*

夏のドライブの曲(音楽)は?2016年のおすすめをランキングでご紹介!

アウトドアレジャーが満喫できる

海や山へドライブに出かけると気分も爽快ですよね。

 

そんな楽しいドライブで欠かせない車内でのBGM

ヒットチャートを賑わわせているトレンドの曲(音楽)セレクトし

夏のドライブをより一層、盛り上げたいですね。

 

そこで今回は、2016年の夏のドライブにぴったりの

爽やかでノリの良い曲(音楽)をご紹介して参りますので

仲良しグループやカップルでの夏のドライブでの

セトリの参考になさって下さいね。

Sponsored Link

 


夏のドライブにおすすめな曲(音楽)ランキング『第10位』

●I Took a Pill in Ibiza (Seeb Remix)― Mike Posner



参照元URL:https://youtu.be/foE1mO2yM04

夏のドライブにおすすめな曲(音楽)まず最初は

最近人気急上昇のアメリカ出身のシンガーソングライター

マイク・ポスナーの「I Took a Pill in Ibiza」です。

 

タイトルに出てくるイビザ島は

地中海に浮かぶヨーロッパ屈指のリゾート地ですが

そこで錠剤(勿論、風邪薬などではありません)を飲んだ

LAに住むクールな人気歌手の『俺』の心情を歌った

どことなく哀愁漂うナンバーなんです。

 

『こんな風に誰を信用していいのかもわからないまま

お前はそんなのはいやだろ?

ステージに縛りつけられて歌を歌って

そこから降りるのもままならなくて

俺が知ってる曲(音楽)は悲しい曲だけだし

俺は悲しい曲(音楽)しか知らないし…』

 

という内容のこちらの曲(音楽)は

成功者だけが知る孤独や虚無感を歌ったもの。

 

因みに、原曲のアコースティックバージョンもいいですが

夏のドライブにはリズム感あるリミックス版のほうが

個人的には絶対におすすめですよ。

 

尚、曲(音楽)の冒頭の歌詞に

『アヴィーチーにクールな所を見せたくて…』

とありますが、彼ら二人は実際に親交があるのだそうですよ。

 

 


夏のドライブにおすすめな曲(音楽)ランキング『第9位』

●Work from Home ― Fifth Harmony Ft. Ty Dolla $ign



参照元URL:https://youtu.be/5GL9JoH4Sws

続いての夏のドライブにおすすめな曲(音楽)は

アメリカ版X FACTORから誕生したフィフスハーモニー

キュートでちょっぴりセクシーな「Work from Home」です。

 

仕事ばかりの彼に家にいてもっと構って欲しい

彼女の言い分がなんとも可愛らしいこの曲(音楽)は

キャッチ―でノリのいいサウンドが夏にぴったりで

ドライブのBGMにもとてもおすすめですよ。

 

『あなたはいつも夜勤ばかり

でも私はこんな一人の夜には耐えられないの

いい訳なんていらない だってあなたが家ではボスだから

仕事なんて行かなくていい けどあなたは仕事仕事

仕事なんていかないで 私の体に仕事させて

ねえ、家で二人で〝仕事″しましょう?』

 

という日本語にするとかなりきわどい歌詞の内容ですが

高いパフォーマンス力とTy Dolla $ignのラップで

カッコよく仕上がったこの夏おすすめの一曲(音楽)です。

 

 


夏のドライブにおすすめな曲(音楽)ランキング『第8位』

●Girls Like ― Tinie Tempah Ft.Zara Larsson



参照元URL:https://youtu.be/OEiva3cMv6k

耳にすっと入りこむリズミカルな曲(音楽)は

夏のドライブのセトリにもぜひ取り入れたいジャンルですが、

英国の人気ラッパーTinie Tempahザラ・ラーソンを起用した

Girls Like」は耳に心地いい夏におすすめのラップソングです。

 

南アフリカで撮影されたPVの雰囲気も夏にぴったりで

何より、そのクレバーな英語の言葉遊びが絶妙なので

特に英語のヒヤリングが得意な方にとっては

思わずニヤリとしてしまうナンバーですよ。

 

『踊れ 踊れ みんな踊れ いくつかのヒット曲といくつかのソロ

それにブリットアワードやMOBOsだって受賞した

俺は〝Pass out”を発表し

みんなはそれに夢中になった

前は俺のポロにダチを乗せて落としてやってたけど

今、俺はダチと一緒にポロにいる

俺ははちみつが作れるから 彼女に最後のロロをあげる

そして俺は勿論言う どんな風になるかわかってるだろって』

 

と和訳すると、イマイチ言葉遊びの醍醐味が

伝わりづらいのが残念なのですが

意味を抜きにしても韻を踏んだサウンドが十分楽しめる

おすすめの夏のドライブの曲(音楽)ですよ。

 

蛇足ですが、♪ゴ~ロ~ゴ~ロ~と聞こえる歌詞は

Go lowで、女性が腰を低くして踊るセクシーなダンスの事。

 

決して転がっているわけではありませんので!!

