*

グアムでは絶景を!おすすめや穴場スポットなど観光に向いているのは?

マリンブルーの海と白い砂浜という

絵に描いたような南の島の絶景が広がるグアム

日本から3時間半程で気軽に行ける美しい常夏の島として

非常に人気の高い海外旅行先のひとつですよね。

 

一年中、海で泳ぐことができるグアムの旅行では、

美しい海でのマリンレジャーも魅力的なアクティビティですが

グアムには南の島ならではの美しいスポットも沢山あり

絶対に見逃して頂きたくない絶景も満載なんです。

 

という事で今回は、

グアムにある人気の絶景スポットについて

観光にもおすすめの名所や穴場を詳しくご紹介して参りますので

グアムの観光の際にお役立てくださいね。

Sponsored Link

 


グアムの絶景ではリティディアンビーチのスポットがおすすめ!


参照元URL:https://c2.staticflickr.com/

グアムの中心である

タモンから車で40分程の島の北端にあるリティディアンビーチは、

透明度の高い海と真っ白な砂浜という

まさに南の島ならではの絶景が堪能できる自然のビーチで

一度は訪れて頂きたいグアムのおすすめのスポットです。

 

リティディアンビーチはレンタカー等で個人的に訪れる以外、

アクセス方法がない上、

途中からかなり悪路になるという事もあり、

余り手軽に行けるスポットとは言えませんが

海と砂浜の美しさはグアム随一と言っても過言ではないんです。

 

尚、海は遠浅ですが、

少し岸から離れると潮の流れが速く

ビーチにはライフガードも駐在していないため

泳ぐのではなく砂浜に座り南の海の絶景を堪能するのに最適

おすすめのスポットとなっております。

 

因みに、リティディアンビーチは米軍の基地内にあるため

8時半~16時までしか訪れる事ができませんが

口コミでも大変人気の高いグアムの絶景スポットですので

無事たどり着けるよう時間にも注意し計画を立てて下さいね。

 

 


グアムの絶景ではタモンビーチのスポットがおすすめ!


参照元URL:http://livedoor.blogimg.jp/

グアムのワイキキビーチとも称されるタモンビーチ

グアム一の繁華街であるタモン地区に隣接する美しいビーチで

グアムでは王道ビーチとして大変人気のある絶景スポットなんです。

 

グアムの中心に近いとはいえ、

遠浅で波の穏やかな海は大変透明度が高く、

様々なマリンアクティビティを楽しんだり

ビーチで海を眺めながら寛いだりと、

思い思いの過ごし方ができ

マリンリゾートの醍醐味を味う事ができますよ。

 

また、タモンビーチは夕日のスポットとしても有名で

グアムの空と海を赤く染めつつ太陽が海に落ちていく様は

言葉にできないくらいロマンチックなので

カップルでグアムにおいでの際はぜひおすすめしたい絶景です。

 

なお、太陽が海に沈んだ後も残照に染まる海と空を背景に

ヤシの木が黒いシルエットとして浮かび上がる黄昏時

南国のリゾートならではの絶景が楽しめるおすすめの時刻ですよ。

 

 


グアムの絶景では恋人岬のスポットがおすすめ!


参照元URL:http://www.gvb.com/

グアムでも指折りの観光スポットとして人気の恋人岬

海に突き出した展望台から南海の絶景が楽しめるスポットで

タモンから赤いシャトルバスも発着しているので

個人でも比較的、手軽に訪れる事ができおすすめなんです

 

現住民の美しい娘と恋人の青年との悲恋話が残る恋人岬は

現代ではラブロックに二人の名前を書き手すりに鍵をかけると

ずっと一緒にいられるというジンクスがある人気スポットで

カップルで訪れるにも大変おすすめの名所ですよ。

 

尚、恋人岬もまた夕日の美しい名所としても人気なので

昼間の真っ青な海と空の絶景とは様相の異なる夕刻の景色もまた

とてもロマンチックで訪れる価値が絶対にある絶景なんです。

 

海抜123mの断崖にある展望台からのグアムの海の絶景は

ビーチからの眺めとは一味違う大パノラマが堪能できますが

高所恐怖症の方は足がすくんでしまう危険もありますので

十分、お気を付けくださいね。

 

Sponsored Link

 


グアムの絶景ではジープ島のスポットがおすすめ!


