*

スーツケースの選び方!国内や海外の旅行や出張におすすめなのは?

出張などのビジネストラベルからプライベートのバカンスまで

旅行の必需品といえば何といってもスーツケースですが

サイズや素材、デザイン、ブランド等、無数に存在していて

選び方のポイントが分からず迷ってしまう事がありますよね。

 

とはいえ、一回買えばかなりの期間、愛用することになる

旅のお供のスーツケースなので、選び方のポイントをしっかり押さえ

自分のニーズに合った品をゲットしたいものです。

 

という事で今回は、スーツケースの選び方について

色々な種類のスーツケースのメリットやデメリットにも触れつつ

いかにして失敗しないスーツケースを選ぶかというコツについて

詳しくご紹介致しますので、参考にしてみて下さいね。

Sponsored Link

 


スーツケースの選び方のポイントは?


参照元URL:http://01.gatag.net/

スーツケースの選び方では、デザインやブランドといった

個人の好み以外にも押さえておきたい重要な要素がいくつかあり

どこを見て買うべきかという選び方のポイントについては

ぜひ購入前に押さえておくのがおすすめです。

 

大きく分けてスーツケースの選び方では、

1.スーツケースの大きさ

2.スーツケースの素材

3.スーツケースの機能

の3つが重要なポイントになると言われていて

それぞれの要素のメリット、デメリットや自分のニーズなどを

よく検討して最適のスーツケースを選ぶことが肝心なんです。

 

とはいえ、スーツケースを選ぶ時には

上記3つのポイントを押さえて選ぶことが大切だといわれても

具体的にそれぞれのポイントがどういう事を意味しているのか

漠然としすぎていて、実際よくわかりませんよね。

 

という事で、引き続きそれぞれのポイントについて

詳しくご紹介して参りますので、スーツケースの選び方の

予備知識として、ぜひお役立てくださいね。

 

 


スーツケースのサイズの選び方のコツは?


参照元URL:http://guam旅行記.com/

スーツケースのサイズの選び方では

空港のチェックインカウンターで預けるスーツケース

飛行機の機内持ち込み可能なサイズかがまず一つのポイント。

 

飛行機に持ち込めるスーツケースのサイズは

客席が100席以上の飛行機は55×40×25㎝(3辺の合計が115㎝以内)

100席未満では45㎝×35×20㎝(3辺の合計が100㎝以内)

との規則があるのでぜひ覚えておいてください。

 

機内に持ち込める小さなスーツケースは何かと重宝する事が多く

短期の国内旅行にスーツケースをよく使う方は勿論

国際線のトランジットの空港でショッピングを楽しまれる方等も

メリットの大きいサイズですよ。

 

次に、中~長期の旅行用の中~大型のスーツケースの選び方

宿泊日数×スーツケースを使う方の人数×10L

が凡その大きさの目安となり、

例えば、1人で5泊の旅行に使うなら50~60L位のサイズ

2人で4泊の旅行なら大体80~90L位のサイズ

という風にざっくりと計算することが可能なんです。

 

尚、体格の良い男性の方が小柄な女性より大きなサイズが必要

というのはスーツケースの選び方ではよく言われる事ですが

冬服か夏服か、お土産用のスペースの必要性など様々な要素で

相応しいサイズが変わってくるので要注意ですよ。

 

Sponsored Link

 


スーツケースの素材の選び方のコツは?

ところで、スーツケースの素材は大きく分けて

ソフトとハードがあり、それぞれメリット、デメリットがあります。

 

耐久性の面では双方、それ程大きな違いはありませんが、

スーツケースの選び方で失敗しないためにも

以下にご紹介するそれぞれの特徴を押さえておくといいですよ。

 

●ハードスーツケースのメリットとデメリット


参照元URL:http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/

ハードケースはプラスチックやアルミニウム等の固い素材でできた

スーツケースの事で、このタイプの一番のメリットは中の荷物に

衝撃が伝わりにくいという点です。

 

また、耐水性が高いのでスーツケースの積み下ろし時の雨や

飛行高度が高い長距離フライトで結露等が発生した場合にも

中の荷物にまで影響がでないので安心ですよ。

 

一方、ハードケースのデメリットは、

一度閉じてしまうとスーツケースの開閉が面倒な事や

両開きなので一定のスペースがないと開けづらいという点、

そして手荒に扱われると傷やくぼみが付きやすい点です。

 

 

