*

ドレスコードがカジュアルな場合は?女性におすすめな服装とは?

カジュアルな服装というと普段着のラフな格好

というイメージを思い浮かべる方が多いでしょうが

ドレスコードがカジュアルという場合は少し勝手が違うため

特に女性は、服装のチョイスでは注意が必要なんです。

 

フォーマル、セミフォーマル、カジュアルという風に、

ドレスコードとしては一番、格式が下の装いのカジュアルですが

ドレスコードがある事自体、多少、改まった場所を意味するため

Tシャツにジーンズ等の本当の普段着は勿論NGの服装です。

 

余り格式張らない少し余所行きのおしゃれ着の路線なら

基本的には間違いないカジュアルのドレスコードですが

実際、どんな女性の服装が相応しいか難しい点もありますよね。

 

という事で今回は、ドレスコードがカジュアルな場合の

女性におすすめな服装を具体的にご提案致しますので

ぜひ、ドレスコートでお悩みになった際にお役立てください。

Sponsored Links

 


ドレスコードがカジュアルな場合におすすめな女性の服装1


ドレスコードがカジュアルの場合の女性の服装は

エレガントできれいめなテイストであれば特に問題ない訳ですが

悩まれた際には、比較的おとなしい雰囲気のワンピースなら

堅苦しすぎずラフすぎず、最も無難なチョイスですよ。

 

上記のシフォン地のミディアム丈のワンピース

ウエスト切り替えで程よくカジュアルなデザインですが

露出度も控えめでエレガントな雰囲気のワンピースなので

ドレスコードがある場面にも相応しいおすすめの服装です。

 

襟元とスカートのフラワープリントがフェミニンな雰囲気の

上品なワンピースは、ウエストのリボンで腰の位置が高くみえ

スタイルアップ効果もある優秀ワンピとなっていますので

ちょっとしたお出かけ着として幅広く活用できますよ。

 

上からカーディガンやショールを羽織れば春先から秋口まで

3シーズンお召し頂けるロマンチックな雰囲気のワンピースは

ドレスコードがカジュアルで迷われた際には特におすすめの

大きく外さない女性の服装となっています。

 

 


ドレスコードがカジュアルな場合におすすめな女性の服装2


ドレスコードの中でも一番、格式張らないカジュアルの服装では

フォーマルと違いチェックやボーダーといった柄物のアイテム

ドレスコードには引っかからないため問題なくお召しになれます。

 

上記のテーラードカラーのチェックワンピース

テーラードカラーがスタイリッシュな雰囲気のワンピースで

落ち着いた色合いなので秋冬のカジュアルのコーデには

特におすすめのスタイルとなっています。

 

少しマニッシュなテイストのテーラードカラーと

エレガントな膝丈のフレアースカートが程よいバランスの

おしゃれなワンピースは、レストランでのディナーの際等でも

ドレスコードに相応しい気品のある一着ですよ。

 

きれいめなデザインのジャケットやコート等と合わせて

秋冬シーズンから春先までお召しになれるチェックのワンピは

余り甘いテイストがお好きでない女性にもおすすめの

スタイリッシュな雰囲気のアイテムとなっています。

 

 


ドレスコードがカジュアルな場合におすすめな女性の服装3


ドレスコードがカジュアルの場合に相応しい女性の服装は

デニムなどラフすぎるアイテムはやはりNGですが、

ブラウスにパンツやスカートを合わせるきれいめコーデなら

基本的に問題なくお召しになる事ができますよ。

 

上記のパフスリーブ&クールネックのシフォン地のブラウス

ふんわりとしたバルーンシルエットがフェミニンなテイストで

ドレスコードがカジュアルの場合にスカートやパンツと合わせれば

堅苦しすぎない品の良さが漂う女性のコーデになり大変おすすめです。

 

コーデしやすい単色のデザインのおしゃれなブラウスは

6カラー3サイズの展開で、お出かけ着や通勤着から普段の装いまで

幅広く着まわせる活用度の高い優秀アイテムなので

一着あると様々なシーンで重宝すること間違いなしですよ。

 

尚、ドレスコードがカジュアルでブラウスを着ていく場合、

襟付のカチッとしたデザインはビジネス着っぽくなる危険があるため

女性らしいデザインのものをチョイスするのがおすすめですね。

 

Sponsored Links

 


ドレスコードがカジュアルな場合におすすめな女性の服装4


ドレスコードがフォーマルやセミフォーマルの場合だと

服の材質でもニットはカジュアル過ぎでNGともいわれますが

カジュアルの場合にはきれいめのデザインのアイテムなら

ニットも問題ないので、秋冬の女性の装いにはおすすめですよ。

 