 

 


夏のドライブにおすすめな曲(音楽)ランキング『第7位』

●No Money ― Galantis



参照元URL:https://youtu.be/xUVz4nRmxn4

さて続いてご紹介する夏のドライブにおすすめな曲(音楽)は、

スウェーデンのEDMの人気デュオであるギャランティス

反イジメソング「No Money」です。

 

音を聴く限りでは軽快でノリもよく、耳にとても心地よい

ドライブにぴったりのこちらの曲(音楽)ですが

そのテーマはイジメとカツアゲなんですよね。

 

『悪いけど お金は持ってないの

ふざけてる訳じゃないけど 全部家においてきたの

私の事なら好きに呼んでいいけど 一ドルだって出さない

今度は逃げないから

私の事は殴ってもいいけど 殴られたって私は立ち上がるから

私の事は何て呼んでもいいけど あんた達には一ドルだってやらない

今度こそ 私は逃げない 逃げない』

 

という結構、重い内容の歌詞なわけですが、

イジメに限らず、自分より強い力に虐げられても屈しない

強い意志が感じられるエネルギーが溢れる曲(音楽)は

聴いていると元気になれるこの夏のおすすめソングです。

 

 


夏のドライブにおすすめな曲(音楽)ランキング『第6位』

●This Is What You Want For ― Calvin Harris Ft. Rihannna



参照元URL:https://youtu.be/Ybo4QvKVHoE

続いてご紹介する夏のドライブにおすすめの曲(音楽)は

多彩な才能を見せるDJカルヴィン・ハリス×歌姫リアーナ

超豪華コラボによる「This Is What You Want For」です。

 

EDMっぽい小気味よいサウンドが

夏のドライブにもぴったりのこの曲(音楽)は

カルヴィンの現在の恋人、テイラー・スウィフトの事を

リアーナが歌う、とてもユニークな切り口のナンバーなんです。

 

『ベイビー あなたはこのためにここに来たんでしょ

彼女が動くたびに 稲妻が落ちる

皆彼女にくぎ付けだけど 彼女はあなたを見ているわ』

 

と世界中が大注目するテイラー・スウィフトを

世界の歌姫であるリアーナが歌うという超豪華な一曲は

耳に残るキャッチ―なメロディと爽快なリズム感

この夏のドライブ向きの人気ナンバーですよ。

 

Sponsored Link

 


夏のドライブにおすすめな曲(音楽)ランキング『第5位』

●Cake by the Ocean ― DNCE



参照元URL:https://youtu.be/vWaRiD5ym74

夏、海、そして美味しそうな女の子達とくれば

世の男性のテンションが無条件にアガるシチュですが

そんなちょっと軽薄な夏にぴったりな曲(音楽)が

DNCEの「Cake by the Ocean」です。

 

若い世代に人気のアメリカのPOP&ROCKバンドDNCE

デビュー曲であるこちらの曲は、ケーキを女の子に例えた

一言でいえばかなりチャラい夏の曲(音楽)!

 

『ねえ返事してよ ベイビー

このゲキ甘の欲望のせいで 俺、どうにかなっちゃいそうなんだ

みんなでハジけて 狂っちゃおうよ

海辺でケーキを食べるまで 俺たちぜってー諦めねえぜ』

 

というチャラすぎる内容のポップで楽しい曲(音楽)は

余りにも悪びれない正直さが逆に清々しくさえあって、

素敵な出会いを求めて夏の海に繰り出される際に

車の中でノリノリで聴くにはピッタリの曲(音楽)ですよ。

 

 


夏のドライブにおすすめな曲(音楽)ランキング『第4位』

●Tears ― Clean Bandit Ft. Louisa Johnson



参照元URL:https://youtu.be/Fm19iLdhoEE

さて次にご紹介する夏のドライブにおすすめな曲(音楽)は

イギリスの人気エレクトロニックグループClean Bandit

2015年版XFactorの勝者ルイーザ・ジョンソンのコラボによる

失恋の曲(音楽)「Tears」です。

 

アカペラの美しい旋律で静かに始まるこの曲(音楽)は

途中からがらりとエレクトロ調に変わるサウンドが

とてもメロディアスで印象的なナンバーです。

 

