公式HP で確認して頂けますので

併せてごらんになってみて下さいね。

 

 


関東の蛍(ホタル)の鑑賞は月夜野ホタルの里(群馬県)のスポットへ!


参照元URL:http://gunma-dc.net/

住所:群馬県利根郡みなかみ町月夜野

蛍の種類:ゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメボタル、クロマドボタル

蛍(ホタル)の見頃:6月中旬~7月中旬

料金:無料

 

関東の中でも特に多くの蛍(ホタル)が生息する地である

群馬県のみなかみ町は田園風景が広がる自然豊かなエリアで

中でも上毛高原駅の西に位置する月夜野ホタルの里

自然発生した蛍(ホタル)の乱舞が楽しめる名所なんです。

 

月夜野ホタルの里の約2㎞弱の遊歩道が伸びており

夜道を散策しながら周囲を飛び交う蛍(ホタル)が鑑賞できる

関東でも随一の規模を誇る蛍狩りのスポットとなっています。

 

お馴染みのゲンジボタルとヘイケボタルの他

ヒメボタル、クロマドボタル等の希少な品種も観察できる

月夜野ホタルの里では『月夜野ホタル鑑賞の夕べ』と題した

イベントも毎年開催され人気を博しています。

 

尚、月夜野ホタルの里の鑑賞イベント等の情報については

みなかみ町観光協会のHPで日程などが告知されますので

足を運ばれる際はぜひ事前にチェックしてみて下さい。

 

Sponsored Links

 


関東の蛍(ホタル)の鑑賞は田口町ほたるの里(群馬県)のスポットへ!


参照元URL:http://gunma-dc.net/

住所:群馬県前橋市田口町861-1

蛍(ホタル)の種類:ゲンジボタル、ヘイケボタル

蛍(ホタル)の見頃:6月初旬~下旬。19~21時

料金:無料

 

30年近くに渡り休耕田を利用して蛍(ホタル)の育成と保護、

環境の整備に取り組んでいる田口町ほたるの里

自然発生したゲンジボタルとヘイケボタルが初夏に鑑賞できる

関東の中でも認知度の高い蛍狩りのスポットなんです。

 

最盛期には1000匹に迫る蛍(ホタル)の乱舞が鑑賞できる

田口町ほたるの里では、毎年6月中旬の土日に

町内を対象としたほたる祭が盛大に開催されて賑わいを見せる

関東でも屈指の蛍の名所となっています。

 

因みに、多くの見物客で賑わうほたる祭りの夜は

蛍(ホタル)の鑑賞の条件としては賑やか過ぎてイマイチとの事で

大規模な蛍(ホタル)の乱舞をご覧になりたいなら、

静かな平日を選んでお出でになるのがおすすめですよ。

 

尚、田口町ほたるの里の詳細情報は

以下の公式HPでもご覧頂けますのでチェックしてみて下さいね。

http://hotarunosato.html.xdomain.jp/

 

 


関東の蛍(ホタル)の鑑賞は厳島湿生公園(神奈川県)の穴場へ!


参照元URL:http://www.brorun-f.com/

住所:神奈川県足柄上郡中井町井ノ口1310

蛍(ホタル)の種類:ゲンジボタル、ヘイケボタル

蛍(ホタル)の見頃:5月上旬~7月中旬

料金:無料

 

湧き水のある湿地帯を保全整備した厳島湿生公園

官民一体となり蛍(ホタル)の再生に取り組んでいるスポットで

放流されたゲンジボタルや数は多くないもののヘイケボタルも

確認されている関東で蛍(ホタル)が鑑賞できる穴場です。

 

泉が湧き出る厳島神社を中心にした湿原が広がる公園では

木製の橋が整備されており水辺を飛び交う蛍(ホタル)を探しながら

ゆったりと公園を散策し夕涼みをするにも最適ですよ。

 

また、例年、蛍(ホタル)のシーズン中には

『竹灯籠の夕べ』と題したイベントも開催されていて

3000本の竹灯籠と蛍(ホタル)の情緒あふれる初夏の風情が

楽しめる関東でもおすすめのスポットとなっています。

 

尚、厳島湿生公園の蛍(ホタル)の情報については

神奈川県中井町のHPでイベントや毎日の観測状況等も含め

詳細が確認できますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

 


関東の蛍(ホタル)の鑑賞は白浜フラワーパーク(千葉県)が穴場!