●ソフトスーツケースのメリットとデメリット


参照元URL:http://goods.tabiris.com/

続いて布製のスーツケース、いわゆるソフトケースですが

何といっても開閉の手軽さがこのタイプの最大のメリットで

フタの外側にポケットがついているデザインも多いので

ちょっとした荷物の出し入れに手間取ることがないのが魅力。

 

ですが、衝撃の伝わり易さでは布製のスーツケースは

やはりハードタイプにはかなり劣っていて

特に荷物の扱いが荒っぽい外国の空港を利用した際には

お土産のクッキーやチョコが粉々になってしまった経験もあります。

 

またソフトケースは鍵無しのものも多いという点や

耐水性がイマイチなのもデメリットですが、

個人的には、機内持ち込みするスーツケースなら

デメリットよりメリットの方が大きいと感じる事が多いですよ。

 

 


スーツケースの機能の選び方のポイントとは?

続いてはスーツケースの機能面での選び方のですが

パーツごとにポイントがあって、使い勝手の良し悪しにも

かなり関わってきますので要注意ですよ。

 

という事で、スーツケースの各パーツのチェック点にフォーカスし

ご紹介致しますので、選び方のポイントにお役立てくださいね。

 

●スーツケースの開閉方法の選び方

先ずはスーツケースの開閉の仕方の違いですが

これはファスナータイプフレームタイプの二種類があり

双方メリット、デメリットがあるので選び方の参考になさって下さい。

 

ファスナータイプ


参照元URL:https://store.arukikata.co.jp/

ファスナータイプのメリットは、スーツケースを少しだけ開け

荷物が手軽に出し入れできる点で手荷物にするならメリットが大です。

 

但し、強度面ではやはりフレームタイプに劣りますので

大型のスーツケースの選び方では多少デメリットでもありますが

お手頃な価格展開が多いというのも魅力ですね。

 

フレームタイプ


参照元URL:https://www.kawanobag.com/

パカっと全面を開けるフレームタイプのスーツケースは

強度が高く衝撃に強いのが魅力ですが、中の荷物を取り出す場合

フタを全開するしかなく手間取るのがデメリットと言えます。

 

とはいえ、特に大型のスーツケースの選び方では

強度は重視すべきポイントなので

フレームタイプは中~大型のスーツケースでは特におすすめですよ。

 

 

●スーツケースのロックの選び方


参照元URL:http://2.bp.blogspot.com/

スーツケースの鍵の選び方ですが、

結構トラブルが起きやすいパーツなのでスムーズに施錠解錠が

できるかどうかというのは、まず要チェックのポイントです。

 

また、アメリカ行きのフライトでは、テロ対策の一環で

TSAロックというタイプ以外のスーツケースは施錠できないので

アメリカに渡航される場合は特に注意が必要ですね。

 

但し、中にはTSAロックでも施錠不可のフライトもあるようなので

基本的に破損紛失して困る貴重品は極力手荷物にする

という方法が一番安全ともいえます。

 

また、国内便、アメリカ行き以外の国際便では

スーツケースの施錠は通常問題なくできますのでご安心下さい。

 

 

●スーツケースの車輪(キャスター)の選び方


参照元URL:http://koubin.co.jp/

スーツケースの中で最も消耗が激しいパーツの車輪は

かなりの確率で最初にガタが来ますので選び方も要注意です。

 

当然といえば当然ですが、引いて動きがスムーズでない物や

取り付けが見るからにちゃちな物は最初から避ける方が無難。

 

また、大半のスーツケースは4輪ですがたまに2輪もあり

2輪はバランスが悪い物が多くて移動の際に使いづらいので

選び方では特に気を付けてチェックしたいポイントですよ。

 

 

●スーツケースの持ち手(ハンドル)の選び方


参照元URL:http://studio-et.com/

スーツケースの持ち手の部分も結構壊れやすい部分

最悪、壊れたとしても使い続けられるパーツではありますが

やはり選び方では品質をチェックしておきたいポイントです。

 

また、中にはスーツケースでは持ち手の長さが

自在に調節できるタイプもあり、スーツケースを持っての移動が

多い場合には特に重宝する機能でおすすめですよ。

 

Sponsored Link

 


おすすめのスーツケースのブランドやアイテムをご紹介!