『私の事を欲しがって貰えるよう すごく頑張ったけど

きっと私たちは一緒にはなれない運命なんだね

たとえこの別れが私を自由にしてくれるとしても

つらい現実が私を絶えず苦しめるの

私の涙は海のように零れ落ち

潮風にのって スローモーションで落ちていく』

 

という王道をいく失恋の曲(音楽)ではありますが

美しいメロディラインとそこに途中から絡む軽快なリズムが

夏のドライブにおすすめのスピード感ある一曲となっております。

 

 


夏のドライブにおすすめな曲(音楽)ランキング『第3位』

●7Years ― Lukas Graham



参照元URL:https://youtu.be/LHCob76kigA

夏のドライブではノリのいい曲(音楽)もいいですが

夕暮れに聴くミディアムテンポのナンバーも外せませんよね。

 

デンマークの4人組のソウルポップバンドLukas Graham

7 Years」は一人の男性の生涯をテーマにした

美しくもそこはかとなく哀愁が漂う曲(音楽)で

この夏、仲の良い男友達でドライブにお出での際には

セトリにぜひ加えて頂きたい心動かされる名曲です。

 

『僕が7歳だったころ、ママは僕に言ったんだ

お友達を作りなさい じゃないと独りぼっちだよって

僕が7歳だったころの事だった…』

 

と『僕』が人生を振り返る形で語られるこの曲(音楽)は

11歳、20歳、30歳、60歳の時の等身大の生き様が

時に繊細に時に力強く歌い上げられた渾身の一曲なんです。

 

特別なことを歌っているわけではないのに

泣きたくなるような切なさと全てを肯定する力強さが

ちょっと泥臭くもあり、それがまたカッコよくもある

個人的には、この夏イチのマスターピースとなっております。

 

 

夏のドライブにおすすめな曲(音楽)ランキング『第2位』

●One Dance ― Drake Ft.Kyla&Wizkd



参照元URL:https://youtu.be/GQBcrPWRVf8

続いてご紹介する夏のドライブにおすすめな曲(音楽)は

最近のヒットチャート常連であるカナダ人ラッパーDrake

イギリス人SSWのKylaとナイジェリア出身のSSW、Wizkid

二人と異色コラボした「One Dance」です。

 

ダンスホールの雰囲気が漂うこの曲(音楽)は

どことなくけだるげに刻まれるアフロビートが

スタイリッシュ&セクシーなおすすめの一曲なんです。

 

『だから俺はダンスを踊るんだ

ヘネシーのグラスを手にもって 帰る前にもう一度

偉大な力に導かれるように もう一度踊らないと

ヘネシーのグラスを手に持ち 帰る前にもう一度だけ…』

 

というダンスがメインテーマとなった内容の

おしゃれな曲(音楽)は、夏の夕方から夜にかけての

ドライブのお供にぴったりの

ムーディーなナンバーとなっております。

 

 


夏のドライブにおすすめな曲(音楽)ランキング『第1位』

●Can’t Stop the Feeling -Justin Timberlake



参照元URL:https://youtu.be/ru0K8uYEZWw

さて最後にご紹介する夏のドライブにぴったりの一曲は

リリースするや否や全米、全英の両チャートを駆け上り、

チャートのNO1に輝いた2016年の夏のヒット曲(音楽)

Justin Timberlake の「Can’t Stop the Feeling」です。

 

どことなく80年代の香り漂うポップでノリの良いサウンドは

その突き抜けるような爽快感が夏にぴったりで

ドライブのBGM に車内でかければ

思わずアクセルを踏み込みたくなる一曲ですよ。

 

『全てがライトに照らし出されて

僕がきみに近づけば 隠れる所なんてどこにもない

僕たちが動けば…ねえ、君だってもうわかってるだろ?

ほら、ちょっと想像してみてよ

きみが踊っていると 君以外、何も見えない

すげえいい気分で 君にこっそり忍び寄る

だから君は そのまま踊ってて

僕が君に何をしても 君はそのまま踊っててよ

誰もすぐには帰らないから 踊り続けよう

この気持ちは止められないんだ だから踊ろうよ』

 

というホットな歌詞の内容のノリのいいダンス曲(音楽)は

夏のドライブで海岸沿いを走る時にはまさにもってこいの

スカッとするイチオシのナンバーとなっております。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

ドライブでは洋楽を!2016年におすすめな洋楽をランキングでご紹介!

手のつなぎ方!デートで手をつなぐタイミングやつなぎたい時はどうする?

