*

初盆の服装で女性と男性のマナーにあう装いは!夏の平服はあり?

冠婚葬祭の服装のマナーはそれなりに理解していても

案外、困ってしまうのが初盆のお参りや法要の際の服装

『暑い時ですから平服で』等と先方から言って貰っても

具体的にどんな服装で行くべきかと悩む事も多いですよね。

 

親しい付き合いのあった方やお世話になった方の初盆には

先方に失礼のない服装で赴き故人を偲びたいものなので

どの様な服装がマナーに適うかは気を配りたいところです。

 

という事で今回は、初盆の服装のマナーについて

女性と男性の初盆の装いを注意点も含め

具体的にご案内致しますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

Sponsored Link

 


初盆の服装のマナーや注意点は?


参照元URL:http://i1.wp.com/

初盆では、どの程度フォーマルな服装が相応しいのか

というのが最も悩むポイントになる訳ですが

それぞれのお家の家風や地域差などが非常に大きく

これが正解という服装のマナーはないというのが実情です。

 

なので、もし親類関係の初盆の法要等に出席する場合は

どのような服装が相応しいのかを予め詳しい方に連絡を取り

直接確認しておくのが最も安心かつおすすめの方法です。

 

また、法要に出席するのではなく、お宅にお参りする場合

地域差がかなり大きく、きちんと喪服を着ていく地域もあれば

平服や普段の格好で問題のない所も少なくありませんので

一概に言えないのが本当の所です。

 

ただ、どうしても確認できる人がおらず、服装に迷った場合は

カジュアル過ぎて周囲から浮くのはマナー違反ともいえますが

フォーマルなのはマナーに反しているわけではない為

二者択一ならブラックフォーマルの方が無難と言えるでしょう。

 

ですが、どなたか連絡を取って確認ができる人がいるなら

事前に初盆の服装について相談するのが最も間違いないので

出来れば先に確認、それが無理ならフォーマルよりで

という風なスタンスで考えるのが最も無難ですよ。

 

 


初盆の服装の平服の意味とは?


参照元URL:http://www.kimono-yukiya.com/

初盆の法要等の服装を訪ねた際によく耳にするのが

『平服で構いません』『暑い折なので普段の服装で』

といった表現なのですが、具体的にどんな服装を指しているのか

という事でまた悩んでしまう事も多いですよね。

 

因みに、平服=カジュアルな普段着と考えてしまいがちですが

この場合、喪服でなくてよいという意味で平服でとの解釈が適当で

短パンやジーンズにTシャツ等のラフな格好で行くのはNGです。

 

なので、平服でとの断りがある場合に相応しい初盆の服装としては

女性、男性ともグレーや紺などの地味な色の服を選んで

女性はワンピースやスーツ等の露出が少ない服装、

男性はスーツか白のワイシャツ+ズボン、ジャケット等が適当。

 

ですが、よく似た表現でも『普段通りの服装で』『涼しい格好で』

と言われたなら、ジャケットはおそらく不要という意味なので

女性は露出の少ないワンピースかブラウス+スカート

男性ならシャツやポロシャツにズボンという服装で問題ないでしょう。

 

但し、普段通りと言っても女性、男性共に初盆という場に相応しい

ある程度きちんとした服装を心がける事が大切で

デニムやハーフパンツ等のカジュアル過ぎる服装は避け

足元も女性はローヒールのパンプス男性は革靴が無難でしょう。

 

Sponsored Link

 


初盆におすすめの女性の服装とは?

