*

風邪(カゼ)の時にお風呂やシャワーっていいの?早く治す方法とは?

風邪(カゼ)は暖かくしてゆっくり休養するのが一番というのは

誰でも知っているいわゆる一般常識でもありますが

風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーに関するあなたの常識は

もしかするとアプデートが必要な可能性があるかもしれません。

 

「風邪(カゼ)を引いてるんだから今日はお風呂止めておきなさい」

そんなセリフは誰しも小さな頃、耳にした経験があるでしょうが

実はこれ、ひと昔前の常識なんてことも無きにしも非ずなんです。

 

という事で今回は、風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーについて

OKかNGかの判断の基準、入浴時や入浴後の注意点等も併せて

詳しくご紹介致しますので、参考にしてみて下さいね。

Sponsored Links

 


風邪(カゼ)の時にお風呂やシャワーはいいの?


参照元URL:http://www.misaki.rdy.jp/illust/

そもそも風邪(カゼ)を引いている時もお風呂やシャワーはOK

という問題ですが、結論から言うと幾つかの条件をクリアしていれば

基本的に風邪(カゼ)の時もお風呂やシャワーは入って大丈夫なんです。

 

但し、風邪(カゼ)の時にお風呂やシャワーはNGという考え方は

昔の家屋は多くの場合、お風呂場や脱衣所が寒かったためで

決して科学的な根拠のない言い伝えの類ではないというのも事実。

 

ですが、気密性が増した現代の家屋なら寒さに震える事もなく

快適な環境でお風呂やシャワーにはいる事が可能なので

風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーは症状を悪化させるからダメ

という考え方は今では当てはまらなくなっているんです。

 

勿論、現在でも風邪(カゼ)の症状や体調と相談しながら

というのが大前提で、無理は絶対に禁物ではある訳ですが

とはいうものの風邪(カゼ)引き=お風呂は絶対NGという考え方は

今ではひと昔前の常識と考えて差し支えありませんね。

 

 


風邪(カゼ)の時にお風呂やシャワーがダメなのは?


参照元URL:http://publicdomainq.net/

さて、基本的には風邪(カゼ)の時もお風呂やシャワーはOKな訳ですが

どんな状態でもお風呂やシャワーに入って大丈夫なのではなく

勿論、お風呂やシャワーを控えた方が良い場合も存在します。

 

具体的に、お風呂やシャワーを控えた方が良いのは、

・熱が高く(一般的には38℃以上)、頭痛、めまいがある

・寒気、悪寒、倦怠感などがひどい

・嘔吐感や下痢の症状が強い

といったような場合と言われていて、

お風呂やシャワーに入る事でより症状がひどくなる事もあるため

体調と相談しながら判断する事が大切ですね。

 

因みに、熱が38℃以上というのはあくまでも目安なので

平熱が高い人、低い人等個人差がある事も認識しておく必要があり

熱が上がってきている時によくある悪寒や寒気がある時も

無理をせずお風呂やシャワーは控えておく方が安全ですよ。

 

また、風邪(カゼ)の症状が重い場合は自分が思っている以上に

体力が落ちていたりする事もあるため、特に独り暮らしの方

お風呂場で急に気分が悪くなったりすると大変危険なので

症状が安定しているか慎重に判断するよう心掛けて下さいね。

 

 


風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーのメリットとは?


参照元URL:http://publicdomainq.net/

という事で、症状が比較的安定している状態であれば

入っても問題がないお風呂やシャワーですが

実は、問題がないどころかメリットも存在しているんです。

 

というのも、お風呂やシャワーに入って血行が良くなると

新陳代謝も良くなるので抵抗力も上がると言われているからです。

 

また、風呂やシャワーで体温が上がると発汗作用によって

自然に体温を下げる効果も期待できることから

高熱や症状が重い場合を除いては、風邪(カゼ)の時でも

入浴を積極的にするのは悪い事ではないとの事なんです。

 

加えて、風邪(カゼ)で熱がある時は通常より汗をよくかく事から

お風呂やシャワーに入って皮膚を清潔に保つことで

発汗のメカニズムもより円滑に働くのでまさに良い事づくめ。

 

という事で先に触れた通り、いくつかの条件付きではあるものの

風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーは、

身体がさっぱりして気分的にすっきりする他にも

色々なメリットがあるというのが実際の所な訳ですね。

 

Sponsored Links

 


風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーの入り方の注意点は?