車でiPhoneを使いこなすグッズは?音楽機器や充電器が人気?

車で音楽を楽しむおすすめな用品は?iPhoneやiPadと連携する用品は?

車で旅行へ行く際におすすめな持ち物は?必需品や便利グッズは?

 

という事で夏のドライブにおすすめな曲(音楽)の

ベスト10をご紹介してきましたが、

お気に入りの曲(音楽)は見つけていただけましたか?

 

全米、全英のヒットチャートから

夏にぴったりのナンバーを選りすぐって集めていますので

ぜひこの夏の楽しいドライブのお供にお使い下さいね。

 

以上『夏のドライブの曲(音楽)は?2016年のおすすめをランキングでご紹介!』の記事でした。

Sponsored Link

関連記事

離乳食、初期、赤ちゃん、進め方、2

離乳食を初期、中期、後期に分け進め方をご紹介!

赤ちゃんの離乳食の進める初期の時期は、 一般的に月齢5ヶ月からです。  

記事を読む

imgres

二日酔いを治す方法は?飲み物や食べ物、ツボなどの対処法は?

昔から酒は百薬の長とも言われるように 適量のお酒を嗜むのはメリットも多いですが 時には自

記事を読む

初任給 プレゼント 人気 親

初任給は親にプレゼントを!親が喜ぶ人気なプレゼントのご紹介!

社会人になって初めて受け取る初任給。   初任給は正直に言って多くはありません

記事を読む

引っ越し祝い プレゼント ランキング 相場 人気 

引っ越し祝いのプレゼントランキング!相場や人気のプレゼントは?

就職や結婚、或いはマイホームの購入など 人生の節目に引越しはつきものですが、 日頃から親

記事を読む

192

クラシック音楽の名曲ランキング!おすすめな名盤とは?

クラシックは堅苦しい音楽というイメージもあり なんとなく高尚過ぎてとっつきにくい感じなので

記事を読む

スクリーンショット 2015-12-24 18.30.04

誕生日はサプライズなプレゼントを!彼氏や彼女や友達に人気は?

必ず訪れる誕生日。   そんな誕生日に渡すプレゼントは、 毎回何にしよう

記事を読む

銃 種類 ライフル ハンドガン

銃の種類は?ライフルやハンドガンって?

アクション映画やシューティングゲームの中で、 必ず出てくる重要なアイテムといえば銃ですよね。

記事を読む

月 地震 予兆 月が赤い

赤い月は地震の予兆?月が赤い理由やブラッドムーンについて、鑑賞グッズは?

通常、月の色というと、黄色や青白い色といった 和らかな色調のイメージを持つ方も多いでしょうが

記事を読む

友達 仲直り 喧嘩 方法 4

友達と喧嘩した時の仲直りの方法は?メールや手紙がいいの?

何でも忌憚無く言い合える友達の存在は、 人生を豊かにしてくれるかけがえのない財産ですが

記事を読む

009

2017年の干支は?動物の意味や物語、性格の特徴などもご紹介!

年賀状のイラストや生まれ年の干支による運勢など 様々なシチュエーションで身近に目にすることが多

記事を読む

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-04-21-47-29
キャリーバッグの人気ブランドランキング!メンズ、レディースのおすすめは?

旅行や出張には欠かせないキャリーバッグですが 品質が高くおしゃれ

%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%95%e3%80%80%e3%81%8a%e3%81%97%e3%82%83%e3%82%8c%e3%80%80%e5%b7%bb%e3%81%8d%e6%96%b9%e3%80%80%e7%b5%90%e3%81%b2%e3%82%99%e6%96%b9%e3%80%80%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99
スカーフでバッグをおしゃれに!巻き方(結び方)やおすすめブランドは?

毎年、おしゃれの流行は目まぐるしく変わっていきますが 何も新しい

3%e6%9c%88%e3%80%80%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93%e3%80%80%e6%97%85%e8%a1%8c%e3%80%80%e6%b0%97%e6%b8%a9%e3%80%80%e6%9c%8d%e8%a3%85%e3%80%80%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%80%802
3月は北海道へ旅行!気温や服装、観光におすすめなスポットは?

西日本ではそろそろ桜のつぼみもほころび始め 春の到来が色々な形で

swt-587
バレンタインチョコは高級なブランドを!2017年のおすすめは?

バレンタインの主役といえば勿論、 チョコレートな訳ですが、

2054_4
ロイズのバレンタインチョコ!2017年のおすすめや人気は?

クオリティとオリジナリティがコンセプトのロイズは チョコを中心に

→もっと見る

PAGE TOP ↑