という事で、初盆の服装の基本的なマナーや注意点を踏まえた上で

具体的におすすめの女性の服装からご案内して参りましょう。

 

告別式などでも着るきちんとしたブラックフォーマルから

普段通りの涼しい格好と表現できる服装まで幅広くセレクトして

ご紹介いたしますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

 

●初盆におすすめの女性の服装1

初盆の法要等では、ブラックフォーマルが基本の地域もあり

夏場は案外お葬式なども多いため、夏用の喪服は一着あると

いざという時に慌てず済むので、あって損のないアイテムです。

 

上記のご家庭で洗えるブラックフォーマルのワンピース

暑い季節の初盆の服装にもぴったりの7分袖のデザイン

オールマイティーに使えるおすすめのワンピースですよ。

 

肌触りの良いシフォン地の気品漂うおしゃれなワンピースは

取り外し可能なリボンベルト付きのアイテムなので

お腹を強調したくない際は取り外してお召しになる事もでき

マタニティ用のフォーマルとしても重宝する逸品なんです。

 

シンプルでエレガントな雰囲気のワンピースは

9号から17号までの幅広いサイズ展開のブラックフォーマルで

たっぷりとタックを取ったゆったりしたデザインなので

体型の変化にもそれ程左右されず長くお召しになる事ができますよ。

 

 

●初盆におすすめの女性の服装2

初盆のお参りの服装で平服の装いをする場合には

グレーやベージュ等のスーツもマナーに沿った相応しい服装で

弔事だけでなくお宮参りや学校の参観日といった

ちょっとしたフォーマル着としても使えおすすめですよ。

 

上記の7分袖のレディースのサマースーツ

プリーツとマーメイドの2パターンのスカートが選べる

おしゃれなスーツで、ご家庭で手軽に洗える素材なので

汗をかく夏のお出かけ着としても大変おすすめなんです。

 

黒の他にもグレーやライトグレー、ネイビー、ベージュ等

初盆の平服のマナーに相応しい落ち着いた色合いが揃う

シンプルなデザインのスーツは大変お手頃な価格なので

初盆のために気軽にお求め頂けるアイテムですよ。

 

尚、スーツとしてはかなりリーズナブルなお値段ですが

口コミでも値段の割に安っぽく見えないと好評の逸品なので

夏用のちょっとしたお出かけ着として

幅広く使えるおすすめのサマースーツとなっています。

 

 

●初盆におすすめの女性の服装3

初盆のお参りに普段通りの涼しい服装でおいでになる場合は

上下揃いのスーツやワンピースでなくても失礼には当たらないので

露出の少ないきれいめのブラウス×スカートという装いも、

全く問題なくお召しになれますよ。

 

上記のシフォン地の7分袖のブラウス

胸元に入ったタックやふんわりと広がるバルーン袖が軽やかで

大変エレガントな雰囲気の夏のトップスとなっていますので

初盆の装いのマナーにも相応しいおすすめの逸品ですよ。

 

楽天ランキングで1位獲得のおしゃれなブラウスは

オフホワイトやベージュ、ブラック、ネイビーといった

落ち着いた色合いのラインナップが揃っていますので

初盆の平服、もしくは普段通りの服装でどちらの場合にも

幅広くお使いになれるトップスとなっています。

 

 

●初盆におすすめの女性の服装4

初盆の服装ではスカート、パンツどちらでも問題ありませんが

スカートならミニ丈は避け、膝丈もしくはミモレ丈

余り露出が多くない上品なデザインを選ぶのがポイントです。

 

上記の3パターンの裾から選べるフレアースカート

ウエストゴムの着心地の良いシンプルでおしゃれなスカートで

エレガントなブラウスとあわせれば初盆の装いとしても

全くそん色のないおすすめのアイテムとなっています。

 

楽天ランキング1位獲得の人気の春夏のフレアースカートは

幅広いカラー展開ですが、初盆の服装としては落ち着いた色合いの

ネイビーやグレー等が最も無難なチョイスでおすすめですよ。

 

Sponsored Link

 


初盆におすすめの男性の服装とは?

