*

6月は京都府へ旅行!気温や服装、観光におすすめなスポットは?

本州以南では梅雨入りが始まる6月

天候がイマイチで連休などもないため旅行の閑散期ですが

京都府では様々な季節の風物詩やイベントなどにも事欠かず

6月ならではの見所もあって旅行にもおすすめのシーズンなんです。

 

雨に濡れる新緑や季節の花々、しっとりした風情ある街並みは

他の季節にはない6月ならではの趣があって、

比較的観光客も少ない時期なので

ゆったりと観光や街の散策が楽しめ大変おすすめですよ。

 

という事で今回は、6月の京都府の旅行について

気温や旅行の服装、そして観光スポットやイベント等をまとめて

詳しくご案内致しますので、旅行プランの参考にしてみて下さいね。

Sponsored Links

 


6月の京都府の気温や天気は?


参照元URL:https://minhana.net/

年によって多少の違いはあるものの

大体、京都府は6月初旬ごろが平均的な梅雨入りの時期

降雨量も一年で最も多い月となるため、6月の京都府では

最初から雨天を想定した旅行の計画を立てる事が肝心です。

 

特に6月の中旬以降は長雨が毎日続く事もあり

平均気温も6月の後半になると25℃ほどまで上昇しますので

湿度も高く蒸し暑い天気となる日が増える時期でもあります。

 

また、盆地である京都府は基本的に温暖の差が激しいため

晴れて暑くなると最高気温が35℃を超える猛暑日になる事もあり

水分補給等の熱中症対策も大変重要になる季節なんです。

 

一方、特に6月上旬は、上空に寒気が流れ込んで冷え込むと

最低気温が10℃を下回るような肌寒い天候になる場合もあるため

季節外れの寒さを感じる可能性もあるので要注意ですね。

 

とは言え、基本的に6月の京都府は梅雨の蒸し暑い天気が多く

気候的には残念ながら、

それ程快適な時期ではありませんが、

雨に濡れる石畳や古い街並み、木々の緑等がとても趣深く

しっとりとした風情が感じられる季節でもありますよ。

 

Sponsored Links

 


6月の京都府の旅行の服装は?


参照元URL:http://image.rakuten.co.jp/

梅雨の季節を迎える6月の京都府の旅行では

いうまでもなく、雨の準備は必要不可欠ですが、

社寺仏閣巡り等をする場合はレインコート等の着脱が面倒なので

長時間屋外で過ごす以外はスタンダードな傘がおすすめです。

 

また、6月の京都府は寒暖の差はあるものの、

かなり気温が上がり蒸し暑い天気も少なくありませんので

吸湿性、通気性の良い服装を選んで快適な旅行を楽しめるように

工夫する事も梅雨時には大切なポイントですよ。

 

尚、京都府の公共の交通機関や多くの屋内施設では

効きすぎるほど冷房が効いている場所も少なくありませんので

クーラー対策に、かさばらない上着類はぜひ携帯しておくといいですね。

 

その他、京都府の代表的な観光スポットのお寺や神社等は

蚊等の害虫が生息する緑豊かなロケーションが非常に多いので

旅行の際は昼間でも虫よけ対策をしておく方が安全ですよ。

<関連記事>

2017年の春夏のトレンドファッション!メンズのおすすめアイテムも!

2017年の春夏のトレンドファッション!レディースのおすすめアイテムも!

 

 


6月の京都府の旅行でおすすめなスポットは?

では早速、6月の京都府の旅行でおすすめなスポットについて

この季節ならではの風情が楽しめる名所からご案内して参りましょう。

 

250万人以上の人々が暮らす京都府ですが、

自然豊かで四季折々の風物詩が楽しめるエリアなので

6月の旅行でも季節感たっぷりの名所を旅程に取り入れてみて下さいね。

 

●6月の京都府の旅行では三室戸寺の紫陽花園がおすすめ!


参照元URL:http://penjp.com/

6月の花と言えば紫陽花を思い浮かべる方も多いでしょうが

京都府には数多くの紫陽花の名所が点在していて

雨に濡れ一層鮮やかさを増す深緑の中、大輪の花をつける紫陽花は

非常に風情があり旅行でも鑑賞して頂きたい季節のスポットです。

 

中でも京都府の宇治市にある三室戸寺は四季折々の花々が美しい

京都府の『花の寺』として知られる人気スポットで、

6月の初旬からは1万株の紫陽花が深い杉木立の間に咲き乱れ

梅雨ならではの絶景がご覧になれますよ。

 

通常6月初旬から約1か月余り公開される三室戸寺の紫陽花園では

花の見頃となる6月中旬から下旬にかけての土日には

夜間のライトアップも行われ、

宵闇に幻想的に浮かび上がる色とりどりの紫陽花もお楽しみになれるんです。

 

尚、宇治市で6月5日の深夜から6日にかけ行われる縣祭り

神輿が巡行する間、家々の明かりを落とす風習がある事から

暗闇の奇祭としても知られる京都府の初夏のイベントなので

日程が合えば併せて見物するのもおすすめですよ。

 

 

●6月の京都府の旅行では哲学の道のホタルがおすすめ!


