*

秋の虫の種類って?鳴き声や虫刺されで痛い時や腫れる時って?

皆さんは秋の虫ってご存知ですか?

 

たしかにを感じさせる風流な昆虫たちもいますが、

中には刺されると痛くなったり腫れてしまうような、

害を及ぼす虫も秋に生息しているので注意が必要です。

 

そこで、本記事で秋の鳴き声が特徴的な虫や、

刺されると痛みや腫れが生まれる虫をご紹介します。

 

ぜひ、秋の過ごし方の参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

 


秋の虫の種類や鳴き声1

●鈴虫


参照元:http://blog-imgs-56.fc2.com

秋の虫の代表格で童謡「虫の声」に登場する鈴虫

 

きっと虫嫌いの人でさえ、

一度は名前くらいは聞いたことがあるはず。

 

バッタ目コオロギ科の種類の昆虫で、

生きている途中で羽が二枚落ちてしまうために、

昆虫の種類としては珍しく、

羽が重なった姿がハート型に見えてロマンチック。

 

リーンリーンという鳴き声が実に癒され、

秋の風物詩としても有名ですね。

 



参照元URL:https://youtu.be/0mNO54fXkoI

現在は、古くから飼育もされているだけでなく

ペットショップでもよく売られています。

 

体長はだいたい2cm前後。

 

頭部は小さいので、

羽が目立つという印象の強い昆虫です。

 

虫が好きでを感じたいという方は、

ペットショップ鈴虫を入手し、

飼ってみるというのも風流ですよ。

 

 


秋の虫の種類や鳴き声2

●コオロギ


参照元URL:https://encrypted-tbn0.gstatic.com

コオロギもよく耳にする秋の虫の種類の一つですよね。

 

日本ではコオロギ科コオロギ亜科種類に分類される昆虫。

 

同系統の種類の秋の虫として、

エンマコオロギオカメコオロギなどの、

メジャーなコオロギもたくさんいるので、

ある種、鈴虫よりもかなり有名です。

 

鳴き声は、同じコオロギでも種類によって異なります。

 

エンマコオロギなら「コロコロコロ」と、

ミツカドコオロギなら「リッリッリッ」と鳴きます。

 



参照元URL:https://youtu.be/5rvzyGbLEkM

このように種類によっても鳴き声が変わるのが、

コオロギの鳴き声の大きな特徴。

 

いずれにしてもリズミカルに鳴くので、

非常に聞いてて気持ちよく感じます。

 

だからこそ鈴虫同様、

秋の風物詩として有名なのでしょうね。

 


秋の虫の種類や鳴き声3

●キリギリス


参照元URL:http://mushinone.sakura.ne.jp

イソップ童話「アリとキリギリス」にも登場するキリギリスは、

バッタと同系統の種類の秋の虫としておなじみですよね。

 

「アリとキリギリス」では、

とにかく遊んでばかりの怠け者というか、

かなりチャラい印象がありますが、

決してチャラくて怠けている虫ではありません。

 

前足についているを利用し、

草むらに生息する昆虫を捕食し生活する結構獰猛な昆虫なのです。

 

鳴き声は、基本的には「ギー」という音を

伸ばしたような鳴き声ですが、

たまに、ギーッチョンとかチョン・ギースといった感じで

変化球的な鳴き声になることもあります。

 



参照元URL:https://youtu.be/xXD1croVjHc

コオロギや鈴虫とは異なり、

ロマンチックさはありませんが、

秋の風流は十分感じられる鳴き声ではあります。

 

体型は約2.5cm~4cmとそれほど大きくないものの、

先程おお話したとおり獰猛な昆虫なので、

基本的に飼うのは難しく初心者向きではありません

 

もちろん飼うことは可能ですが、

獰猛と言いながらもキリギリスは臆病者で、

人前にはあまり姿を現さないように行動します。

 

鳴き声ですら人が近づくと

ピタリと泣き止んでしまうのです。

 

それだけに、虫のことに詳しくない方は、

ネットなどでキリギリスの鳴き声を聴きながら、

を感じることをおすすめします。

 

 


秋の虫の種類や鳴き声4

●松虫


参照元URL:http://img-cdn.jg.jugem.jp

誰もが一度はその名を聞いたことがるほど、

実に有名な秋の虫として知られる松虫

 

体型は鈴虫を少しスマートにしながら

少し長くしたかんじです。

 

ただ、何よりも松虫はすばしっこい秋の虫なので、

非常に見つかりにくく飼うとなるとさすがに大変です。

 

さて、肝心の鳴き声は、

「チリチリチリチリッ」というような鳴き声をします。

 



参照元URL:https://youtu.be/lRsIl8Jmjh8

童謡「虫の声」の歌詞として出て来る「チンチロリン」という表現は、

童謡としてわかりやすく表現しているだけです。

 

実際は感じ方にもよりますが、

多少似ている印象があるとしても、

全然違うことを理解しましょうね。

 

 


秋の虫の種類や鳴き声5

●ウマオイ


参照元URL:http://sorairo-net.com

ウマオイってマイナーな虫のイメージが強く、

その名を知らない方も多いですが、

童謡「虫の声」にもちゃんと登場している

秋を代表とする虫なんです。

 