参照元URL:http://www.wtp.co.jp/

グアムから飛行機と船を乗り継ぎ約2時間余りのジープ島

直径34m、外周110mというサンゴ礁の海に浮かぶ小さな小さな島で

まるで絵本から抜け出してきたかのような

かわいらしい南の島の絶景がご覧になれるスポットなんです。

 

フジテレビの『世界の絶景100選』で1位に選ばれたジープ島には

日本人のみ、年間800人を受け入れているコテージがありますので

ビーチに寝転がり、満天の星を眺めながら波音に耳を傾けて

他では絶対に味わえない南の島の夜のステイも楽しむ事ができますよ。

 

また、ジープ島の周囲の透明度の高いサンゴ礁の海は

美しい熱帯の魚達の宝庫となっていて海の中の絶景も堪能でき

島の周囲では野生のイルカと一緒に泳ぐこともできますので

マリンレジャーも満喫できるおすすめのスポットとなっております。

 

 


グアムの絶景ではバガニア大聖堂バジリカのスポットがおすすめ!


参照元URL:http://blogimg.goo.ne.jp/

聖母マリア大聖堂の名でもしられるバガニア大聖堂

グアムのスペイン統治時代の面影が残る美しい白亜の大聖堂で

南国のリゾートのイメージとは少し違うものの

グアムの歴史が垣間見られる絶景が楽しめるスポットですよ。

 

グアムを代表する由緒正しい聖母マリア大聖堂は、

350年以上に及ぶグアム一古い歴史を持つカソリック教会で

現在の教会は1958年に再建された建物ですが

優美な外観もさることながら美しいステンドグラスも人気なんです。

 

また、聖母マリア大聖堂のあるバガニア地区には

スペイン広場を中心に、スペイン総督邸跡やスペイン古橋等

レトロでエキゾチックな観光スポットが点在し

グアムの海の絶景とはまた違った美しい景色が楽しめますよ。

 

尚、マリア大聖堂があるバガニア地区は

グアムの中心のタモンからシャトルバスで1時間程なので

マリンレジャーの合間に旅程に組み込むにも最適の

おすすめのエクスカーションのスポットとなっております。

 

 


グアムの絶景ではフィッシュアイマリンパークのスポットがおすすめ!


参照元URL:http://guam1.net

タモン地区の南西約13㎞にあるピティ湾にある

フィッシュアイマリンパークは沖合にある海中展望台を中心に

様々なアトラクションが揃うマリンレジャー施設で

海上、海中双方の絶景が楽しめるおすすめスポットなんです。

 

桟橋により繋がれた沖合300mの場所にある海中展望台では

グアムの海を優雅に泳ぐ色とりどりの熱帯の魚たちと

美しいサンゴ礁の海が織りなす

深さ10mの海底のトロピカルな絶景が楽しめますよ。

 

また、海中展望台まで続く桟橋からは

ピティ湾の美しい海を海上から見渡す事ができ、

特に夕暮れ時には夕日に美しく染まる

グアムの海と空の絶景が堪能できておすすめです。

 

海中展望台の他、シュノーケリングやイルカウォッチング、

ポリネシアンディナーショー等、様々な見所が揃うマリンパークは

お子様からご年配の方まで、美しいグアムの海を

間近で楽しんでいたけるおすすめのスポットとなっております。

 

 


グアムの絶景ではソレダッド砦のスポットがおすすめ!


参照元URL:http://www.fmkagawa.co.jp/

グアム南部の切り立った岬の先端にあるソレダッド砦

美しいウマタック湾を臨む絶景が楽しめる人気のスポットで

ドライブがてら訪れるにもぴったりの名所です。

 

因みに、眼下の静かな入り江に佇む小さなウマタックの集落は

かのマゼラン一行が世界一周の航海の途中、上陸した場所で

その後、グアム一の交易港として繁栄を築いた

歴史あるエリアなので併せて訪れるのも大変おすすめですよ。

 

また、ソレダッド砦自体にも、弾薬庫や砲台跡といった

スペイン統治時代の面影が現在もそこかしこに残っており

どこまでも続く大海原を眺めながら大航海時代に思いをはせ

ノスタルジックな雰囲気を味わうには持ってこいのスポット。

 

尚、西向きの海岸線に位置するソレダッド砦は

グアムでも随一の美しい夕日が見られる人気のスポットなので

夕暮れ時に訪れて、南の海と空を美しく染める夕日を堪能し

壮大な自然の絶景を楽しむのもおすすめですよ。

 

Sponsored Link

 


グアムの観光におすすめな持ち物は?

