*

不倫している妻の行動や現場を目撃した際の対処法をご紹介!

不倫というと、既婚男性×独身女性という組み合わせが

一昔前までは、まず真っ先に思い浮かびましたが

近頃は家庭ある女性の不倫も珍しくないですよね

 

もしあなたが現在、妻の行動に不信を抱いており、

不倫を疑ってるなら、不安な気持ちはあるでしょうが

妻の様子を観察し不倫の真実を確認する必要があります。

 

また、中には、実際に妻の不倫の現場を目撃する

という衝撃的な形で妻の不倫を知る場合もありますが

例えそんな屈辱的な場面に遭遇しても、

あなたが適切に対処することで

その後の展開を優位に進めることができるんです

 

そこで、今回は不倫を疑うべき妻の行動

万が一、妻の不倫を目撃してしまった際の対処法

併せてご紹介いたしますので、ぜひ参考になさって下さいね。

Sponsored Link

 


不倫をしている妻の行動は?

ではまず、妻が不倫をしている場合に

ありがちな行動やそれを見分けるチェック法について

ご紹介していきたいと思います。

 

なんとなく最近、妻の様子がおかしい気がする

と思っている方は、不倫の有無を確かめるためにも

ぜひ、日頃から妻の行動に不審な点がないか

注意深くチェックしてみてくださいね。

 

●妻の不倫は携帯電話をチェック!

不倫 妻 行動 目撃 対処法 1
参照元URL:http://free-photos-ls02.gatag.net/i

もしあなたの妻が不倫をしている場合、

不倫の相手とは頻繁に連絡を取っているはずで

その手段は大抵、携帯電話であることが多いんです。

 

妻に必要以上に携帯を気にする行動が見られれば

頻繁に連絡し合う仲の人物がいる可能性が濃厚で

もし現時点で、不倫の関係にまで発展していなくても

相手が男性なら要注意かもしれません。

 

但し、あなたの妻もバカではありませんから

自分に都合の悪いやり取りを消去したり

携帯のロック機能を使って内容が他人に見られないよう

対策をしている可能性は非常に高いですよね。

 

なので、妻の携帯から直接的な不倫の証拠を

発見できる可能性はそれほど高くないでしょうが

携帯を肌身離さず持つようになった等の行動の変化でも

不倫のサインをうかがうことができますよ。

 

 

●妻の不倫はフリータイムの行動をチェック!

不倫 妻 行動 目撃 対処法 11
参照元URL:http://free-photos-ls04.gatag.net/

あなたの妻が実際に不倫をしているとしたら

不倫の相手と絶対にどこかで密会しているはずなので

妻が一人の時間帯の行動で、空白の時間がないか

という事をよくチェックしてみるのも有効です。

 

妻が専業主婦の場合は、家族のいない昼間の時間帯や

共働きの場合なら終業後から帰宅するまでの間

説明のつかない間があるなら特に要注意なんです。

 

また、これまでは行動のパターンが明らかで

居場所も特定できた妻が、

近ごろなぜか連絡がつきにくいという場合にも、

不倫などの不審な行動が疑われますよね

 

その他、夜間によくコンビニ等に出かける

といったちょっとした行動の変化がある場合でも

その時を狙って不倫の相手との連絡をしている事もあり決して油断できませんよ。

 

 

●妻の不倫はお金の支出をチェック!

不倫 妻 行動 目撃 対処法
参照元URL:http://walletandbill.com

男性の不倫ほどは顕著ではないかもしれませんが

妻の不倫でも支出が多くなるという傾向があるので

最近、不審な行動が見られるなら、

ぜひ妻の懐事情をそれとなくチェックしてみるといいですよ。

 

というのも、不倫の相手とのデート代やホテル代などは

相手の男性が出している可能性も少なくありませんが

不倫相手へのプレゼント自分自身にかけるお金が多くなる

という事も十分に考えられるからなんです。

 

また、妻の不倫の相手が年下の男性だったりすると

相手に金品を貢ぐという行動をしていることもあり、

最悪、夫婦の貯蓄などを切り崩して散財している

なんてことも100%ないとは言い切れません

 

不倫という裏切り自体、勿論許されない事ですが、

それに加えて金銭的な被害もあれば絶対に見過ごせませんので

妻の行動が怪しい場合はくれぐれも注意してくださいね。

 

 

●妻の不倫は夫婦の会話内容をチェック!