さてここまで、風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーについて

入るのがNGな場合の判断の目安やお風呂やシャワーのメリット等

ご紹介しましたが、風邪(カゼ)引きの時の入浴の際の注意点

引き続き詳しく見ていきますので、参考にして下さいね。

 

●風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーは暖かい環境で!


参照元URL:http://gahag.net/

風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーの入り方で一番注意したいのは

お風呂場や脱衣所等の空間を十分暖かくしておいてから入る事で

お風呂の湯船につかっている時、シャワーを浴びている時だけでなく

その前後も暖かい環境にしておくことが大切なんです。

 

先に触れたように、お風呂やシャワー自体はメリットがあっても

湯冷めして風邪(カゼ)が悪化する事がないよう

予め脱衣所やお風呂場を温め環境を整えて入浴をする事が大切です。

 

特に、衣類の着脱の際はわずか数分とはいえ、

急激な温度の変化は風邪(カゼ)の身体には想像以上に応えるので

お風呂場だけでなく脱衣所もヒーター等で予め温めておいて

快適な環境にしたうえで入浴する事を心がけましょう。

 

 

●風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーは湯加減に注意!


参照元URL:https://stocksnap.io/

風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーでは入浴の環境は勿論ですが

湯加減にも普段以上に細かく注意を払うのがおすすめで

熱すぎず冷たすぎず程よい湯加減で入浴する事が重要なんです。

 

具体的なお湯加減の適温は、おおよそ40~41℃と言われていて

お湯が熱すぎると体力の消耗が激しく体に負担がかかるためNGで

逆にお湯の温度が低くても湯冷め等の原因になるので要注意です。

 

因みに、熱いお風呂が好きな方も少なくないかもしれませんが

42℃以上の熱いお湯は体力の消耗だけでなく急な血圧の上昇

招く恐れもあり、通常でもおすすめではないので要注意との事。

 

いずれにせよ、風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーでは、

落ちている体力をさらに消耗させる事なく

早く病状が改善できるように入浴する事が何よりも大切なので

お風呂やシャワーも適温を守って入浴する事が大切ですね。

 

 

●風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーは入浴時間に注意!


参照元URL:http://gahag.net/

風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーでは入浴時間も注意が必要で

特にお風呂にはいる場合は、普段は長風呂が好きな方でも

体力の消耗を防ぐために長風呂を避けるよう心掛ける事が大切です。

 

風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーの時間は、20分程を目安にし

長くでも30分以内には入浴が終えられるよう注意が必要で

いくら体調が安定していてものんびりしすぎるのもNGなんです。

 

とはいえ、お風呂やシャワーで温かいお湯を浴びると

風邪(カゼ)で疲労している身体の緊張をほぐすというメリットもあり

緊張が解け安眠が促されると早く風邪が治せる事にもつながるので

長湯は禁物でも十分リラックスするよう心掛けるといいですね。

 

 


風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーの後の注意点は?


参照元URL:https://www.pakutaso.com/

さて、風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーの入り方では

入浴後も注意が必要で、折角、温まって抵抗力がアップしても

湯冷めをしては大変なので、入浴後はだらだらと過ごさず

さっさと布団にないって休息をとるよう心掛けましょう。

 

また、風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーの後は

普段以上に水分補給も大切なので、入浴後はスポーツドリンク等で

シッカリと給水する事も忘れず行うようにしてくださいね。

 

尚、髪の毛を洗ってきちんと乾いていないまま放置すると

湯冷めして風邪(カゼ)をこじらせる原因にもなるので

入浴後はきちんと髪の毛を乾かしてから

速やかに布団に入りゆっくり休むようにするといいですね。

 

Sponsored Links

 


風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーでおすすめのグッズは?