参照元URL:http://kyotowadai.net/

緑豊かで清らかな水の流れに育まれた京都府の街々には

繁華街に程近い都市部にも蛍の名所が多く

梅雨の時期の風物詩として観光客にも人気なので

6月の旅行では、夜のホタル観賞も大変おすすめのプランですよ。

 

京都府の中でも人気の観光名所が揃う東山にある哲学の道

6月初旬から中旬にかけてホタル観賞ができる人気スポットで

アクセスも良好なので南禅寺や銀閣等のお馴染みの名所と併せ

京の初夏の風物詩を堪能してみてはいかがでしょうか。

 

ところで、哲学の道は琵琶湖疎水疎水の分線沿いに伸びる遊歩道で

四季折々の自然が楽しめる京都府の観光スポットのひとつですが

哲学の道の蛍のスポットは年により多少変化があるようなので

約2㎞の歩道を蛍の光を探しながら散策してみるのがおすすめですよ。

 

尚、ホタル鑑賞には蒸し暑く風のない夜が好条件ですが

雨の降る日は飛ぶ数が少ない傾向があるそうなので

旅行の際も天候と相談しつつプランを立てられるといいですね。

 

 

●6月の京都府では平安神宮神苑の花菖蒲がおすすめ!


参照元URL:https://img.guide.travel.co.jp/

平安遷都1100年を記念して建立された平安神宮

京都の社寺仏閣の中では比較的歴史の浅い観光名所ですが

1万坪の広大な池泉式回遊庭園の神苑は明治期を代表する庭園で

6月には花菖蒲が見頃を迎え旅行でも大変おすすめのスポット。

 

例年、6月の初旬から中旬頃までが見頃の平安神宮の花菖蒲

西神苑の白虎池に200品種2000株の日本古来の品種が咲き競い

池の上にかけられた八つ橋から

水際を彩る白や紫の趣深い季節の花を堪能する事ができるんです。

 

因みに、平安神宮の神苑は通常入園料がかかりますが

例年、花菖蒲が見頃の6月初旬に一日だけ無料開放される日があり

2017年は6月2日(金)の予定となっていますので、

旅行の日程に重なっていればぜひ足を運んでみるといいですよ。

 

Sponsored Links

 


6月の京都府の旅行でおすすめなイベントは?

先ずは6月の京都府の旅行でおすすめな名所を見てきましたが

引き続き6月の京都で人気のイベントもご案内しておきましょう。

 

一年を通じ、様々なイベントやお祭りがある京都府ですが

6月も古都の風情があふれる伝統的な行事が数多くありますので

ぜひ旅行のプランを立てる際の参考にして下さいね。

 

●6月の京都府の旅行では貴船祭のイベントがおすすめ!


参照元URL:http://kaifukudou.net/

京の奥座敷として知られる貴船にある貴船神社

縁結びのパワースポットとしても近年人気があるスポットですが

6月1日には貴船神社の例祭である貴船祭が開催され

例年、多くの見物客で賑う旅行でもおすすめのイベントです。

 

貴船祭当日は、午前11時より本宮で神事や乙女舞が奉納され

午後1時からは白装束に身を包んだ氏子達が神輿と共に本宮を発ち

貴船の街を練り歩き奥宮へと向かう恒例のイベントも行われます。

 

また、貴船神社の奥宮では、子供千度詣、招福餅まきを始め

ヤマタノオロチの退治を再現した出雲神楽の奉納なども行われ

見どころが満載の6月の京都府のおすすめイベントとなっています。

 

尚、清らかな貴船川と深緑のコントラストが美しい6月には

川床(かわどこ。※鴨川沿いの【川床】は『かわゆか』)が設置され

川のせせらぎを聞きながら京都のグルメが楽しめますので

貴船にお出での際は、ぜひ併せて足を運んでみるといいですね。

 

 

●6月の京都府の旅行では夏越大祓のイベントがおすすめ!