不倫 妻 行動 目撃 対処法 2
参照元URL:http://magazine-uploads.s3.amazonaws.com/

女性が不倫に走る場合、男性と決定的に違うのは

男性は浮気は浮気と割り切れる人が多いのに比べ

女性は浮気が本気になってしまう率が高い事なんです

 

なので、もし妻の不倫が現在、進行中だとすると

夫であるあなたへの愛情や関心が劇的に薄れていて

少し注意すれば、それが態度や行動にも表れている事に気づくかもしれませんね。

 

最近、妻との会話が少ない、

異性として見られていないと感じている方は、

特に危険信号なので普段から妻の様子に何かおかしなところがないか、

また、あなたに嫌悪を抱いている素振りはないかなど

注意深く観察してみてください。

 

また、妻が不倫の相手と関係を持っているなら

あなたとのスキンシップを頑なに拒む傾向もあるので

そういう行動からも不倫の有無をうかがえますよ。

 

 

●妻の不倫はをファッションや身だしなみをチェック!

不倫 妻 行動 目撃 対処法 3
参照元URL:http://free-photos-ls04.gatag.net/

これは男女を問わず、ある程度当てはまる事ですが

不倫や浮気など新しい恋愛対象ができると

人は、普段より身だしなみやファッションに気を遣うという行動をとりがちなんです

 

単に、おしゃれになったというだけでは

それを速、不倫と結びつけるのは早計でしょうが

他にも妻の行動に不審な点がある場合には

もっと詳しく行動を探る方がよいかもしれません。

 

実際に浮気の現場を押さえることは難しいでしょうが

ある程度、確信が持てれば専門家に依頼するなどして

証拠をつかみ、話し合いを持つこともできますよね。

 

妻と離婚するにしろ、やり直すにしろ、

不倫されっぱなしで裏切られたままでは堪らないので

奥様が最近、急にオシャレになったり若作りしていないか

それとなく観察してみるといいですよ。

 

 

●妻の不倫は家事や家族への関心をチェック!

不倫 妻 行動 目撃 対処法 4
参照元URL:http://free-illustrations-ls01.gatag.net/

恋愛において、

女性は男性に比べ精神的な比重が大きいとよく言われていますが、

これは不倫でも同様なので

最近、妻が家事や家族への関心が低くなっている時も注意が必要なんです。

 

以前は綺麗好きで料理が得意だった妻が

最近、明らかに掃除も料理も手抜きをしていて

他に関心が向いてる場合、

それが不倫である可能性も否定できませんよね。

 

勿論、純粋に忙しかったり、

趣味等に入れ込んでいるだけという事も考えられますが、

不倫の相手に関心が向いて

ほかのことがおざなりになっている事もあり得ます。

 

但し、妻のそういった行動が目についたとしても

その事を強く叱責したりするのは逆効果ですので

その理由が不倫にあるのか他の理由があるのかを

先に探りを入れてから善後策を立てる方がいいですよ。

 

 

●妻の不倫は勤務の状況をチェック!

不倫 妻 行動 目撃 対処法 5
参照元URL:http://cdn2.mynvwm.com/

もしあなたの妻が仕事を持っている場合、

不倫の隠れ蓑に仕事を使っている可能性は高く

本当はしていない残業や休日出勤などを口実に

不倫の相手と会っている可能性も否定できないんです。

 

自分の妻を疑うのはいい気はしないでしょうが

最近、残業や休日出勤、または出張など目に見えて多く

他にも不審な行動が見受けられる場合には

一度、不倫を疑って探りを入れてみてもいいでしょう。

 

例えば、休日出勤で妻が家を空けている時、

会社に電話をしてみるだけでも、

彼女の所在が簡単に確かめられますよね。

 

職業によっては確認がとりづらい事もあるでしょうが

もし妻の同僚に面識があり、話ができる間柄なら

それとなく仕事の状況などを尋ねてみるのもいい手ですよ。

 

Sponsored Link

 


妻の不倫現場を目撃した際の対処法は?

という事で、先ずは妻の不倫が疑わしいときの行動や

不倫を確かめるのに有効なチェックポイントを見てきましたが

引き続いて、運悪く妻の不倫の現場に出くわしてしまった際の対処法についてもご紹介しておきましょう。

 

一度は人生のパートナーとして選んだ妻が

自分を裏切り不倫をしている現場を目撃してしまうのは

大変、不幸な出来事ですが、

だからこそ上手に対処し

その後、自分の優位な展開に持っていくのが肝心ですよ

 

妻の不倫現場を目撃した際は冷静な対処を!

