*

蔵王の樹氷の時期は?服装やまつり、ライトアップ、ツアーはある?

四季折々の自然が楽しめる蔵王は一年を通じ人気の観光地ですが

冬の蔵王の風物詩である樹氷は雪の時期ならではの絶景が楽しめ

雪と氷が作り出す自然の芸術を心行くまで堪能できおすすめなんです。

 

国内でも屈指のスキーリゾートとしても人気の冬の蔵王では

樹氷が見頃を迎える時期に合わせて様々なイベント等も開催され

見所も満載なので、この冬、旅行で訪れるにもイチオシですよ。

 

という事で今回は、蔵王の樹氷が見頃の時期について

樹氷鑑賞に適した服装や樹氷まつり、ライトアップ、ツアーの日程

まとめてご案内致しますので、今冬、蔵王に樹氷を見に行かれる際の

レジャー計画の参考になさって下さいね。


 


蔵王の樹氷の時期は?


参照元URL:http://yamakara.com/

世界的にも珍しい自然が作り出す芸術である蔵王の樹氷は

例年、積雪が始まる12月頃から樹木への着氷が始まり

翌年の3月頃に溶け始めるまで基本的には観測できます。

 

とはいえ、見ごたえのある本格的な樹氷が見られる時期は

樹木への着氷が増える1月から最盛期を迎える2月頃

蔵王で樹氷の観光を楽しむには一番適した時期と言えます。

 

先ず、樹木への着雪が増える成長過程の1月の樹氷

『エビのしっぽ』と呼ばれる同じ方向に向かって生成していく

その名の通りエビのしっぽのようにとがった形の樹氷が見られ

この時期ならではの樹氷の様相がお楽しみになれるんです。

 

続いて樹氷の最盛期を迎える2月頃の蔵王では、

成長した樹氷で木が完全に覆われて『スノーモンスター』

『雪の坊』等と呼ばれる独特の形の樹木が無数に林立し

質、量ともに最も見ごたえのある樹氷がご覧になれますよ。

 

尚、気温の上昇と共に3月の蔵王では樹氷の衰退が始まり

初旬なら樹氷はまだ見られるものの解けて細くなった状態で

雨が降ると一気に倒壊してしまうため、迫力という点では

1月~2月には、やはりおよばないかもしれませんね。

 

因みに、昼間の樹氷を最も美しい状態で鑑賞するなら

よく晴れた青空の下での樹氷観光が最もおすすめですが

樹氷の最盛期である1月~2月の蔵王は吹雪く日も多いので

残念ながら運次第という部分も少なからずあります。

 

 


蔵王の樹氷を観光する際の服装は?


参照元URL:https://item.rakuten.co.jp/

樹氷が最も見頃の時期を迎える1月~2月の蔵王の気候

平均気温-10℃~15℃風も強く吹雪になる日も珍しくないため

快適に樹氷を楽しむためには服装にも配慮が必要になります。

 

基本的に、蔵王に樹氷を見に行く際の服装は

スキーに行く格好に準じるような服装をするのがポイントで

防水のしっかりしたスキーやスノボウェアが最も安心ですが、

もし荷物を多くしたくない場合は現地でレンタルも可能ですよ。

 

また、スキーやスノボウェアを着ない場合の服装なら

厚手のダウンコート等の防寒がしっかりできるアウターを選び、

ボトムスもズボンの下にスパッツを履くなどして

シッカリ入念に保温に努める事が大切なポイントですね。

 

尚、天候次第で重装備の防寒対策が必要でない日もあるため

暑い場合は容易に温度調節できる重ね着の服装にする他、

降雪に備えコートや足元などの防水対策もしっかりしておきましょう。

 

その他、手や首元、顔などの露出部分の防寒対策も大切で

手袋やマフラー、イヤーマフ、使い捨てカイロなども持参すると

必要に応じて使う事ができ、重宝する持ち物になりますよ。

 

また、日中と夜間では気象条件もかなり違ってきますので

特に夜間に樹氷の見物予定がある場合は防寒対策を入念にし

足元も防水、防滑使用のスノーシューズやスノーブーツだと

安全かつ快適に蔵王の樹氷が楽しめおすすめです。

 

 


蔵王の樹氷の鑑賞スポットは?