という事で、風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーの入り方について

詳しくご紹介してきましたが、最後に風邪(カゼ)引きの時の

お風呂やシャワーでおすすめのグッズもご紹介しておきましょう。

 

風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーではヒーターがおすすめ!


風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーは、体を冷やさない事が肝心なので

脱衣所やお風呂場を暖かくして入浴する環境を整えられるよう、

手軽に持ち運びができるヒーターがあると何かと役立ちますよ。

 

上記のアイリスオーヤマのセラミックファンヒーター

スイッチを付けるとすぐに温まる即暖性に優れたヒーターで

コンパクトで持ち運びにも便利なアイテムとなっていますので

普段は冷たい脱衣所を手早く温めるにも最適なんです。

 

コンパクトなのに高性能の優れもののファンヒーターは

狭い場所においても邪魔にならずスポット的な温めには

大変t兵法するおすすめのアイテムとなっています。

 

 

風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーでは入浴剤がおすすめ!


風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーは、体力が消耗しやすいので

長湯は勿論禁物ですが、短時間でも高いリラックス効果が得られる

入浴剤などは積極的に取り入れるのがおすすめですよ。

 

上記のクナイプバスソルト ユーカリの香り(850g)

古代海水からできた岩塩と天然ハーブのエッセンシャルオイルの

ドイツ生まれのバスソルトで、保温効果も高く風邪(カゼ)の時の

お風呂の入浴剤としてもぴったりなんです。

 

殺菌力が強いユーカリは、ドイツでは、風邪(カゼ)の引き始めには

特に効果が高いとされていますので、適温を守って長湯をせずに

入浴すれば、風邪(カゼ)を撃退する効果も期待できるグッズですよ。

 

 

風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーでは吸水タオルがおすすめ!


風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーで特に注意したい湯冷めは

体調悪化の原因にもなりかねませんので、入浴後は体や髪を

シッカリと乾かして暖かくしておくよう心掛けるのが大切ですね。

 

上記の超吸水スポーツタオル

水や汗に触れると瞬時に吸収する圧倒的な吸水力のアイテムで

お風呂上がりの身体や髪の毛をしっかりと乾かしたい時には

重宝すること間違いなしのおすすめのグッズとなっています。

 

濡れてしまっても絞れば何度でも吸水力が復活して

繰り返し使える優れものの吸水タオルは、

ソフトな肌触りで使い心地も良好なアイテムなので

幅広いシーンで活用する事ができ大変おすすめですよ。。

 

この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

 

<関連記事>

雨の日は風邪に注意!雨に濡れた時に風邪を予防する方法は?

おまたカイロの効果ややり方、通販のおすすめなカイロもご紹介!

入浴剤のおすすめランキング!肩こりやダイエットに人気なのは?

ヒーターのおすすめ!一人暮らしや赤ちゃん幼児向けの人気や電気代は?

花粉症対策のグッズランキング!目や鼻が辛い方に人気なのは?

美人になるマスクランキング!人気な通販の女性用マスクは?

 

という事で、風邪(カゼ)の時のお風呂やシャワーについて

風邪(カゼ)を悪化させずに早く治すのに効果的な入浴の方法や

注意すべきポイント等を詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか。

 

尚、風邪(カゼ)の症状や体調をしっかり見極めて適切に判断し

注意事項を守れば、メリットも多いお風呂やシャワーですが

判断を誤ると体調を悪化させる原因にもなりかねず危険なので

ぜひ慎重に判断して安全な入浴を心がけて下さいね。

 

以上『風邪(カゼ)の時にお風呂やシャワーっていいの?早く治す方法とは?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