不倫 妻 行動 目撃 対処法 6
参照元URL:http://www.renaibanzai.com/

妻の不倫の現場を万一目の当たりにした場合、

恐らくあなたの動揺も並大抵ではないと予想されますが

だからこそ、自分の感情を制御して感情的にならない事がとても大切になります。

 

勿論、その現場にそのまま踏み込んでいき、

妻とその不倫の相手と直接対峙することも可能ですが、

不倫の相手に面識がなければ危険な人間かもしれず

不用意に出ていくのは賢い判断ではないですよ。

 

何処でどんな状況で不倫の現場を見たかにもよりますが

可能な限り冷静なって、二人との直接対峙するか

一度、その場を離れてた後で、

再度、妻と対峙するかをよく考えて行動するようにしてください。

 

不倫の末、刃傷沙汰などになっては目も当てられないので

いくら言い逃れのできない現場に遭遇しても

軽率な行動は控えた方が安全だと覚えておいてください

 

 

妻の不倫現場を目撃した際は証拠固めを!

不倫 妻 行動 目撃 対処法 7
参照元URL:http://www.trusteye-saitama.com/

もし妻の不倫の現場を目撃したとしても

あなたの証言だけでは離婚訴訟等に発展した場合

不倫の証拠として採用されませんので、

確固たる証拠が必要になります

 

妻を欺くようで良い気分ではないでしょうが

不倫の現場に遭遇したあなたの精神的な痛手も

相当なものでしょうから、不倫の証拠となる

写真や録音テープなどの物的証拠を手に入れることがとても大切になります。

 

いよいよ離婚となった場合でも、妻の不倫が原因なら

自分の優位に離婚条件等も決めることができますので

長い目で見て、自分の受ける被害が最小になるよう

ぜひ、賢い判断をして頂きたいと思います。

 

 

妻の不倫現場を目撃した際は話し合いを!

不倫 妻 行動 目撃 対処法 8
参照元URL:https://www.fruitvalefilm.com/

妻の不倫の現場に遭遇してしまった場合、

どう決着をつけるにしろ、有耶無耶にはできないので

二人で話し合いの機会を持つことが大切になります。

 

妻が不倫をしたという事実に直面すれば

恐らくあなたも平静ではいられないでしょうから

彼女とすぐに話し合っても冷静な対応はできない可能性が大きいですよね。

 

勿論、不倫の現場を見てしまったあなたにしてみれば

妻を攻める気持ちがあるのは当然ですが、

ただ相手を叱責するだけでは何の解決にもならないので

不倫の理由も含め、妻の話にも耳を傾ける姿勢は大切です。

 

離婚という事になるにしても、どのような条件で別れるか、

もし子供がいる場合はどちらが引き取るかなど

話し合いなくしては解決しない事柄はたくさんあるので、

自分も妻も冷静に話せる機会をできるだけ早く見つけ

今後の身の振り方について議論する必要がありますよ。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

彼女と別れたい彼氏必見!綺麗に別れる方法や切り出し方は?

彼女と別れたくない彼氏必見!上手く説得する方法をご紹介!

彼女と喧嘩した時の仲直りの方法は?彼氏はメールやプレゼントを?

復縁を成功させる方法は?失恋した彼氏、彼女は必見です!

失恋から立ち直る方法は?失恋ソングや名言は?おすすめな立ち直り方は?

既婚者の男性が浮気や恋愛をする心理は?関係をもった際には?

 

という事で、妻の不倫を疑う場合の不審な行動や

不倫の事実をチェックする判断ポイント、

そして、実際、妻の不倫の現場を目撃した場合の対処法等

詳しく見てきましたが、いかがでしたか?

 

信じていた相手に裏切られるというのは

どんな理由があるにせよとても悲しくつらい事ですが、

現実に背を向けていては何も解決しないというのも事実ですよね。

 

なので、万が一、奥様が不倫をしている事実を突き止めた場合は

せめて、自分に降りかかる損害が最小限に抑えられるような

堅実な判断と行動をなさって下さいね。

 

以上『不倫している妻の行動や現場を目撃した際の対処法をご紹介!』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

大学生の通学のカバンは?人気ブランドやおすすめを男女別にご紹介!

コーディネートの良しあしを決めるポイントは 小物遣いだとよく言わ

高校生の卒業式の髪型!男の子の人気やおすすめなアイテムは?

一生に一度の高校生の卒業式 小学校や中学校までの卒業式は記憶が薄

4月の海外旅行におすすめな国や観光スポット、物価や気温、治安は?

学校や会社では年度初めとなる4月はイベントの多い月ですが 月末の

3月の国内旅行におすすめなスポットや周辺施設、特産品や持ち物は?

寒さが和らぎ、春の訪れが実感できるようになる3月は 日脚も長くな

3月の海外旅行におすすめな国や観光スポット、物価や気温、治安は?

日本では各地で春の訪れが感じられるようになる3月は 学生なら春休

→もっと見る

PAGE TOP ↑