参照元URL:http://www.yamada-egg.com/

蔵王の樹氷は山頂近くの標高が高い山の斜面でのみ見られるので

山麓からロープウェイを使い樹氷原まで行くことになります。

 

蔵王の樹氷の鑑賞におすすめのスポットとしては、

ロープウェイからの眼下に広がる樹氷原の眺望をはじめ

樹氷が待直にみられる山頂駅前の鑑賞エリア

360℃のパノラマが広がる山頂駅展望台等がありますよ。

 

尚、氷点下の屋外では寒さでゆっくり楽しめないという方なら

大きく窓がとられた抜群の眺望の山頂駅レストラン

温かい室内からゆったり樹氷群を眺めるのも大変おすすめです。

 

また、国内でも有数のスキーリゾートである蔵王なので

美しい樹氷群を左右に眺めながら雪原を滑走するのもおすすめで

スキーやスノボーを楽しみつつ樹氷の鑑賞もでき一石二鳥ですね。

 

因みに、後ほど別項目を設けて詳しくご案内致しますが

蔵王の樹氷の観光は昼間もさることながら夜のライトアップもまた

幻想的で素晴らしく、様々な楽しみ方ができる冬の絶景ですよ。

 

Sponsored Links

 


蔵王の樹氷まつりの日程やイベントは?

蔵王では毎年、樹氷の時期に合わせ、樹氷まつりが行われ

見所たっぷりの様々なイベントが開催されて人気で、

今シーズンは2017年12月23日~2018年3月4日の日程で

開催されますので、人気イベントを以下にご紹介しておきます。

 

●千人松明滑走&冬のHANABI



参照元URL:https://youtu.be/sDlcm104jdU

蔵王樹氷まつりの恒例イベントとして人気の千人松明滑走

今シーズンも竜山で2018年2月3日の20時より開催され

松明を手にした千人のスキーヤーたちが夜のゲレンデを滑走し

冬の蔵王の名物の見所たっぷりのイベントとなっています。

 

そして、千人松明滑走に続いて開催される冬のHANABIでは

ゲレンデで行われる打ち上げ花火が澄んだ冬の蔵王の夜空を彩り

真っ白な雪原と樹氷が美しく照らし出される様は絶景なんです。

 

尚、冬のHANABIは千人松明滑走の行われる2月3日の夜の他、

2018年1月20日、2月23日~25日も各夜5分程度の予定で

他のイベントと共に開催されますので要チェックですよ。

 

尚、千人松明滑走はストックなしで滑走が可能な方なら

一般参加もする事ができますので、スキーの腕に自信のある方は

滑走に参加して思い出に残る樹氷まつり楽しむのもいいですね。

 

因みに、松明滑走といっても実際、燃え盛る松明をもって滑るのは

インストラクターの方のみで、一般の参加者はLEDライトを手に滑る

安全な滑走が楽しめますのでご安心ください。

 

 

●プロジェクションマッピング&エクストリームエアー



参照元URL:https://youtu.be/6bbUCN9udJ8

蔵王の樹氷まつりの新しい目玉イベントとして登場した

蔵王プロジェクションマッピング&エクストリームエアー

今シーズも2018年2月23日~25日の日程

横倉ゲレンデにおいて開催される大注目のイベントなんです。

 

雪のジャンプ台に映し出されるプロジェクションマッピングと

プロのスキー・スノーボーダーの華麗なパフォーマンスという

今までにないコラボが楽しめる新感覚のイベントは

エンターテイメント性も抜群なので一見の価値ありですよ。

 

尚、プロジェクションマッピング&エクストリームエアーの

開催日には、横倉ゲレンデにおいて冬のHANABIのイベント

開催されますので、夜の蔵王の樹氷の鑑賞と併せて

盛りだくさんの内容でお楽しみになれおすすめです。

 

 

●樹氷のライトアップ


参照元URL:https://www.pakutaso.com/

蔵王の樹氷まつりの一環として好評を博しているライトアップは、

暗闇の中に照らし出される幻想的な樹氷が楽しめるイベントで

2018年も樹氷まつりの時期に合わせて開催されています。

 

蔵王の樹氷のライトアップの今シーズンの日程は

2017年12月23日~2018年3月4日の間の53日間行われ

催日の17時~21時までカラフルな照明を受け浮かび上がる

色とりどりの夜の樹氷がお楽しみになれ大変おすすめですよ。

 

尚、樹氷まつりのライトアップは2017年12月23、24日

12月29日~2018年1月7日までの年末年始の10日間、

1月の2,3週目の土日、そして1月27日~3月4日までの毎晩

というスケジュールで今シーズンは開催されます。

 

極寒の夜のゲレンデでの樹氷見物では防寒対策はマストですが

神秘的な夜の樹氷と美しい星空、眼下に広がる蔵王の夜景が

大変ロマンチックで、カップルでのデート等にも最適ですよ。

 

 

●『樹氷幻想回廊』ツアー



参照元URL:https://youtu.be/GxPK8ph_o54

蔵王の樹氷まつりでは、夜のライトアップ実施日に合わせ

『樹氷幻想回廊』ツアーと題した暖房付き雪上車に乗っての

樹氷の鑑賞ツアーが開催されていて人気を呼んでいます。

 

『樹氷幻想回廊』ツアーでは、雪上車ナイトクルーザー号

樹氷高原駅から山頂線4号支柱上部を折り返す約30分間の

ナイトクルーズを含む約60分間の夜の樹氷鑑賞ツアーで、

幻想的な樹氷や霧氷を間近で体験でき大変おすすめですよ。

 

尚、樹氷幻想回廊ツアーはライトアップ日の17時~20時の

1時間毎に一日4回、一便あたり限定36名で開催されていて

詳細は蔵王ロープウェイHPからご確認頂けますので

ぜひ併せてチェックしてみて下さいね。

 

Sponsored Links

 


蔵王の樹氷の鑑賞におすすめの持ち物をご紹介!