参照元URL:http://livedoor.blogimg.jp/

住所:千葉県南房総市白浜町根本1454-37

蛍(ホタル)の種類:ゲンジボタル、ウミホタル

蛍(ホタル)の見頃:5月下旬~6月下旬の金、土、日。20~21時

料金:500円(中学生以上)

 

房総半島の南端に位置する白浜フラワーパーク

初夏には園内のドーム内に放流されたゲンジボタルが鑑賞できる

関東のスポットで、夜になると光る水中生物のウミホタルと共に

他にはない里、海、両方の蛍(ホタル)が楽しめる穴場なんです。

 

毎年、『南房総蛍ファンタジア』と称して週末に行われる

蛍(ホタル)の鑑賞会では屋台なども出て賑わいを見せ

薄黄緑のゲンジボタルと青く輝くウミホタルが一度に鑑賞できる

盛りだくさんの内容となっています。

 

関東の都市部からは多少離れたスポットですが

園内にはキャンプ施設やバーベキューが楽しめるエリア等も

完備されていますので、二つの美しい蛍(ホタル)を鑑賞がてら

小旅行を楽しまれるのもおすすめですよ。

 

尚、白浜フラワーパークの設備や蛍(ホタル)のイベントの情報は

 フラワーパークの公式HPの方で詳細を確認してみて下さいね。

 

 


関東の蛍(ホタル)の鑑賞におすすめな持ち物は?

さて、関東で蛍(ホタル)が鑑賞できる名所や穴場を

詳しくご案内してきましたが、蛍狩りにおいでになる際には

蛍(ホタル)が嫌う防虫スプレーや強い光や大きな音等は

マナー違反なので要注意なんです。

 

特に、初夏の夜の野外では虫刺されの対策が通常肝心ですが

蛍(ホタル)の鑑賞にお出かけの場合に限っては

長袖のパーカー等をお召しになる事で対策を講じれば

肌寒く感じた際にも重宝しおすすめですよ。

 

上記の男女兼用のラッシュガード

全8カラー、6サイズ展開のお手頃価格のアイテムで

抜群の吸水性を持つ速乾ドライ素材のパーカーなので

初夏の夜のお出かけにもぴったりの逸品なんです。

 

優れた通気性のさらりとした着心地のメッシュパーカーは

蛍(ホタル)の鑑賞だけでなく、

夏場の様々なシーンで活用できる

大変おすすめのアイテムとなっています。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

6月の国内旅行におすすめなスポットや周辺施設、特産品や持ち物は?

6月のイベント、行事や記念日って?それぞれの意味や楽しみ方とは?

6月のデート!カップルから人気なデートをランキングでご紹介!

夏のデート!カップルから人気なスポットをランキングでご紹介!

涼しいデートスポット!夏に人気の関西や関東の場所をご紹介!

朝デートにおすすめなスポットは?東京と大阪のおすすめな場所もご紹介!

 

という事で、関東で蛍(ホタル)が鑑賞できるスポットについて

詳しく見て参りましたが、いかがだったでしょうか。

 

大自然の中で蛍(ホタル)の乱舞が楽しめるスポットを始め

関東の特徴溢れる名所や穴場を選りすぐってご案内致しましたので

ご家族やカップルでの初夏のレジャーの参考になさって下さいね。

 

以上『蛍(ホタル)は関東へ!鑑賞できるスポットや穴場、時期『2017』!』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