上記のビジュー付きの長袖ニットアンサンブル

インナーがハイネックになったおしゃれなデザインのアンサンブルで

ドレスコードがカジュアルの格式張らない集まりやお出かけにも

十分お召しになれるおすすめの秋冬のトップスとなっています。

 

インナーの首元とカーデの襟元、両方に施されたビジューが

程よいエレガントさと華やかさが漂うニットアンサンブルは

若干起毛感のあるハイゲージニット素材のすっきりした印象で

きれいな着こなしができるおしゃれな一着ですよ。

 

因みに、ドレスコードがカジュアルの女性の装いでは

ニットの質感も重要なポイントで、オーバーサイズのものや

編み目があらくざっくりしたニットはカジュアル度が強すぎ

ドレスコードのある場にはそぐいませんので気を付けて下さいね。

 

 


ドレスコードがカジュアルな場合におすすめな女性の服装5


ドレスコードがカジュアルの女性の装いのボトムスでは

スカートが定番になりますが、超ミニやマキシ丈のデザインは

普段着っぽい印象になる可能性が高く、避けるのが無難なので

スカートのシルエットや丈にも一応注意が必要です。

 

上記の楽天ランキング1位のミモレ丈Aラインフレアスカート

程よくふんわり感のシルエットが美脚効果も抜群で

大人っぽく上品に、をコンセプトに試作を重ね作られた一着なので

ドレスコートがある場面にも相応しい女性のファッションですよ。

 

カジュアルからフォーマルまで幅広いシーンで活用できる

おしゃれなフレアースカートはオールシーズン着られる優秀ボトムスで

全14色の豊富なカラバリなので、きっとお好みのカラーが見つかる

大変おすすめの女優スカートとなっています。

 

尚、カジュアルとは言えドレスコードがある場面の装いでは

丈やデザインが問題なくてもやはりラフな格好は避けるのが無難

カジュアル感が強すぎるデニム素材のスカートなどは

場違いになる危険度が大なので、くれぐれも注意してくださいね。

 

 


ドレスコードがカジュアルな場合におすすめな女性の服装6


ドレスコードがカジュアルの時に相応しい女性の服装では

パンツスタイルもある程度、ドレッシーなデザインであれば

問題なく着られるチョイスですが、デニムやコーデュロイ等は

いくら上質の物でも避けておくのがベストの素材ですね。

 

上記のウエストバッグゴムのワイドパンツ

クロップド丈とロング丈の2種類の長さをお選びいただける

きれいめのデザインなので、カジュアルのドレスコードでも

おしゃれなブラウス等とコーデするととても素敵ですよ。

 

広がり過ぎないきれいなシルエットのワイドパンツは

ロングシーズンお使いになれるしっかりしたツイル地の一着

パンツスタイルでも女性らしさが漂う上品なデザインなので

ドレスコードのあるシーンにも幅広く活用できおすすめです。

 

尚、スタイルアップ効果もあるおしゃれなワイドパンツですが、

長めのトップスを出して着るとだらしない雰囲気になる事もあるので

ショート丈のトップス以外はタックインでお召しになるのが

カジュアルのドレスコードでも基本的にはおすすめのコーデですよ。

 

Sponsored Links

 


ドレスコードがカジュアルな場合におすすめな女性の服装7


ドレスコードがカジュアルの秋から春にかけての女性の服装では

きれいめのカーディガンもコート代わりに使えおすすめですが

カジュアル過ぎる装いにならないように

素材やデザインを吟味してコーデするよう注意するといいですね。

 

上記の楽天ランキング1位獲得のロングカーディガン

アシメになった裾のデザインがスタイリッシュな雰囲気の一着で

すっきりとしたシルエットなので野暮ったくならず

カジュアルのドレスコードにも相応しい女性のアウターですよ。

 

全12カラー展開のおしゃれなロングカーディガンは

お尻が隠れるロング丈で着やせ効果も高い逸品となっていますので

秋口から春先まで、ちょっとしたお出かけ着のアウターとしても

幅広く活用できるおすすめのカーディガンとなっています。

 

ワンピースは勿論、スカートにもパンツスタイルにも合わせやすい

モード感のあるロングカーディガンは、ディナーやランチ等の

ちょっとしたお出かけのおしゃれにもぴったりの

とてもエレガントで女性らしいおすすめの一着ですよ。

 

 


ドレスコードがカジュアルな場合におすすめな女性の服装8

ドレスコードがあるようなレストランやパーティー会場等だと

上着はクロークで預けておく場合がほとんどですが

お店に入る際の印象も大切なので、ドレスコードがある場合は

コート等のアウターもきれい系の物を選ぶ事が大切ですよ。

 