では引き続き、初盆のマナーに相応しい男性の服装についても

具体的なアイテムをご提案しながら見て参りましょう。

 

女性同様、男性の服装も地域やそれぞれのご家庭で

フォーマルの度合いには大きなばらつきがありますが、

一応無難なラインも存在しますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

 

初盆におすすめの男性の服装1

男性のブラックフォーマルはレンタル等も可能ですが

冠婚葬祭の様々なシーンで長年活用できることを考慮すれば

フォーマルなスーツを一着持っておくのは大変おすすめです。

 

上記の2ボタンのシングルのブラックフォーマルのスーツ

オールシーズン使えるスタンダードなデザインのメンズスーツで

ウエストにアジャスターがついているため±6㎝の調整が可能で

体型の変化にも対応できるおすすめのアイテムなんです。

 

初盆や法事等の弔事なら黒いネクタイを合わせる事になりますが

ネクタイやシャツのコーデを変えれば結婚式や宮参り等

お祝いのシーンにもお召し頂けるフォーマルスーツなので

一着あると何かと重宝する事間違いなしですよ。

 

尚、男性の初盆の服装でフォーマルの度合いが不安な場合も

ジャケットは必要なければ脱ぐこともできますので

とりあえず迷ったらブラックスーツにすると一番無難ですね。

 

 

初盆におすすめの男性の服装2

初盆の男性の服装のマナーで気になるポイントの一つに

ネクタイの有無がある訳ですが、黒の弔事用ネクタイがあれば◎、

もし黒でない場合は地味な色とデザインの物が相応しい

というのが一般的に言われているマナーです。

 

上記の弔事用のフォーマルネクタイ

初盆はもちろん、お通夜、告別式から法事まで幅広く使える

スタイリッシュで手頃な値段の弔事用のネクタイなので

一本あるといざという時、慌てず大変おすすめですよ。

 

因みに、初盆ではネクタイが必要でない場合もありますが

もし他の方がノーネクタイならいつでもとる事ができますので

とりあえず用意しておくと安心なアイテムですよ。

 

 

初盆におすすめの男性の服装3

初盆の服装の男性のマナーでは、涼しい格好でと言われた場合でも

最低、襟のあるポロシャツなどを着ていくのが礼儀と言われていて

迷われた際には半袖の白のワイシャツが最も無難なチョイスです。

 

上記の半袖のノーマルと細身の2種類展開の白ワイシャツ

ビジネスから冠婚葬祭まで幅広いシーンに対応が可能な

スタンダードカラーの初盆にも相応しいアイテムとなっています。

 

初盆にスーツを着用する際もシャツ+ズボンでお出での際にも

マナーに反することなく着用できるスタンダードなワイシャツは

大変手ごろな価格でのご提供なので気軽にお求め頂けますよ。

 

 

初盆におすすめの男性の服装4

暑い時期にある初盆ですが、服装のマナーとしては

やはり夏場でも丈の短いズボンはNGで

ジーンズ等もカジュアル過ぎる装いのため

相応しくないボトムスと言えるため注意が必要ですよ。

 

上記のTR素材のノータックストレートパンツ

すっきりしたシルエットがスタイリッシュなメンズのスラックスで

ビジネスからちょっとしたお出かけ着まで幅広く使える

おすすめのボトムスとなっています。

 

ブラック、ネイビー、グレー等の落ち着いた色合いが揃う

バラエティ豊かな全18デザイン展開のメンズのボトムスは

初盆は勿論幅広いお出かけのシーンで活用が可能な

何かと重宝する人気のアイテムですよ。

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

初盆はお供えを!金額やのしのマナー、花やお菓子のおすすめは?

夏のお出かけ!家族連れやカップルから人気なスポットランキング!

夏のデート!カップルから人気なスポットをランキングでご紹介!

 

という事で、初盆の服装のマナーについて女性と男性に分けて

それぞれ具体的なアイテムもご提案しつつ見て参りましたが

いかがだったでしょうか。

 

先に触れた通り、地域差やそれぞれの家の考え方等によって

様々なフォーマルの度合いがある初盆の服装のマナーですが

一応、一般的に言われている常識を理解した上で

不明な点を予め確認すると失敗なく無難にこなす事ができますよ。

 

以上『初盆の服装で女性と男性のマナーにあう装いは!夏の平服はあり?』の記事でした。

Sponsored Link

関連したおすすめ記事

PAGE TOP ↑