参照元URL:http://catdiary.sunnyday.jp/

1年の折り返し地点に当たる6月30日は京都府各地の神社で

夏越大祓(なごしのおおはらえ)のイベントが執り行われ

旅行で訪れるにもおすすめの伝統行事となっております。

 

茅輪くぐりや人形奉納で残る半年の無病息災を祈る夏越大祓は

京都府だけでなく全国各地の神社でも行われる6月の行事ですが

洛北の上賀茂神社で行われる夏越大祓は特におすすめのイベント。

 

上賀茂神社の夏越大祓のイベントでは、

神職による茅輪のくぐりはじめや本殿での祭祀が行われる他、

橋殿での人形流しの神事等も執り行われ、

6月末に京都府を旅行されるなら大変おすすめの行事です。

 

特に、夕刻から行われる人形流しの行事では

篝火が焚かれ幽玄の雰囲気が漂う中、橋殿において

『風そよぐ ならの小川の夕ぐれは みそぎぞ夏のしるしなりける』

という藤原家隆の和歌を神職が読み上げた後、

奉納された人形を小川に流す風情ある神事がお楽しみになれますよ。

 

 


6月の京都府の旅行でおすすめな持ち物をご紹介!

さてここまで6月の京都府の旅行についてご案内致しましたが

最後に旅行にお持ちになると役立つアイテムについても

何点かご紹介しておきたいと思います。

 

梅雨時ということもあり、旅行の快適さには限界がありますが

それでも十分な備えがあればより楽しい時間が過ごせますので

ぜひ旅行にもっていく荷物の参考にしてみて下さいね。

 

6月の京都府の旅行では折り畳み傘がおすすめ!

梅雨真っ只中の6月の京都府の旅行では雨の用意は欠かせませんが

社寺仏閣などの観光名所を巡るなら

コンパクトに携帯できる折りたたみ傘が

何といっても機能的でおすすめの持ち物です。

 

上記の男女兼用のマッキントッシュフィロソフィーの折り畳み傘

旅行の際には重宝する重さ約84gという超軽量のアイテム

全14カラー展開のシンプルでおしゃれなデザインの逸品なんです。

 

棒のように細くて軽い事からバーブレラとして親しまれる

人気の折り畳み傘は、

お土産等を買って手荷物が増える旅行でも

快適に携帯することができ大変おすすめですよ。

<関連記事>

傘はおしゃれなブランドを!メンズの人気ランキングをご紹介!

傘は可愛いブランドを!レディースから人気なブランドのご紹介!

 

 

6月の京都府の旅行では虫よけスプレーがおすすめ!

6月の京都府では夜間のイベントやおすすめスポットは勿論、

季節の庭の散策など、屋外での観光の見所も満載なので

旅行では虫よけ対策はしっかりとしておきたいものですよね。

 

上記のジョンソンのスキンガードアクア50ml

旅行の際に携帯するのに便利な小さいサイズのボトル入りで、

べとつかないさらっとした使い心地の虫よけスプレーなので

しっかり害虫から身を守る事ができ大変おすすめのアイテムなんです。

 

自然豊かな京都府では、観光スポット巡りの最中に

蚊やブヨ等の害虫に刺されてしまうと

折角の楽しい旅行も台無しになってしまいますので

屋外での散策を楽しまれる場合にはぜひ携帯して頂きたい逸品です。

 

 

6月の京都府の旅行ではレインバッグがおすすめ!

雨の日が多くなる6月の京都府の旅行では

雨具の準備は勿論ですが、

折角買った記念のお土産なども濡れて台無しになっては大変なので

意外と見落としがちな手荷物の雨対策もしておくのがおすすめです。

 

上記のROOTOTEのレイニールーのレインバッグ

突然の雨から大事なカバンを守ってくれる人気のバッグカバーで

不使用時はコンパクトに折り畳んで携帯する事ができますので

旅行にもっていくにも大変おすすめのアイテムですよ。

 

レインカバーとしてだけでなく

ショッピングバッグとしても使える撥水加工済みのエコバッグは、

『王様のブランチ』でも紹介された注目アイテムとなっておりますので、

お気に召したデザインを選び旅行のお供にしてみてはいかがでしょうか。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

5月は京都府へ旅行!気温や服装、観光におすすめなスポットは?

雨の日でも京都を観光!おすすめスポットや人気なコース、持ち物は?

春の京都でおすすめなデートのスポットをランキングでご紹介!

夏の京都でおすすめなデートのスポットをランキングでご紹介!

京都の抹茶のスイーツ!通販のお取り寄せの人気ランキングは?

縁結びは京都の神社(パワースポット)へ!効果が期待できるスポットは?

京都に海外旅行で来た外国人の観光客に人気なスポットランキング!

京都の温泉へ!日帰りでいけるカップルにおすすめな温泉は?

 

 

という事で、6月の京都府の気温や服装をはじめ

旅行でおすすめな名所やイベントをまとめてご案内致しましたが

いかがだったでしょうか。

 

人気の観光スポットが数多く存在する京都府は

一年を通じて世界中の旅行者で賑わう人気の観光都市ですが

梅雨の6月は閑散期に当たり、比較的ゆったり観光が楽しめますので

ぜひ季節のテイストを旅行に取り入れ楽しい時間をお過ごしくださいね。

 

以上『6月は京都府へ旅行!気温や服装、観光におすすめなスポットは?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