という事で、蔵王の樹氷について時期や樹氷まつりについて

詳しくご案内してきましたが、最後に蔵王の需要鑑賞の際

おすすめの持ち物もご提案しておきますので参考にして下さいね。

 

蔵王の樹氷の鑑賞には撥水スプレーがおすすめ!

雪の日も珍しくない時期の蔵王の樹氷鑑賞では防寒対策は勿論、

雪が解けて衣類や靴等が濡れるのを防ぐための対策も必須で

通常のコートや靴は雪で濡れると冷たく非常に不快なので

しっかり防水対策を事前にしておくのがおすすめですよ。

 

上記の超撥水スプレーNANONナノン370mlは

楽天ランキング日用品・雑貨部門で1位獲得の人気アイテムで

一般的なシリコーン系やフッ素系の撥水スプレーと違い

人体に無害な成分のみで製造された安心のスプレーなんです。

 

水や汚れから繊維製品を守るナノンの超撥水スプレーは、

ナノサイズの撥水成分が繊維ひとつひとつをコーティングし

シッカリ撥水効果を発揮しながらも通気性は損なわず

衛生面でも安心、安全のおすすめの逸品となっています。

 

 

蔵王の樹氷の鑑賞にはイヤーマフがおすすめ!

蔵王の樹氷を鑑賞しに行く際は防寒対策が疎かだと

寒さで折角の美しい樹氷を十分楽しむ事ができませんので

コートやブーツ等は勿論、マフラー、手袋、イヤーマフ等

防寒小物も用意しておくのがおすすめですよ。

 

上記の7カラー展開のイヤーマフ、イヤーマフィン

北欧生まれの新感覚のノンフレーム防寒耳カバーで、

従来のデザインと比べコンパクトな上、髪型を崩す事もなく

より手軽に使うことができるおすすめのイヤーマフなんです。

 

尚、イヤーマフィンはおしゃれな柄もののデザインの他、

無地やフェイクファー素材のアイテムも展開されていますので

上のリンクからぜひ併せてチェックしてみて下さいね。

 

 

蔵王の樹氷の鑑賞にはスノトレがおすすめ!

蔵王の樹氷鑑賞では足元も快適な装備にしておかないと

安全に樹氷が楽しめませんので、防水、防滑のしっかりした

スノトレは大変役立つおすすめのアイテムとなっています。

 

上記の男女兼用のハイテックトレッキングシューズは

防水性、耐久性に大変優れたアウトドア仕様のシューズで

ワントーンカラーの合わせやすいデザインの靴なので

普段使いにも活用できるおすすめの逸品なんです。

 

水が内部に侵入しにくい高性能のトレッキングシューズは

4cm×4時間の防水設計なので、蔵王の樹氷の鑑賞でも

移動の際重宝する事間違いなしのウィンターシューズですよ。

 

この記事を読まれた方からは

こちらの記事も人気です。

 

<関連記事>

1月の国内旅行におすすめなスポットや周辺施設、特産品や持ち物は?

猿(さる)が温泉に入る長野県の地獄谷温泉!時期や宿、周辺スポットは?

滑らない歩き方!雪の日や凍結した道で転ばずに歩くコツをご紹介!

雪国での服装は?旅行するファッションの注意点やおすすめは?

キッズのスキーウェアは激安を!男の子と女の子のおすすめは?

スノボウェアの人気ブランドランキング!通販のおすすめもご紹介!

スノボのウェア!メンズに人気なブランドやおすすめは?

スノボのウェア!レディースに人気なブランドやおすすめは?

 

という事で、蔵王の樹氷の時期について、樹氷まつりのイベントや

鑑賞に行く際の服装も含めご案内致しましたがいかがでしたか。

 

世界的にも珍しい広範囲の樹氷群が楽しめる冬の蔵王は

樹氷まつりの様々なイベントの他にもスキーや温泉なども楽しめ

冬の醍醐味が楽しめるおすすめのスポットなので、

ぜひ樹氷の時期を見計らって、足を運んでみて下さいね。

 

以上『蔵王の樹氷の時期は?服装やまつり、ライトアップ、ツアーはある?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