種類としては、バッタ目キリギリス科に属し、

体長はだいたい3cm前後

 

バッタに似たような格好をしながら、

普段畑や林などに生息しています

 

鳴き声は、「スイッチョン」と鳴き、

コオロギや鈴虫と比較するとかなり地味に聞こえます。

 



参照元URL:https://youtu.be/TsxUGdDfzNs

しかしその地味さが風流で良いと、

多くの方たちが秋の虫の一つの種類として支持しています。

 

一見地味だけど良い味出している

いぶし銀のような種類の秋の虫。

 

それがウマオイの最大の魅力なのです。

 

 


秋の虫の種類や鳴き声6

●クツワムシ


参照元URL:http://www.odd.jp

キリギリスやウマオイと同系統の種類の秋の虫で、

より葉っぱのような外見を持つ虫がクツワムシです。

 

同じバッタ目キリギリス科の秋の虫でありながらも、

大きな羽を持っていて体長が大きいところが特徴。

 

夜行性の昆虫で開けた場所をあまり好まず。

また、外的からは保護色である葉っぱに扮して身を守り

かなり目立たない存在という印象が強いですね。

 

実際に、昼間に草木の間ではあまり見かけられませんが、

などのクズ葉などを養分としながらひっそり生息しています。

 

鳴き声は、「ガチャガチャ」という鳴き声を発し、

若干うるさく聴こえますが、

そこがまた秋の訪れを感じさせてくれるので

人気も非常に高いです。

 



参照元URL:https://youtu.be/lt2d3IOmWng

なかなかお目にかかれない秋の虫なので、

ネットなどで検索してクツワムシの鳴き声を聴きながら、

秋の訪れを感じてみるのも風流ですよ。

 

 


秋の虫刺されに多い虫の種類は?

鈴虫やコオロギなど、

秋の虫の鳴き声を聴いてを感じるのは実に風流です。

 

しかし、冒頭にもお話したように、

秋の虫の中には人体に被害を与える虫も数多くいます。

 

では、早速その虫達を2系統に分けてご紹介していきます。

 

秋の虫刺されで痛い時は?


参照元URL:https://rr.img.naver.jp

秋に多い虫で虫刺されにより

痛みが発するために気をつけてほしい虫はブヨ・ハチの2種類。

 

特にこれらの虫は、

刺されたら痛みを発するだけでなく、

場合によってはアナフィラキシーショックに罹り、

を招いてしまうこともあるので要注意です。

 

基本近づかないことが大前提ですが、

もし刺されたらステロイド系の外用薬を塗るなど

必ず応急処置してください。

 

それでも症状が改善しない場合は、

すぐに病院に駆け込んで

医師に診断してもらいましょう。

 

また、ブヨ・ハチほどではないとしても、

秋も活動する危険な虫として、

ムカデヒアリを挙げておきます。

 

ムカデは主に5月~8月に発生が多い虫ですが、

も少なからず生息し人体に悪影響を及ぼします

 

気を抜いて刺されてしまったら、

一気に痛みが走りますので、

くれぐれも刺されないように気をつけましょう。

 

また、ヒアリに関しては、

すでにニュースで話題になっている通り。

 

刺されてしまうとやけどのような痛みが発症します。

 

さらに痛みだけでなく死が訪れる場合もあるので、

くれぐれもアリだからといって

安易に近づかないように気をつけましょう。

 

 

秋の虫刺されで腫れる時は?


参照元URL:https://lh6.googleusercontent.com

ブヨ・ハチ・ムカデ・ヒアリも刺されたら腫れますが、

これらの虫に刺された場合、

先ほどお話したとおり痛みが発症するのですぐ気づけます。

 

しかし、同じ刺されて炎症を起こし腫れてしまうのに

痛みが発しないために気づけない虫も結構いるのです。

 

その代表が、蚊・ダニ・ノミ・ハネカクシの4種類です。

 

特になどは夏の虫というイメージが強いですが、

意外とになって増える虫も言われているので注意が必要です。

 

夏場を過ぎて秋の行楽シーズンになった途端に気が緩み、

気がついたら

虫に刺されて肌が腫れ上がったなんてこともありますので、

虫除けスプレー炎症を抑える塗り薬などを用いて、

しっかり対策を取りましょうね。

 

この記事を読まれた方は、

こちらの記事も参考にしてみてください。

<関連記事>

紅葉デートの服装やファッションのコーデは?関東や関西のおすすめも!

10月は京都府へ旅行!気温や服装、観光におすすめなスポットは?

秋にするデートでカップルから人気のあるスポットをランキングでご紹介!

月見のイベントは関西へ!2017年の人気スポットやおすすめの持ち物は?

秋の海外旅行の人気ランキング!おすすめな都市は?

 

秋の虫は季節の訪れを感じさせ、

実に風流で癒やし効果をも与えてくれます。

 

そのために秋の行楽シーズン

森林を訪れてを感じる方も多いですが、

秋の虫の中には危険な虫もたくさんいます。

 

決して安易な気持ちで近づかないように、

くれぐれも虫刺されには気をつけましょうね。

 

以上『秋の虫の種類って?鳴き声や虫刺されで痛い時や腫れる時って?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