さてここまでグアムの絶景の観光スポットを集めて

詳しくご案内して参りましたが、南国のリゾート地への旅行では

日本から持っていくと役立つ持ち物も少なくありませんよね。

 

現地で調達しても差し支えないアイテムも勿論ありますが

準備も旅行の楽しみの一部なので、グアムにもっていくアイテムも

ぜひ事前にいくらか揃えてみて下さいね。

 

グアムの観光にはガイドブックがおすすめ!

グアムで有意義なバカンスを楽しむには、

絶景スポットを始め様々な現地情報を集るためのガイドブック

なんといっても欠かせないアイテムですが、

身軽に観光を楽しみたいというのも本音ですよね。

 

その点、電子書籍の地球の歩き方MOOKグアムの歩き方2017なら

紙の書籍のようにかさばることなく、

タブレットでガイドブックの情報を

手軽に確認しながらグアムの観光を楽しむ事ができおすすめですよ。

 

尚、グアムの歩き方のガイドブックは通常の書籍も勿論ありますので、

旅行は紙のガイドブックを手で開いて楽しみたいという方にも

細かい現地の情報が手に入るお役立ちアイテムとなっております。

 

 

グアムの観光にはビーチサンダルがおすすめ!

グアムの醍醐味といえば青い海と白い砂浜の絶景なので

海辺でレジャーを楽しむ際の必需品であるビーチサンダル

旅行には欠かせないアイテムですよね。

 

上記のチャムスのユニセックスのビーチサンダル

ソールとアッパーの配色が違うカラフル&ポップなデザインで

グアム等のトロピカルなビーチリゾートにもっていくにも

ぴったりのアイテムですよ。

 

ビーチで寛ぐ際は勿論ですが、

そのままタウンでも気軽に履けるおしゃれなビーチサンダルは、

ぜひスーツケースの中に入れて

グアムでのレジャーにお役立てくださいね。

<関連記事>

ビーチサンダルのブランド!レディースに人気のあるブランドをご紹介!

ビーチサンダルのブランド!メンズに人気のブランドをご紹介!

 

 

グアムの観光には日焼け止めクリームがおすすめ!

一年を通じて泳ぐことができる常夏の島、グアムの旅行では

マリンレジャーや観光でも紫外線対策は欠かせませんよね。

 

上記のヘッドハンターサンスクリーンSPF50+

サーファーのために作られた日焼け止めクリームで

海水や汗にも強いウォータープルーフのクリームなので

グアムでマリンレジャーを楽しむ際にも大変おすすめですよ。

 

白くならず自然な仕上がりの日焼け止めクリームは

海辺での日焼け対策は言うまでもありませんが

グアムでアクティブに観光を楽しまれる際にも使え

顔や体に塗ってしっかり紫外線をシャットアウトできますよ。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

スーツケースの選び方!国内や海外の旅行や出張におすすめなのは?

春の海外旅行の人気ランキング!おすすめな都市はグアムやタヒチ?

夏の海外旅行の人気ランキング!おすすめな都市は香港やホノルル?

秋の海外旅行の人気ランキング!おすすめな都市は?

冬の海外旅行の人気ランキング!おすすめな都市の過ごし方は?

 

という事で、グアムのおすすめの絶景のスポットや

グアムの旅行におすすめの持ち物を合わせてご案内致しましたが

いかがだったでしょうか。

 

グアムのベストシーズンは、秋から春頃までと言われますので

寒い日本を抜け出して常夏の楽園で素晴らしい絶景を堪能し

身も心もリフレッシュしてくださいね。

 

以上『グアムでは絶景を!おすすめや穴場スポットなど観光に向いているのは?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