上記のバックリボンフィット&フレアーコート

上品なプリンセスラインの美しいシルエットが印象的な一着で

ドレスコードがカジュアルな場合の秋冬から春先の装いには

ぴったりのクラシカルテイストな女性のアウターです。

 

合わせやすいグレーとブラックの2カラー展開のコートは

高めのスタンドカラーが小顔効果もあるクレバーなデザインで

襟を寝かせればシャープな印象のウイングカラーとしても

アレンジできるおしゃれな逸品ですよ。

 

ワンピースやスカートとのコーデの相性も抜群の

フレアーコートは、一着あると寒い時期のお出かけに幅広く使え

何かと重宝するおすすめのアウターとなっています。

 

 


ドレスコードがカジュアルな場合におすすめな女性の服装9


ドレスコードがカジュアルの女性のファッションでは

服装のチョイスも重要ですが、バッグのデザインにも注意が必要で

フォーマルと違いパーティーバッグではなくても大丈夫ですが

大きなトートーバッグ等を持つのは避けるのが無難ですよ。

 

上記のコンパクトサイズのチェーンショルダーバッグ

ドレスコードがある場合のバッグにも相応しい大きさのバッグで

小さくてもマチがついているので収納力には優れていて

実用性の高いおすすめのショルダーバッグとなっています。

 

全11カラー展開のおしゃれなショルダーバッグは

ゴールドのチェーンと留め金がアクセサリー感覚でもてる一品で

シンプルなデザインなので幅広い服装に合わせやすくおすすめですよ。

 

尚、ドレスコードがある場合のバッグや靴などのチョイスは

品質の良いブランドものをと考えがちになりますが

いくらハイクオリティでもデザインが相応しくないアイテムだと

場違いな印象になりますので、ご注意くださいね。

 

 


ドレスコードがカジュアルな場合におすすめな女性の服装10


先に少し触れた通り、ドレスコードがあるシーンの女性の服装では

服だけでなくバッグや靴のデザインにも注意が必要ですが、

カジュアルな装いの足元ではパンプスが最もスタンダード

失敗のないチョイスとなので迷った際はパンプスが一番おすすめです。

 

上記のヒールアンクルストラップパンプス

女性の足をきれいミニせてくれる6.5㎝のハイヒールのデザインで

ドレスコードがカジュアルのきれい目ファッションにも最適の

おしゃれな足元の装いとなっています。

 

足首を細く見せてくれるストラップ付のモード感のあるパンプスは

人気の太目のヒールで歩きやすく、フォーマルからカジュアルまで

幅広いシーンで大活躍間違いなしのおすすめの一足ですよ。

 

尚、ドレスコードがカジュアルの場合の女性の靴は

サンダルなど足先が見えるデザインの靴も問題なく履けますが

スニーカーやムートンブーツ等はカジュアル過ぎるため

品質の良い物でも避けた方が無難なラインなのでご注意下さいね。

 

さて、ドレスコードがカジュアルの際の女性の服装を詳しくご紹介致しましたが、

やはりドレッシーなドレスなどを専門に扱うお店だと品ぞろえも多く

きっとお気に召す素敵なアイテが見つかる可能性が高く要チェックですよね。

 

下記のDazzy Storeは、ドレスを専門に扱う通販と実店舗両方を展開する

人気のドレスショップで、デザイン品質共にハイクオリティのアイテムが

大変お求めやすいお値段で手に入りますので、

下記のリンクから、ぜひ併せてチェックしてみて下さいね。

http://dazzystore.com/

 

この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

 

<関連記事>

ドレスコードがスマートカジュアルな場合は?女性のおすすめの服装は?

忘年会の服装!女性のおすすめコーデやファッションの注意点やポイントは?

マフラーの巻き方!レディースの簡単で可愛いやり方や短いコーデは?

2017年〜2018年の秋冬のトレンドファッション!レディースのおすすめも!

2018年の春夏のトレンドファッション!レディースのおすすめアイテムも!

クリスマスデートのメイク!2017年のトレンドのやり方や人気のカラー!

 

という事で、ドレスコードがカジュアルの場合の女性の服装を

具体的なアイテムをご提案しながら、注意するポイント等も含め

詳しくご紹介いたしましたが、いかがだったでしょうか。

 

カジュアルという言葉を普段着と勘違いしてしまうと

気まずい失敗になりかねないドレスコートのカジュアルなので

ご紹介した注意点などを踏まえ相応しいおしゃれを心がけて下さいね。

 

以上『ドレスコードがカジュアルな場合は?女性におすすめな服装とは?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