という事で、スーツケースの選び方のポイントについて

サイズや素材、各パーツの機能などに分けて詳しく見てきましたが

具体的なおすすめのアイテムもご提案しておきたいと思います。

 

こちらでは、品質、機能面で特に評価の高いブランドのスーツケースを

セレクトしてご紹介いたしますので、参考になさって下さいね。

 

おすすめのスーツケース1

スーツケースの世界シェアナンバーワンを誇るサムソナイト

高い品質や機能性では定評のあるアメリカの老舗ブランドなので、

選び方に迷った際にはチョイスして間違いのないブランドですよ。

 

上記のサムソナイトのピナートスピナー67

トロピカルな雰囲気のリーフのデザインがエンボス加工された

おしゃれなアイテムで3~5泊程度の旅行にぴったりの

おすすめのスーツケースとなっております。

 

軽量化されたホイールや調節可能なトップハンドルなど

デザインだけでなく使いやすさにも拘った機能的なスーツケース

バカンス気分を一層盛り上げてくれる素敵な旅のお供ですよ。

 

 

おすすめのスーツケース2

ハイクオリティのスーツケースの代名詞であるリモワ

アルミニウム素材の高い強度と洗練されたデザインが人気で

所有者と共に旅を重ね育てていける一生もののスーツケースを

お探しの方には最適のブランドです。

 

上記のリモワトパーズプレミアム86L

シャンパンゴールドのボディとお馴染みの縦のリブ柄が

高級感のある人気の大型のスーツケースとなっております。

 

ドイツの老舗ブランドの高性能のスーツケースは

1週間以上の旅行や二人以上でスーツケースを共用する場合にも

最適のサイズで、TSAロック機能付きの逸品なので

アメリカ旅行の場合にも大変おすすめのモデルなんです。

 

尚、リモアのトパーズのシリーズは

大型のスーツケースの他、小~中型のサイズ展開もありますので

それぞれのニーズに合ったサイズの選び方ができますよ。

 

 

おすすめのスーツケース3

日本の老舗スーツケースメーカーのエースが手掛ける

プロテカのシリーズは機能性、品質性の高さでは定評があり

後悔しないスーツケースの選び方をしたい場合には

失敗する確率が極めて低いおすすめのブランドです。

 

上記のプロテカ360ソフト34Lは、

機内持ち込みサイズの小型のソフトスーツケースで、

360℃どこからでも開閉可能

画期的なデザインで、貴重品の持ち運びには最適なので

国内旅行や海外旅行で手荷物として持ち歩くにもぴったりですよ。

 

また、ソフトケースの欠点である耐水性の低さを

PVC加工の素材を採用する事により強化したスーツケースなので

使いやすさに拘りたいという機動力面重視の方には最適の

モデルとなっております。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

雪国での服装は?旅行するファッションの注意点やおすすめは?

春の海外旅行の人気ランキング!おすすめな都市はグアムやタヒチ?

春の旅行でおすすめな国内のスポット!カップルや家族からの人気は?

夏の旅行でおすすめな国内のスポット!カップルや家族からの人気は?

夏の海外旅行の人気ランキング!おすすめな都市は香港やホノルル?

秋の旅行でおすすめな国内のスポット!カップルや家族からの人気は?

秋の海外旅行の人気ランキング!おすすめな都市は?

冬の旅行でおすすめな国内のスポット!カップルや家族からの人気は?

冬の海外旅行の人気ランキング!おすすめな都市の過ごし方は?

 

という事で、スーツケースの選び方のポイントについて

要所要所を押さえつつご紹介いたしましたが

皆さん、お求めになりたいタイプは見つけて頂けましたか?

 

スーツケースは通常のカバンよりも耐久年数も長く

一度買えば10年単位で愛用することも可能なアイテムですので

ぜひ選び方もポイントを押さえて、間違いのない逸品を

よく吟味して選んで下さいね。

 

以上『スーツケースの選び方!国内や海外の旅行や出張におすすめなのは?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

4月は北海道へ旅行!気温や服装、観光におすすめなスポットは?

徐々に春が感じられる季節となる4月の北海道は 北上を続ける桜前線

4月の国内旅行におすすめなスポットや周辺施設、特産品や持ち物は?

桜前線が日本列島を北上し本格的な観光シーズンとなる4月は 柔らか

大学生の通学のカバンは?人気ブランドやおすすめを男女別にご紹介!

コーディネートの良しあしを決めるポイントは 小物遣いだとよく言わ

高校生の卒業式の髪型!男の子の人気やおすすめなアイテムは?

一生に一度の高校生の卒業式 小学校や中学校までの卒業式は記憶が薄

4月の海外旅行におすすめな国や観光スポット、物価や気温、治安は?

学校や会社では年度初めとなる4月はイベントの多い月ですが 月末の

→もっと見る

PAGE TOP ↑