*

6月の海外旅行におすすめな国や観光スポット、物価や気温、治安は?

梅雨真っ只中で国内はどことも不快指数がアップする6月ですが

海外の国々に目を向ければ爽やかな気候のエリアも非常に多く

バラエティ豊かな海外旅行ができるおすすめの時期でもあります。

 

また、連休や学校の長期休暇もない6月なので

比較的リーズナブルな価格で海外旅行を楽しめる季節でもあり

有給休暇などを利用して、海外でもちょっと遠くの地域まで

足を延ばしてみるというのも大変いいアイデアですよね。

 

とはいえ、無数の選択肢がある海外旅行の行き先なので

6月にどの地域がベストシーズンなのかチョイスが難しいのも事実です。

 

という事で今回は、6月の海外旅行におすすめな国や観光スポット

そしてそれぞれの国の物価や気温、治安などの気になる旅行情報も含め

詳しくご案内致しますので、参考にしてみて下さいね。

Sponsored Links

 


6月におすすめな海外旅行1

●ギリシア―サントリーニ島


参照元URL: http://www.tabikobo.com/

北半球の高緯度地域も気温が上昇し過ごしやすくなる6月は

ヨーロッパ方面への海外旅行が特に人気が高く

特に猛暑となる夏場を避けてギリシア等の地中海沿の国々に

足を延ばしてみるもの大変おすすめなんです。

 

エーゲ海に浮かぶギリシア領のサントリーニ島

紺碧の海と空、そして白壁の家々のコントラストが非常に美しい

地中海を代表するリゾートアイランド

6月の海外旅行でも大変おすすめのスポットとなっています。

 

特に、世界で最も美しいと評される夕日は一見の価値アリで

海と空、白い街並みが全てバラ色に染め上げられる様は

筆舌に尽くしがたい美しさで、大変ロマンチックですよ。

 

尚、人気の観光地の例にもれず、ホテルやレストランなど

観光客向けのスポットの物価はかなり高いサントリーニ島ですが

その分、治安はギリシアの中でも非常に良い部類に入り

余り海外旅行に慣れていない方でも安心して旅を楽しめますので

ハネムーンなどにもおすすめの美しい島ですよ。

 

 


6月におすすめな海外旅行2

●セーシェル共和国―ラ・ディーグ島


参照元URL:https://www.dososhin.com/

『インド洋の真珠』と称えられるセーシェル諸島

モルディブとアフリカ大陸のほぼ中間に浮かぶ極上リゾートで

夏休みのハイシーズン前で天気、気温共に安定している6月は

海外旅行の渡航先としても大変おすすめのスポットなんです。

 

115の常夏の島からなるセーシェルは

日本からの直行便はないものの

鬱蒼とした熱帯の森とユニークな形をした花崗岩のビーチ

そして限りなく透明に近いブルーの海のコラボはまさに絶景で

世界屈指のサンゴ礁や大規模なウミガメのコロニー等、見所も満載!

 

尚、世界中のセレブに愛される極上リゾートであるセーシェルは

現地でのツアー等の海外旅行の諸経費は言うまでもなく、

滞在中の食事やホテル等の物価は総じてリゾート料金で、

繁忙期前の6月でもかなり高額なのは覚悟しておく必要がありますね。

 

とはいえ、現地の人々はのんびりしていて治安は良く

英語も通じるため、海外旅行に慣れている方なら個人で旅行を企画し

風光明媚なビーチリゾートでゆったりバカンスを楽しむにも

大変おすすめのスポットですよ。

 

 


6月におすすめな海外旅行3

●トルコ―イスタンブール


参照元URL:http://media-cdn.tripadvisor.com/

東西の文化が交じり合うトルコ最大の都市イスタンブール

天気も安定していて、夏場と比べ比較的快適な気温の6月は

訪れるにもベストシーズンのおすすめの海外旅行の渡航先です。

 

アヤソフィアやブルーモスク等の世界的な観光スポットを始め

活気あるバザールや歴史的な街並みが残る旧市街など

見所満載のイスタンブールは、海外旅行で訪れた多くの人が

再び訪れたい街と口を揃えて言う魅力あふれる渡航先なんです。

 

尚、物価が非常に安いという印象を持つ方も多いトルコですが

バザールやスーパー等での買い物はかなりお手頃感があるものの

有名なレストランやホテル等の料金は、

決して格安な訳ではなくぼったくり等もあるため注意が必要ですね。

 

但し、特に最近、不安視される方も多いトルコの治安については

イスラム過激派等によるテロが頻発しているのが実情

外務省が出している海外旅行の安全情報はレベル1のままですが

事実、昨年6月にはイスタンブールでもテロが起こっており

今後も突発的なテロの危険性は否定できません。

 

とは言え、トルコは治安さえ改善してくれれば、

親日家も多くエキゾチックな魅力があふれる大変素敵な国なので

一刻も早く情勢が安定してくれることを祈るばかりですね。

 

Sponsored Links

 


6月におすすめな海外旅行4

●オーストリア―ザルツブルク


参照元URL:http://blog.hankyu-travel.com/

高緯度地域も爽やかな初夏の気候となる6月は

ヨーロッパ方面への海外旅行がベストシーズンに入る月でもあり

夏休み前のタイミングでお特なバカンスが楽しめ大変おすすめです。

 

海外旅行でも人気の渡航先が揃うヨーロッパですが

新緑の美しい6月ならモーツアルトの故郷としても知られる

オーストリア南部のザルツブルグも非常におすすめの都市で

エレガントな雰囲気が漂う旧市街や宮殿等、見所も満載なんです。

 

また、6月にザルツブルグにおいでの際は郊外に広がる

ザルツカンマ―グート地方も併せて訪れるのがおすすめで

緑の牧草地帯や美しい湖等、

まるで絵本から抜け出たかような爽やかな高原のヨーロッパの絶景が楽しめますよ。

 

尚、以前は西欧より物価は少し安めだったオーストリアですが

近頃はドイツ等の近隣諸国とほぼ同適度の物価になりつつあり

手頃感はそれほどないというのが実情のようですね。

 

但し、ザルツブルグを始めオーストリアの治安は極めて良好

勿論、突発的な事件に巻き込まれる可能性は0%ではありませんが

夜の一人歩きをしてもそれ程不安感がない程なので、

基本的な危機管理さえ怠らなければ楽しく海外旅行が楽しめますよ

 

 


6月におすすめな海外旅行5

●アメリカ―グランドキャニオン


参照元URL:http://www.tour.ne.jp/

壮大なスケールの大自然が堪能できるグランドキャニオン

一年を通じて人気のアメリカを代表する観光スポットですが、

海外旅行で訪れるなら、気温も真夏ほどには上昇しておらず

ハイシーズン前の6月がイチオシのタイミングです。

 

アリゾナ州北部に広がるグランドキャニオン国立公園は

コロラド川に沿ってのびる世界でも最大規模の雄大な渓谷

人生観が変わるほどの大パノラマが堪能できますので

一生に一度は足を運んで頂きたいおすすめのスポットなんです。

 

尚、アメリカを代表する観光地という事もあり

グランドキャニオンの物価は他の都市と比べ高めとなっていますが

観光客が多いエリアなので治安が良いのもおすすめのポイントですね。

 

因みに、6月に海外旅行でグランドキャニオンを訪れるなら

体調管理にも十分気を遣うことが非常に大切で、

特に6月頃からは気温の上昇もはじまり非常に乾燥する地域なので

こまめに水分補給をして熱中症予防をする事もお忘れなく!

 

 


6月におすすめな海外旅行6

●インドネシア―ジョグジャカルタ


参照元URL:http://www.pelican-travel.net/

インドネシアのジャワ島中部にあるジョグジャカルタ

王朝時代の風情が今も色濃く残る観光客にも人気の美しい古都で

乾季にあたる6月は気温も比較的低く

快適な海外旅行が楽しめるおすすめのタイミングなんです。

 

世界遺産のボロブドゥールやプランバナンの寺院の遺跡群や

現在もかつての王族の子孫が暮らす壮麗な王宮等

ジョグジャカルタには歴史の香りが漂う見所がたっぷりですよ。

 

尚、ジョグジャカルタは、ジャカルタやバリに比べると

物価も3分の1ほどと安く、治安も比較的良い都市ですので

6月の海外旅行でインドネシアを訪れる際には

ぜひプランに加えて頂きたいおすすめの都市となっております。

 

因みに、人口300万人以上の大都市であるジョグジャカルタは

良質で低価格の民芸品等のお土産物も充実していますので

バリ島やジャカルタ等と組み合わせて海外旅行をされる場合なら

手頃な値段でショッピングが楽しめ大変おすすめですよ。

 

 


6月におすすめな海外旅行7

●韓国―済州島


参照元URL:https://d1d37e9z843vy6.cloudfront.net/

『東洋のハワイ』ともいわれるお隣、韓国の済州島

年間1000万人もの観光客が訪れる人気のリゾートアイランドで

そろそろ海水浴も楽しめるようになる6月

海外旅行の渡航先としても大変おすすめのスポットですよ。

 

韓国最高峰のハンラサンを始め9箇所の世界自然遺産がある済州島は

温暖な気候に恵まれた非常に風光明媚な島で、

マリンレジャーの他、乗馬やゴルフ、カジノなど様々な娯楽が楽しめ

6月にショートブレイクを考えているなら大変おすすめのスポット。

 

尚、旅費も他の海外旅行の渡航先より格安の済州島ですが

物価は相対的に安いものの、洋服などは粗悪品も混ざっているため

じっくりと品質を見極めて買い求める事がポイントになりそうです。

 

また、治安は比較的良好な済州島でも、

日本人観光客を狙ったタクシーや飲食店のぼったくりを始め

スリ、置き引き、かっぱらい等の軽犯罪も少なくありませんので

海外旅行での危機管理意識はしっかり持っておく方がいいですね。

 

Sponsored Links

 


6月の海外旅行におすすめな持ち物は?

さてここまで6月の海外旅行におすすめな国について

詳しくご案内してきましたが、

旅行に持っていくと役立つアイテムも最後にご紹介しておきましょう。

 

国内とは違い、海外旅行では現地で調達が難しいものや

思うような品が手に入らないという事もありますので

ぜひ旅行前の準備でしっかり持ち物のチェックをして下さいね。

 

6月の海外旅行には帽子がおすすめ!

夏至を迎える6月の北半球は高緯度の地域でも日差しが強く

海外旅行でも熱中症対策や日焼け対策はしっかりとして

より快適な環境で有意義な時間を楽しみたいものですよね。

 

上記のNakotaの男女兼用のサファリハット

シッカリと日差しを遮ってくれるつばの広いデザインの帽子で

おしゃれなエスニック風のリボンがおしゃれなテイストで

海外旅行のカジュアルな装いにもぴったりのアイテムです。

 

全7カラー展開の丈夫で軽いヘリボーンキャンバス素材の帽子は

首まであるドローコードがちょっとクラシカルな雰囲気が素敵で

かぶり心地も抜群の人気のアイテムとなっておりますので

性別や年齢を問わずおすすめの人気の帽子ですよ。

 

 

6月の海外旅行にはペットボトルカバーがおすすめ!

海外旅行では、水道水が飲めない国々も多いため

ミネラルウォーターは夏場の旅行の必需品になりますが

結露&保冷対策を兼ねてペットボトルカバーを持参すると

6月の海外旅行でも大変役に立ちおすすめなんです

 

上記のフラットタイプのペットボトルカバー

取り外し可能なストラップ付で鞄にもかけられるボトルケースで

携帯するにも大変便利なデザインなので

海外旅行にもっていけば何かと重宝するおすすめアイテムです。

 

全7カラー展開のシンプルでおしゃれなボトルカバーは

内側がポリウレタンアルミニウム素材なので

保温・保冷効果にも優れていますので

購入後、時間がたった飲み物も

美味しくお飲み頂けるおすすめの逸品となっています。

 

尚、渡航先にもよりますが、外国の多くの地域では

日本の程、ペットボトルカバーが普及しておらず

手軽に現地調達することが難しいアイテムなので

海外旅行ではぜひ日本から持参する事をおすすめします。

 

 

6月の海外旅行にはフットレストがおすすめ!

北半球の国々では軒並み快適な気候となる6月は

海外旅行でもヨーロッパ等、遠方を訪れる方が多い時期なので

長時間のフライトを快適に過ごせるアイテムを持参すると

現地到着後も体調を崩す事なく有意義な旅行ができおすすめです。

 

上記のお出かけハンモックは、

前の座席テーブルに引っ掛けて使える機内のお役立ちグッズで

狭い空間でも、ふくらはぎや足首、足の裏等を載せてリラックスでき

エコノミークラス症候群の予防にも大変効果のあるアイテムなんです。

 

使用しない時はコンパクトに折り畳んで持ち運びにも便利な

人気のお出かけハンモックは、特に6月の海外旅行で遠方にお出でなら

機内持ち込みの手荷物にぜひ加えて頂きたいおすすめの逸品ですよ。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

5月の海外旅行におすすめな国や観光スポット、物価や気温、治安は?

5月の国内旅行におすすめなスポットや周辺施設、特産品や持ち物は?

春の海外旅行の人気ランキング!おすすめな都市はグアムやタヒチ?

夏の海外旅行の人気ランキング!おすすめな都市は香港やホノルル?

夏のお出かけ!家族連れやカップルから人気なスポットランキング!

 

という事で、6月におすすめな海外旅行のスポットについて

気候や観光スポット、物価、治安などをまとめてご案内致しましたが

お気に召した渡航先は見つけて頂けましたか?

 

海外旅行の選択肢がより広がる6月の海外旅行なので

ぜひお気に入りのスポットをチョイスして

素敵なバカンスをお楽しみになってくださいね。

 

以上『6月の海外旅行におすすめな国や観光スポット、物価や気温、治安は?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